プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
アジング・ロッド
コピー ~ IMG_0078
昨年末にチューブラーのブランクで6フィート弱のアジングロッドを作ってみた。
かなり高感度でアジにはバッチリだが、メバルに使うとしこたまノリが悪い(まぁ、当たり前だナ)

IMG_0147.jpg
本題とは関係ないが、綺麗な夕日だったので、パチリ! うまい具合にボラが飛んだ(笑)

2017011715455644d[1]
釣果は上々、これに数匹のメバルをキープして・・・

コピー ~ IMG_0119
馴染みの店で2点盛^^

美味かったねぇ~!

コピー ~ IMG_0040
こちらも美味い^^
スポンサーサイト
ロッドメイキング | 2017/03/22(水) 12:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)
SDナット(ゴールド)廃版につき
L1240034.jpg
TCS-17用に関してはまだ在庫も残ってるようである程度の数は押さえたのだが、TCS-16用につては結構前に廃版になってしまっていた。 探してみると半年以上前だが、とあるショップで16用のKDPSナットにチタン・ゴールド加工のオリジナル品を販売してるのを見つけて購入しておいた。 最初は回転部分にコルク付けて簡単に済まそうと思ってたが・・・・

L1240031.jpg
左から、K16-CBTOP(一番上になるリング)
G-CB-K16SC(ナット部分のカーボン) 元々19㎜の物を8㎜にカット
K16-CBDOWN(ナット部分の一番下になるリング)
フードナット(こちらもそれに合わせてカット)

L1240033.jpg
ナット部分の下のK16-CBDOWN~てっぺんのK16-CBTOPの先端部分までで11㎜に収めた。
この11㎜というのは、リールシートの先にフロントグリップを付けた場合、リールを取り外す事の出来るギリギリの寸法で、これ以上ナット部分を長くしてしまうと、リールフットを外すための尺が確保できずリールを外せなくなる。 因みに、リールはカルカッタコンクエスト200で調整した。

L1240034.jpg
強度やウエイトなど、実用面からみると全くプラスになる事は何もない、ただ見栄えによる満足感のみの改造で、コレだけに5,000円以上かける意味は・・・? と自問してしまったが、目的は作業を楽しむ事で、産物としてその後に使った時の満足感も得られれば・・・

無理やり正当化させようとしてる(泣)
ロッドメイキング | 2016/08/05(金) 06:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
クロダイ用 スピニングロッド2号
L1230368.jpg
8フィート3インチのメバル用ロッドのブランクを用いてクロダイ用ロッドを作ってみた。
前回のはMLだったがちょっと硬すぎて面白くない感じだったので、今度は思い切ってULで
作ったところ、ちょっと柔らかすぎたか?

L1230367.jpg
ガイドは贅沢にチタン・トルザイト

L1230366.jpg
ゴールド・フックキーパー

L1230364.jpg
アップロックでこんな感じに仕上げてみたが・・・

20244.jpg
40㎝ちょいの1枚と、50㎝UP2枚を釣ってみたところ、かなりイイ感じだった(嬉!)
不安だった柔らかさも長さがある分ボート際での突込みにちょうど良い感じで耐えられるし、
ゴンゴンゴンという突込みもイイ感じで吸収してくれる^^

20243.jpg
ただ、もっとパワフルな個体でヒット直後に根回りに突っ込まれた時に耐えられるか?
と思うと一抹の不安もあるな。。。
ロッドメイキング | 2016/04/12(火) 11:06 | Trackback:(0) | Comments:(0)
#0000?
コピー ~ L1220833
近所の川でよくオイカワを楽しんでるゲスト様がいらっしゃると、時折ロッドの話になるのだが・・・ 『安くて良いロッド見つけましたよ^^』 と言う話を聞いて早速購入

コピー ~ L1220840
これは、FFにおいても有名な某ショップのオリジナルロッドなのだが、ブランクでも販売してたので迷わずブランクで購入

グリップは自宅に在庫してたものをちょっと切って整形して使用
リールシートはダウンロックのリングタイプ+スペーサーはメイプル 3000円程度だったかな?
トップガイド T-JGTT4.5-1.2
i以下はブラック・クローム・スネーク・ガイド
BCSNL #3/0 #3/0 #3/0 #2/0 #1/0 #1 #2
ストリッピングガイドは折れたロッドから取り外して在庫していたfuji Nガイド(CNMS-6)
スレッドはNYRON R.W. #521 WHITE もうちょっと綺麗に透けるかな?と思ったけど、まあまあ失敗(泣)

コピー ~ L1220845
ブランクの個人的な感想は、カーボンだけどパラボリックなアクションでグラスのような雰囲気、SAGE TXL 000710-3 #000LINEを持ってるのだが、これと比較しても2ランクくらい柔らかい感じで、管釣で試したい気持ちもあるのだが、20㎝を超える鱒が相手だと、タナゴの竹竿で外道でブルーギルがヒットしてしまった程のハラハラ度? ちょっと躊躇している。。。

