プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
阿寒湖リベンジを振り返って。
2回の釣行で、天国と地獄を味わった。

しかし、振り返ってみれば、美しい、アメマス、ミヤベイワナ、そしてまた、新しい仲間が出来た。今年の釣りの中でも、もっとも思い出深い釣行となった。 

全てに感謝。

さて、来月はマレーシアにセイルフィッシュ早々に気持ちを切り替えて、準備をしなくては。

スポンサーサイト
fly fishing | 2005/06/25(土) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
阿寒湖リベンジ最終日
今年最後の阿寒湖での釣りになるだろうと、昨日までに相当満足をしていたのだが、4時には湖に立ちこんでいた。 チャミングすると直ぐにライズはあった。 しかし、完成度の高いワカサギドライは既に全て使い切っていて、手元に残ってるのは某大手メーカーの痛いフライだけだった・・・。

フライのせいか、テクニック不足か、ライズはあるもののフライにはアタックしてこない。 完全にフライを見切っていた感である。 早々に諦めて、丘に上がると、その完成度の高いワカサギドライの製作者の方がいた。 しばし、雑談をした後、皆で朝食を採り、ホテルのチェックアウトの手続き、その後、Sさんの部屋で、タイイング、でも私は寝てました。

午後からは、Sさんのボートで雄阿寒に向かう、ライズは少ないものの、あるには、ある。横風が強く、左利きには不利な風だったが、コーンボディーモンカゲに直ぐにアメマスは飛び出した。 何とも言えない、スローな出方は感動的だった。

綺麗な黄金の体色のアメマス、ヘッドアンドテール・・・。

いい経験をさせてもらった。

ここでは都合2匹の50cmUPをキャッチした。

その後、ヤイタイ島に立ちこむ、数回のバイトはあったが、食いが浅いのか、直ぐバレてしまう。 ここではキャッチする事はできないまま、5時にSさんにボートでホテルまで送ってもらい私の今回の全ての釣りが終わった。

後に聞いた話では、この後、このポイントで、18:30から、恐ろしい程のスピナーフォールがあったそうだ・・・。


私は、その頃は、釧路空港に向かうバスの中だった。

fly fishing | 2005/06/24(金) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
然別湖
早朝?夜中?am2:30に釧路の友人の車で、阿寒から然別湖へと向かう。

松山千春や、鈴木宗男で有名な足寄を経て、2時間弱で然別湖へと到着した。 ついて直ぐに、釣り人に餌をねだるキタキツネを見かけた。 湖は思ったより大きく、その透明度は見事なものであった。 湖岸にシャローは少なく、切り立った感じのロケーションが主だった。

まずはボートからのエントリーで、唯一ウェーディングできるエリアの岬あたりから始めた。 釧路の友人が、直ぐに50cmを超える見事なネイティブ・レインボーをキャッチしたが、その後はそのような大型は出なかった。 その後、岬にボートを着けて、バンクから狙うが、小型のライズがあるだけバックヤードは無いに等しく、Sさんが、見事なスネーク・キャストで、そこそこのサクラマスをキャッチした。

必要に迫られたスペイキャストでのキャッチは、マジ、カッコイイものであった。 その後は、強風で桟橋に戻るのも大変だった。 この然別湖の、とても美しい景色は忘れられない物となった。そして、更に美しい、北海道天然記念物のミヤベイワナは私の目に焼き付いた。

タックル

rod sage XP6974 #6
reel Loop evotec LW47
line #6 type4~6 +aeroshuter orval 20lb
fly aomidoro系#10

その後、夕方には再び阿寒湖で・・・。

まずは、エメラルド前でドライワカザギをキャスト。 最初のキャストからバイトがあり、ここで50cm程度のアメマスをキャッチ。 その後、Sさんの船でモンカゲのハッチを探しに行く。 小島で少々のライズがあった。 船を島に着けて、ウェーディングで潮目を狙う。釧路の友人が直ぐに50cm程度のアメマスをキャッチ、その後もしばしライズは続き、Sさんも数本をキャッチ、ライズがなくなり、島の風裏になる方に回ると、恐ろしい程のモンカゲのスピナーが空を舞っている。

私もここでモンカゲの初めてのアメマスをキャッチさせて頂いた。 ライズが少なくなり、また先程の潮目のポイントに戻りウェーディングをした。

そのアメマスは左から右えと、ゆっくりと出た。

時間は19:50、辺りはほぼ真っ暗でファイト中の水中の魚など全く見えない・・・10分近くファイトした。これは、30kg以上のGTより時間が掛かったな(笑) ようやくネットに収まったアメマスはSさんにしっかりと計測して頂いた。 70.5cmであった。