コピー ~ L1220834
#0として販売されてたが、個人的な感覚で#0000ってしてみたけど、これは実際に使ってみて???と思ったら#0に直すかな(笑)


コピー ~ L1220846
とりあえず、リールは#000のラインが入っていたので、SAGE3100をセットしてみたが、なかなかマッチしてるかな?
エンドキャップはキズ対策でゴムの取り外し可能のキャップで保護してみた。

早く振ってみたいねぇ~ 


ロッドメイキング | 2016/03/04(金) 15:46 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ABU ソルティーステージ・KR-X・ベイトフィネスカスタム SBFC-692ULT-KR
20151211120354ec0[1]
数年前に購入してカサゴなど、これで楽しく遊んでいたのだが3番と5番ガイドがフットか
ら折れて無くなってしまった(泣) 手入れが悪かったせいもあり、他のガイドフットにもサ
ビ色が出てるので、その部分だけの修理にしようかなとも思ったのだが、こちらも大幅
にリメイクしてしまった。

L1210683.jpg
昔、メガバスのロッドでウッド調に塗装されたリールシートに黒のEVAグリップのバスロ
ッドがあったのだが、これ見た時にカッコイイなぁ~と思った。 しかし、金属パーツがゴ
ールド系だったのでリールのカラーも同じじゃないとしっくりこないな・・・?というところで
、当時はメタニュウムXTとか使ってたので・・・・

しかし、ちょっと前にカルコン100を入手したこともあり、
思い切ってこんなデザインにしてみた^^


L1210684-1.jpg
ガイドを全て取り払い、グリップとリールシートを取り外し(もはや破壊作業でコレは大変
だった(泣))下地処理をしてから艶消しブラックで塗装、グリップなどは既製品の既に整
形された物を使ったので組む作業は楽だった。

L1210690.jpg
カルコンとのバランスもイイ感じで見た目にはお気に入りだが・・・

握った感じから実際の使用感では、以前の方(ノーマルの状態)の方が良かったよ(泣)

クロダイで使ってる7.8”もこのデザインで統一しようかな?って思ってたけど・・・ 迷うな
ロッドメイキング | 2015/12/11(金) 12:24 | Trackback:(0) | Comments:(0)
M-MT-69XUL リメイク
L1210691.jpg
4年ほど前にアジング用ブランクで作ったメバル用ロッドだが、当初はリールシートもIPSを
採用し今風のデザインだったが、ティップセクションを折ってしまい修理をする上で大幅に
リメイクしてみた。

L1210695-1.jpg
ブラックだったブランクをブラウン系に塗り替え、EVAだったグリップをコルクへ変更、リール
シートもウッドスペーサーの物に変更すると、何だかトラウトロッドのようなイメージになって
しまった(笑)

L1210693.jpg
リアグリップのコルクはうまい具合にアウトレット品を見つけられて数百円で入手、ポルトガル
産高級コルク使用となっていたが、正直そのようには見えない・・・ 表面の仕上げは雑だし、
穴の位置は中心からずれてるし、かなり古い物なのか、角は崩れていて、そのまま使えるよ
うな代物ではなかったが、まぁ価格を考えれば納得だな(笑) 少々苦労した(汗)

L1210694.jpg
リールシートも木目を選んで購入できれば良いのだが、通販では任せるしかない訳だが、今
回はキレイなイイ感じのに当たったな(嬉!)

L1210794.jpg
全ての色合いに合わせて、ゴールドのフッキキーパーを今回は付けてみた。

L1210797.jpg
トップガイドを含めて10個のガイドのうち、トップから8個目までは既存のチタンフットSICリ
ングを再利用

L1210792.jpg
以前は3連リングのストリッピングガイドを付けていたが、今回は通常のガイドセッティング
に変更したのでリール側から2個はリングサイズを変更、その際にこの2個はチタンフット・
トルザイトリングにした。

L1210791.jpg
以前まではフットの付け根までしか巻いてなかったが、最近は更に上まで巻くようにして
るが、これでいくらか抜け防止にはなってるのかな?

L1210691.jpg
現行のリールとのデザイン的相性から考えると黒系でシャープなデザインの方がカッコ
イイとは思うが、ナイトゲームで白いティップのロッドを使った時の快適さが忘れられな
かった。 しかし、個人的な好みだが、ティップだけ白いツートンカラーはなんか好きじゃ
ない・・・ かと言って、ホワイトブランクの場合、上手にその他のパーツやスレッドカラー
を選択しないと見た目が安っぽい仕上がりになってしまい・・・
要するに白いロッドは難しい! 

そんな訳で、個人的好みもあってブラウン系にしてみたが、 やっぱトラウトロッドみたいだ(泣)
ロッドメイキング | 2015/12/11(金) 11:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)
シーバス用ロッド S-MD-BB
L1210161.jpg

ビッグベイト・ゲーム用のロッドを探していだが、バス用やその他様々なロッドを見たけどなかなかコレ!ってのが見つからなくて・・・・今回のもブランクに100%満足できたわけではないが、まだヒットさせた経験も少ないし、ここからの一本って感じで今後進化させて行こうかな?と・・・


L1210151.jpg

シーバス用ロッドは黒系・・・ と、思ってたんだけど雷魚用に作ったデザインが特に気に入っててシーバス用も同様のデザインにしてみた。 あと、グリップ一式は以前の雷魚ロッドの物だったが、ジョイント部分を破損してしまい、こちらを修復して再利用した。 フロントのコルクも他のロッドに使った木っ端を利用 そんな訳で、何か、取って付けたような変な感じになっちゃった(泣)


L1210152.jpg

シーバスのマークなんかも入れちゃってみた(笑)


L1210154.jpg

ガイドは贅沢に、チタンフット&トルザイトリング!


L1210156.jpg

ちょっと、飾りも・・・


L1210165.jpg

カルコン400との相性もバッチリ!


L1210166.jpg

早く釣りたいねぇ~(笑)

ブランク性能 Lure.Wt~100g PE#6 ドラグMAX5kg 7’04” 195g
ロッドメイキング | 2015/10/09(金) 15:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)
K-JA-LST762L改845
L1200742-1.jpg

クロダイ用 スピニングロッド 7’6”だったブランクを8’4.5”に改造して作成


L1200744.jpg

リールシートはウッド仕様に

L1200743.jpg

クロダイのマークなんかも入れてみた(笑)


L1200747-2.jpg

ガイドは高足のチタンフット+トルザイトリング仕様


L1200749.jpg

最近ではメタルパーツ等を様々に利用してゴージャスな感じのが流行り?のようだが、ちょっとオーソドックスにシンプルにカッコイイ感じを目指して作ってみたが・・・ 早くクロダイ掛けてみたい(笑)


ロッドメイキング | 2015/08/20(木) 10:13 | Trackback:(0) | Comments:(0)
R-KY-1 リメイク&修理
L1120064[1]
R-KY-1 213/05に作成したロッド

先日使用してるとファイト中にリールシートちょっと動いた感じ・・・?
接着が甘かったかな?

L1200739.jpg

一旦分解して再度接着し直して、他のロッドとの統一性を図り、Fグリップを新たに作製して交換。


L1200740.jpg

Fグリップとリールシートの間にワインディングチェックを入れて、更にエンドキャップを交換した。

L1200741.jpg

これで、オリジナルのロッド4本が全て同じ形になった。
ロッドメイキング | 2015/08/20(木) 10:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
R-MD-2 リメイク
20140920125124844[1]

真っ黒もイイなぁ~と思って真っ黒に仕上げた一本だったが、何か安っぽくて・・・


L1180674.jpg

その後、ブランクをマットブラックに塗装し直し


L1180664.jpg

ラッピングを変えてリメイク


201505150919299c0[1]

そして、シュラプネルに似合うかなぁ~ という感じで気にってたんだけど、思ったよりこのリールは使いずらく・・・ もう1個6500CAFCを中古で購入した。 それで、他のロッドとの統一性のこともあり2回目のリメイク


L1200481.jpg

やっぱ、コルクは高級感もあってイイねぇ~


L1200488.jpg
L1200487.jpg
L1200482.jpg
L1200491.jpg
L1200489.jpg

Rグリップ28㎜ Fグリップ34㎜から削り出し グリップ先端、Fグリップとリールシート間、リールシートとRグリップ間、Rグリップとエンドキャップ間にそれぞれ(GD)ガンメタカラーのワインディングチェックを装着

L1200486.jpg

色は異なるがリールシートサイズの18と17以外は全く同じ仕様になった。
後は、先日折ってしっまったロッドのブランクを注文してあるので、それが届けば作業開始!
次回の釣行までに3本揃えられるかな?




ロッドメイキング | 2015/07/08(水) 09:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)
メバル・ロッド M-JA-632UL-CB
コピー ~ L1190999

カーボン製のグリップを試してみた


コピー ~ L1200002

一見、軽量のように見えるが・・・


コピー ~ L1200011

実は、そうでもない


コピー ~ L1200020

でも、見た目にはけっこうカッコイイ!


コピー ~ L1200006

トップガイドを含め全てトルザイトリング+チタンフレーム!


コピー ~ L1200012

すべりやすそうで、使い勝手は如何な物だろうか?


ロッドメイキング | 2015/05/12(火) 22:20 | Trackback:(0) | Comments:(0)
メバル・ロッド M-JA-632UL-EV
コピー ~ L1190995

マットブラックのブランクにシャンパンゴールド


コピー ~ L1190990

ミノーに使い勝手が良いように設定 6'3" 60㎝クラスのシーバスも問題なかったブランク


コピー ~ L1190985

ウッドのリールシートは高級感出るな^^
ロッドメイキング | 2015/05/10(日) 11:20 | Trackback:(0) | Comments:(0)
R-MD-1 R-MD-2
L1180661.jpg

R-MD-1(上) R-MD-2(下)


L1160938.jpg

L1160936.jpg

2014年9月に時間がなく急いで作成したのがこのR-MD-2 スナプルより上からボンジュニより下くらいまでのフロッグに愛称良く、バップにも良かったがアクション時にもうちょっとティップの柔らかさがあれば理想的だった。 そんなわけでR-MD-1の制作に至った訳だが、デザイン的な部分の統一化をしたかったので、これもリメイクした。 グリップ部分が黒系だったので、デザインは同じく黒系でまとめてみた。 全てのガイドを取り外し、クリアー仕上げだった物を下地処理して艶消しブラックに塗装、引き抜くスピードによるものだが、バット部分は被膜が厚くなり艶消し感がなく、ベリーからティップにかけては良い艶消し具合になってる・・・ これはこれでイイ感じだが、狙って出来ない産物だなw

L1180664.jpg

L1180674.jpg

PRPWARAP CFS-A 567
Gudebrod HT 9002 (HT METALLIC SILVER #512)



L1180667.jpg

この2本仕様はほぼ同じだがガイドが違う トルザイト・リング+チタンフットとSIC+ステンレス


L1180672.jpg

フットサイズが同じにも拘わらず、リングの内径がこんなに違う
要するに、従来の口径を一回りくらい小さいフットで得られるということである。


L1180671.jpg

右のSICリングが#8(内径5.4㎜)
左のトルザイトは#7(内径5.5㎜)

全体的な大きさは2回りほど異なるが小さい方が内径は大きいのである。


L1180669.jpg

これについては、トップガイドも同じ

今回のR-MD-1については、ある程度ロッドウエイトも意識して作ってみたが、最終的には225gとなかなかイイ感じに納まったが、強度についてはこれから使ってみてのお楽しみだな^^

あと、もう少しで最後の1本 R-MD-3 も完成!
ロッドメイキング | 2015/02/14(土) 11:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)
R-MD-1 B-BG-SPⅡ(仮名) 完成
L1180652.jpg

ネーム入れはシールを作成して貼り付けた上からコーティングしたが、ブランクの下地処理の段階でブランク自体を削りたくなかったので躊躇した結果、やや凹凸が残りシールの密着度が低く角度によっては反射してこのような仕上がりになってしまった(想定内)


L1180656.jpg

 バッド部分なので強度に対しての影響は少ないと思うが、仕上がりの事を考えるとしっかりと削った方が良さそうだな。


コピー ~ L1180431

PROWRAP ナイロンスレッド チーク:716/Aスレッド 716 RNS-A
PROWRAP メタリックスレッド 9710 MS-A


L1180653.jpg

ブランクのカラーでコーティング後にどのようなカラーに変化するか楽しみだったが、期待どおりのイイ感じになってくれた。

L1180654.jpg

ガイド・フットの透け具合もイイ感じ^^


L1180657.jpg

L1180659.jpg

ブラウン系のリールとのマッチングは良!
ロッドメイキング | 2015/02/14(土) 10:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)
R-MD-1 B-BG-SPⅡ(仮名) 製作④ ガイド取り付け
コピー ~ L1180429

今回のロッドは贅沢にTORZITE・リングを採用!


コピー ~ L1180432
に、チタン・フット(まだ設定にトルザイト・リング+チタンフットしかない) 従来のSICより同サイズでも内径が大きくリング自体が薄いので見た目がかなりシャープでスッキリした感じ


コピー ~ L1180431

スレッドはナイロン716コパー コーティング後のちょっと濃くなって艶っぽいイイ感じになる事を期待!


コピー ~ L1180434

このままコーティングに進むか? 次のロッドの作成に進む・・・?


ロッドメイキング | 2015/01/26(月) 12:19 | Trackback:(0) | Comments:(0)
R-MD-1 B-BG-SPⅡ(仮名) 製作③ スレッドの選択
コピー ~ L1180376
茶色のメインスレッドは PRO WRAP ナイロン716 
エッジの白い方は在庫していたものでNO等は不明(泣)

コピー ~ L1180377
カラープリザーバーを使用しなければ若干色が濃くなると思うが・・・
どうしようか検討中・・・

コピー ~ L1180379
ブランクも塗装も多少ムラはあるものの上手くいった。 あと、2回くらい重ねればパーフェクトだが、今回はあえて1回塗りで強度を見てみることにした。

コピー ~ L1180383
リールシートに合わせて、もっと濃い色の方が良いかなぁ?(悩)
ロッドメイキング | 2015/01/24(土) 07:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)
R-MD-1 B-BG-SPⅡ(仮名) 製作② ブランクの塗装
コピー ~ L1180375

A液ブラウン:10㏄+A液ベージュ:5㏄+B液:7.5㏄
14:10時に調合して寝かせる・・・・

約2時間後の16:20時、塗料の粘度の具合を文章で記録するのが難しいが、『トロトロ状態』
室温15℃前後で2時間放置で今回はわりとうまくいった感じ、今後もこれを参考にしたい。

量的には、22.5㏄だったが、十分過ぎる量だった。
2本同時塗装でも、2:1なのでA剤10㏄+B剤5㏄の15㏄で十分である。
ロッドメイキング | 2015/01/22(木) 14:23 | Trackback:(0) | Comments:(0)
R-MD-1 B-BG-SPⅡ(仮名) 製作① グリップ
コピー ~ L1170945

来シーズンはもう一歩踏み込んでポッパーゲームを楽しもうと思って、それに最適なロッドを製作中・・・


コピー ~ L1170946

Fグリップ 全長350mm 外径28mm 内径15mm を削り出し
全長106mm 前方35mm 後方28mm に成型


コピー ~ L1170947

これまで製作したロッドにはTCS-SD18を採用していたが、今回はTCS-SD17を採用
変更した最大の理由としては、L1(全長)が134.4mmに対して125.5mmと8.9mm短く、リールをセットした後にスクリュー部分が長いと見た目が悪くグリップ全体のバランスで考えるとこの方がマッチしてると思った。


コピー ~ L1170948

左から 
グリップ先端ワインディングチェック 内径14.5mm
Fグリップとリールシートの間 D17-VF
この2点に関しては、ゴールドというよりは真鍮のようなカラー、ナットカバーのカラーに合わせようと思ったらコレになった。
リールシートとRグリップの間 A-GDRT-18(fuji製)
Rグリップとエンドキャップの間 A-GDRH-21.5(fuji製)
この2点は露出部分が少なく、真鍮カラーだと金色の主張が弱く、ゴールドの存在感を強くしたかったのでこのカラーにしてみた
エンドキャップは、気分転換で今までの物とは異なる集積コルクの物を採用してみた。


コピー ~ L1170949

緩やかなテーパーがイイ感じかな?


コピー ~ L1170952

金属部分のカラーはマッチしてるかな?


コピー ~ L1170951

悪くないな・・・。


コピー ~ L1170953

こちらも悪くない^^。


コピー ~ L1170954

Rグリップ 外径28mm 内径15mm 全長350mm
グリップ全長約62cm(まだ接着前の仮組状態)
ロッドメイキング | 2014/12/16(火) 11:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)
SnakeHeadRod.04 ①
L1140445.jpg

またしても雷魚ロッドの作成、今回はブランクをブラウンに塗装、スレッドはブラウンとチョコレートを購入してブラウンを採用、エポを含むと多少濃くなると思ったので、こちらにしてみた。


L1140443.jpg

ワンポイントにはCopperを採用


L1140444.jpg

ガイドはKガイドで素材はステンレスEカラー(予算の都合でチタンはNG(泣))


L1140446.jpg

リールシートはブランクの都合でT-DPS-SD 少々ごっついイメージになってしまうが仕方ない。


L1140447.jpg

各所にゴールドのパーツを採用


L1140448.jpg

今回また雷魚ロッドを作ろうと思ったのも、新しいリール購入して、とにかくこのリールにマッチしたデザインのロッドが欲しくなったからなんだけど・・・


L1140449.jpg

なんだが、金ピカでいやらしい感じか・・・


L1140442.jpg

持つ喜びではなく、道具としてコレをタフに使える勇気がオイラには一番の問題だ(泣)
他人が所有してれば、『リールなんて使ってなんぼだろ!』 と言い放つに違いないが・・・
事、自分だと・・・(泣)

弱気なオイラはレプリカ作成検討中(笑)


ロッドメイキング | 2014/01/10(金) 17:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)
クロダイ用ロッド ネーム入れ 手書き編
IMG_9830.jpg

今回は手書きでネームを入れてみた。


IMG_9831.jpg

曲面で硬いところにGペンで・・・ 何百回も練習しないと納得のいくものが出来なそう(泣) 
ロッドメイキング | 2013/07/27(土) 15:19 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ドライモーター
IMG_9820.jpg

回転中・・・ 最低でも24時間・・・


IMG_9822.jpg

ブランクは同じ物だが夫々の好みで4タイプを同時に製作中・・・
ロッドメイキング | 2013/07/25(木) 09:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)
クロダイ用のロッド Type1
コピー ~ IMG_9807

スケルトンシールシートに専用スペーサー前後にワインディングチェック


コピー ~ IMG_9810

ロングフットのKガイド


コピー ~ IMG_9812

ネーム入れ


コピー ~ IMG_9814

PC及びプリンター等の進化で、かなり昔に絶版になってしまった貴重な代物


コピー ~ IMG_9813

一文字一文字切り取り、丁寧に貼って行く・・・


コピー ~ IMG_9815

デリケートな代物だけにしんどい・・・


コピー ~ IMG_9817

後は、コーティング


ロッドメイキング | 2013/07/24(水) 16:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)
SIGHT 6.4 M Type 8・12lb どこまで近づけられるか?①
コピー ~ L1120563

IPS用のコルクグリップはリールシートとの接点の削り出しは非常に手間がが掛かるので専用の物を用意した。しかし、オリジナルに比べてやや短いので同径のコルクを足した。


コピー ~ L1120565

接着中・・・


コピー ~ L1120566

接着後、旋盤で整形をしてFグリップ完成! 上がオリジナルのSIGHT6.4のグリップ


コピー ~ L1120569

続いてRグリップの製作、こちらは非常に簡単でオリジナルと同形に旋盤で整形


コピー ~ L1120570

オリジナルはリールシートを数mmカットしているが、今回のロッドはオリジナル6'4"に対してやや長めなので、バランスを考えてグリップ部分をやや長めにするためリールシートは加工せずそのまま使用

グリップエンドについてだが、オリジナルはEVAのストレートで処理してあるが、ややテーパーのあるエンドを試して見ると、これがなかなかカッコイイので、こっちを採用

とりあえず、形だけだがグリップ部分は完成!



コピー ~ L1120634

このロッドの最大の特徴であるセバレート・グリップ、オリジナルを分解してみれば一番手っ取り早いのだが、そんな勿体無いことはできないので、様々な素材を吟味して何度も何度も作っては元に戻しを繰り返し、何とかイイ感じに仕上がった。 最終的には簡単な物だが、素材等ココまで辿り着くのが大変だった(汗)


コピー ~ L1120631

ロッドネームやブランドのプリントさえ無いが、オリジナルと区別付かないほどの仕上がりに満足(嬉!)

依頼されて製作してるのだが、手放すのが惜しいよ・・・(笑)
ロッドメイキング | 2013/07/22(月) 15:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
SnakeHeadRod.03 完成
L1120064.jpg

完成したのだが・・・ ドライモーターを回しながら仕事に行き、帰ってきて仕上がりを楽しみに自分の部屋のドアを開けると、留め金が緩んでロッドが落ちていた(泣) その光景を見た時は、全てやり直しを覚悟したけど、ある程度硬化してから落ちたようで、全体的な垂れなどは無く、一部コーティング面が直接干渉してしまった部分に歪みが出来てしまった。何となく気分は悪いが、やり直す気にもなれないので、このまま我慢


L1120057.jpg

想定はしていたが、スレッドカラーはコーティング前に比較してかなり鮮やかで濃くなった。


L1120067.jpg

この手のブランクカラーも、わりと悪くないな^^


L1120073.jpg

早く使ってみたいけど、いつ行けるかな?
ロッドメイキング | 2013/05/05(日) 14:19 | Trackback:(0) | Comments:(0)
SnakeHeadRod.03 ② グリップ回り
コピー ~ L1100962

今回は思い切ってコルクグリップを採用、削るのはEVAに比べて気持ちよく削れるので楽しい^^ しかし、伸びが無いのでブランクに合わせて内径を拡大したりする作業が大変(泣)特にリアグリップは長いのでマジ大変(泣)専用のコルクトリマーでもあれば楽なんだけど・・・ ちょっと手が出せない。 そんな訳で不要なブランクにサンドペーパーを貼り付け、手作業でグルグル、グルグル・・・ マジで疲れた(泣)

軽量というコンセプトからすると、デコは不要なのだけど・・・ 見た目の美しさも欲しいので、真ちゅう製のワインディングチェックを付けました。


コピー ~ L1100961

フロントグリップはちょっと削ってこんなシェイプに


コピー ~ L1100960

今回はリールシートも奮発しました! ウッドカラーを探したけどなかなか見つからず、最終的にマーブル柄に決定! ブラシもあるのでここは思い切って自らで塗装も考えたけど、仮に上手くいったとしても耐久性に自信が無かったので今回はプロにお任せした。 流石に仕上がりは素晴らしいが、価格も素晴らしい(泣) ノーマルのリールシートが4つくらい買える?


コピー ~ L1100963

ここまでやったら、コレも^^ という具合に、ココにもデコレーションリング


コピー ~ L1100964

更に、ココにも^^ グリップ径は28mm 私の手にはもう少し太いほうが馴染むのだが、ここはデザイン的なバランスを考えてこの径にしたが、以外にも軽いロッドなので、このくらいの太さでもイイ感じだ


コピー ~ L1100965

エンドキャップもコルクだけで削りだしで作るつもりだったが、後々の劣化を考えるとやはりEVAか? 様々に考えた末、こんな既製品を見つけた。フライロッド用のエクステンションバット? 内径を拡大して、ややテーパーを矯正してリアグリップとのバランスを良くしてみた。

シンプルかつゴージャズで厭きのこない物に仕上がれば良いのだが、ちょっとやりすぎたか? 不安・・・
ロッドメイキング | 2013/04/30(火) 10:01 | Trackback:(0) | Comments:(0)
SnakeHeadRod.03
コピー ~ L1100955

3本目の雷魚用ロッドの製作、自分用としては2本目になる今回のロッド、実は衝動買いしてしまったブランク・・・ 友人がとあるショップで見つけてきたものだが、後日一緒に飲んでいた時にショップに電話をしてブランクの詳細を尋ねてみると、メジャーブランドの物ではなく、本来は別の物を作ってるところが試し?遊び?で製作したものらしく、更にワンオフで一本しかないとのこと・・・

ブランクの感じを現存するもので近いものは?と聞いてみると、『999.9 80-3 あたりかなぁ?』


コピー ~ L1100956

GYN2をメインに使用していただけに、最近は軽量のロッドが気になっていたところだったので凄く興味を持った。 更に1点物と聞くと・・・

『すみません、お取り置きは可能ですか?』

『ハイ、大丈夫ですよ^^』

『では、お願いします。』

そんな感じで買ってしまったよ(泣)



コピー ~ L1100958

後日、ショップに行って実際に持ってみると、メッチャ軽くて頼りない感じはしたが、こんなのも一本あってイイかな?という気持ちもあったので快く購入した。しかし、気になるところがブランクカラー・・・ 基本的には黒が好きというか、黒は作る際に楽なのだ(笑) ブランクカラーとスレッドやグリップ回りのパーツの配色をちょっと間違うと、安っぽかったり直ぐ厭きがきたりと、バランスを考えるのが面倒くさい(泣)
その点、黒ブランクに黒スレッド黒EVAのグリップ・・・ まぁ、無難で間違いないのである。

しかし、今回は茶色のブランク、初めてのカラーにちょっと想像を膨らますと、以外にも楽しくなってきた(笑) ブランク価格も14,800円とそこそこ安価だったので、今回はちょっとお金を掛けて作ってみようかな?という運びになりました。

そんな訳で、今回はゴージャスにチタンフットにSICのK-ガイドを採用

スレッドは自宅に在庫してあるものの中から様々なカラーをちょっとづつ巻いてみて、かなり悩んだ末にこのカラーにした。 ダブルラッピングでちょっとしたデコも考えたけど、軽量と言うコンセプトを軸にして今回はシンプルにこんな感じにした。

さて、次はグリップ回りだ^^
ロッドメイキング | 2013/04/30(火) 09:23 | Trackback:(0) | Comments:(4)
SnakeHeadRod.02 完成
コピー ~ L1100676

大失敗(泣) フィルムシートに白文字のプリントが出来ないので・・・ 回りを黒にして文字抜きプリントしてブランクにペイントマーカー(シルバー)で色を塗ってその上から貼り付けてみたら、理屈的には成功したのだが、ちょっといい加減にやってしまったため、ムラが出来てしまった。 まぁ、自分用なので気にしない!(もう、やり直すのがめんどくさい(泣)) あと、名前はFROGMANとしたが、個人用なので問題なしかな?


コピー ~ L1100690

バット部分の飾りは、とりあえず雷魚感をかもし出したかったのだが、雷魚の皮を貼るわけにもいかないので、ブラウンに染めたパイソンの皮を使ってみた。これが曲者で、コーティングする際に気泡を飛ばす作業をするとサラサラになった樹脂が染み込んでしまう・・・ すると染み込んだ部分は真っ黒になり全ての模様が消えてしまう・・・ 仕方なく固まるのを待って再び全て剥がしてやり直した(泣)

今度は染み込まない限界の粘度でコーティング、気泡を飛ばす作業は出来ないので予め気泡を最小限にしてからコーティングをしてみた。再度、初歩的なミスをしたりで最終的にはやや厚くなって基本的には失敗だが、雰囲気として雷魚の質感みたいな物はかもし出せたかな? しかし、今回何度も失敗して解った事もあるので、次回同じような作業をする際には、少しマシな出来になるだろう。


コピー ~ L1100684

グリップ部分 旋盤の尺の関係でセパレートタイプにしたのだが・・・


コピー ~ L1100685

セパレートの切れてる部分にテープで肉盛をして、その上から収縮チューブでコーティング 愛用しているガンガンのグリップよりやや細めに仕上げた。


コピー ~ L1100681

A-B 45.0cm  A-C 63.5cm キャスト毎に持ち替える際、二の腕の袖あたりに引っ掛かってイライラする、ロッドエンドを腿に当ててアクション中の場合に適切な長さ、肘に掛けてアクション中に適切な長さ、極力持ち重り感のない最適なバランス等・・・ 1日中持ち続けてる事を考えると、個人的にはリアグリップの長さは凄く重要で、人間工学に基づいたテーブルの高さや、イスの高さを設計するに等しい! これはロッド自体の自重でもバランスは変わってくるので、身体に合わせて全てがこの長さと言うわけには行かず、このロッドの場合はこの長さと言う感じに決めて行くのだが、セッティングは極めてアナログ的に、持ってみた感じで 『この辺だな?』マジックして記しして・・・・ 結果、この長さになったが、実際に使ってみてどうだろうか?(笑)


コピー ~ L1100686

フロントグリップは、個人的に好きなフライロッドのフルウェル調に削ってみた


コピー ~ L1100687

ガイドはステンレス製のKガイドを採用(チタンも視野にあったが手が出なかった(泣))


コピー ~ L1100708

GUN2 77XXとの比較


コピー ~ L1100703

ブランク自体の長さは7'10"(2350mm)と表記されていたが、完成したロッドの全長は8'1"(2420mm)

 GUN2 77XX  2335mm(全長)  1690mm(ロッド部分)
FROGMAN 710  2420mm(全長)  1785mm(ロッド部分)

全長差は77XXより85m長い
ロッド部分は95m長い

ブランクの感じは77XXに非常に似ているが、やや長い分マイルドに感じるところもある・・・
支点が遠くなる分ファイトの負担は強くなるのか? 

早く使ってみたい^^
ロッドメイキング | 2013/04/08(月) 09:31 | Trackback:(0) | Comments:(2)
SnakeHeadRod⑤ 完成
コピー ~ L1100590

数回の失敗を経て、そこそこ綺麗に仕上がった。バット部分を蛇革で飾ってみた。


コピー ~ L1100619

樹脂が完全に染み込んでしまうと透けて模様が消えてしまうので、その辺が苦労した。


コピー ~ L1100603

8'弱のかなり堅めのブランクだったが、完成させてリールをセットしてみて曲げてみると、素の状態の時よりはマイルドになった印象 これは仕方のないことだが、1&Hのグリップ部分の長さがやや短めで、フロントグリップの尺を見栄え良く取るとリールシートの位置がやや下側になってしまい、保持した時にフロント加重がきつく持ち重り感がやや気になる仕上がりとなってしまった。


コピー ~ L1100602

ガイドをFuji Kガイド&オーシャントップを採用


コピー ~ L1100595

セパレートではなく、通常の一本物のリアグリップにしたかったが、旋盤の尺の問題上しかたなくセパレートにしたが、そこそこ綺麗に纏まったか?


コピー ~ L1100627

黒いリールとの相性は良い^^


コピー ~ L1100613

因みにシルバーともイイ感じだ^^


コピー (2) ~ L1100611

とりあえずは蛇革の質感のみで雰囲気をかもし出したに過ぎないが、雷魚ロッドらしい一本に仕上がったかな?

そんな訳で、FROGMAN NO.1 完成!

コレは、お世話になってる友人用に作成したが、只今、自分用には更ににバット部分に雷魚の雰囲気を出せないものか?と、蛇革と加工を模索しながら格闘中!
ロッドメイキング | 2013/03/31(日) 08:03 | Trackback:(0) | Comments:(2)
SnakeHeadRod④
コピー ~ P1110178

グリップ部分完成!


P1110164.jpg

Fグリップ


P1110163.jpg

Rグリップ(F)


P1110162.jpg

Rグリップ(R)


P1110165.jpg

エンドキャップ(既製品)


P1110159.jpg

初めて見た時は斬新でカッコイイ~!なんて思ったけど、最近は普通になってきたセパレートグリップ、個人的には普通のタイプの方が好みなんだが、仕方なくセパレートタイプにした。削り出す上で、一本物のリアグリップを旋盤に装着できなかったのが最大の理由(泣)


コピー ~ P1110183

しかし、そこそこイイ感じに仕上がったかな?
Fグリップはちょっとフライロッドを意識して、フルウェル調に削ってみた。


コピー ~ P1110180

握りの部分は長時間の使用にも疲れないように、できるだけ手にしっくりくるように丁寧に削りだした。
更に、エンドキャップもEVA製を採用してキャストの際に添える手にフィットしやすく、手に馴染むシェイプになった。 この部分は見栄え的な部分より馴染み感は抜群!我ながらイイ出来になったと感動!

もし、デザイン的な部分でセパレートが嫌なら、ブランクの露出部分をテープ等で肉盛して収縮チューブで覆ってしまえば通常のデザインになるので・・・

しかし、この雷魚ロッド(ブランク)重い!(泣)

GUNGUNヘヴンの上を行く感じだが、これで2タイプあるうちのライトな方だから、これのHタイプとはどんなブランクなんだ? 

触って変えない、通販の楽しくて恐ろしいところだな(笑)
ロッドメイキング | 2013/03/19(火) 12:12 | Trackback:(0) | Comments:(0)
SnakeHeadRod③
L1100105.jpg

Fグリップの削り出し

L1100101.jpg

フラッシュの具合でグレイに見えるが実際は漆黒、上部はお気に入りのフライロッド、スコットのフルウェルのテーパーをモチーフに削ってみた。 なかなか上手くいったのではないかなぁ?

問題はリアグリップ・・・ 一本物で行くか? セパレートで行くか?
個人的には一本物の方が良いのだが、旋盤の尺が足りないので他の方法で削らなければならないのだが、これは非常に大変・・・ セパレートにする事で一本を短くできる都合、これなら旋盤にセットして綺麗に削り出す事は可能だが、セパレートは現在のところ流行物的な背景もあり、ちょっと・・・

ん~ 悩む。。。

ロッドメイキング | 2013/01/06(日) 09:19 | Trackback:(0) | Comments:(4)
次へ