20060606154027.jpg

阿寒湖でのモンカゲ、要するにドライでのアメマスとしては、レコードという結果であった。

この阿寒湖のリベンジ釣行も、明日一日で終わりとなる。

それを前に、既に私の心は何とも言えない満足感で一杯だった。


fly fishing | 2005/06/23(木) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
阿寒湖リベンジ!
全く前回と同じ行程で出発。

7:50羽田発 阿寒湖には11:00前には着いた。 早々に支度をして、エメ前でストリーマーを引くが反応無し1時間程やって、フィッシングランドに行き、状況を聞いたところ、漁協の桟橋からは、ドライワカサギで数本出たようである。 チャム用のワカサギを購入したが、これが前回のようなフレッシュな物ではなく、完全な冷凍のイタイ物であった・・・。

しかし、これしかないんじゃ、しょうがない・・・。 仕方なくチャムを始めたところ、10分程して初のライズ! 前回とは、明らかに魚のヤル気が違う! ライズはどんどん近づいてくる、最大で2m手前くらいまでライズがあった。 が、フライには出ない・・・。

完全に魚は選んで捕食しているようだ。チャムの量を少なめにした。
そして、しばらく時間を置いてからキャストした。

一発で出たが、ミスバイト! その後、数回のバイトの後、やっとフッキング! 記念すべき、ワカサギドライでキャッチすることが出来た。

2005-06-22.jpg

タックル

ロッド Kブリット XD #8
ライン #8F 12mヘッド+エアロシューター・オーバル20lb
リーダーバリバス ナイロン12' 4X
フライ スギサカ・フローティングワカサギ・ドライ(内野バージョン)

その後、夕方、Sさんと合流してボートでモンカゲのハッチを探すが今一の感じで、ホテルには、19:00過ぎに戻った。


fly fishing | 2005/06/22(水) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
更にウェーダー
エアロシューターオーバル20lbが何処にも在庫が無い。

ティムコに問い合わせたら、メーカー欠品らしい・・・。

22日の遠征で今回は然別湖にも行く訳だが、ここで問題発生。 阿寒湖は相当な時間ウェーディングする関係上、気温とはあまり関係なくネオプレーンでいいんだけど、然別湖はボートからの釣りであり他の者は、ゴアのウェーダーでエントリーするという事だ、確かにネオでは暑くてたまらんだろう。 今日、然別湖の漁協に問い合わせて最近の天候を伺ったところ、本日のAM5:00で気温10℃くらい、日中では15℃くらい。 水温は12℃との事であった、ネオを履いてボートからの釣りは暑くて地獄だわな・・・・。

という事で仕方ないのでゴアのハイチェスト・ウェーダーを今日、ヤフオクで探して落札したよ。22,680円即決。定価は37,800円だから、まぁ、安くは買えたけど、ここにきてオイラは、いったいいくつの長靴を買ったのか? なんか、悲しくなってくる・・・。

ロッドとか、リールとかって買う時も楽しいんだけど、長靴は、全然、楽しくない・・・。

モンカゲの、スピナー、ダンは、間に合うだけは巻けたから、あとは、モンカゲニンフ、フローティング・ニンフ然別湖用のストリーマー、ウーリーバガー、MSCあたりを少々作ればOKだ。

取り敢えず、#5~#6も必要みたいなので、準備しないと・・・。

FISHING TACKLE | 2005/06/17(金) 01:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
モンカゲの材料
またまた買い物に行って来ました。

スルーウィング クリアー
クリアー・ダン

メッシュ材

ダビング材 スーパーファイン アンバー
バーサテイル M
フック TMC104SP #10 

コーンボディーが、なかなか上手く行かない・・・。
電話で、アドバイスをもらった。

楊枝は事前に油付けにしておくと良い。
毛糸用の縫い針を使用する。その際、滑り止めにドライシェイク・スプレーを利用する。

メッシュ材は、手芸屋でブーケ用を調達する。

と言う訳で、がんばってみるか・・。

2005-06-09.jpg

久しぶりに、天下鳥に井木といった。

ボトル2本入れたけど、一本はまだ、半分以上残ってる。
fly fishing | 2005/06/09(木) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
阿寒湖リベンジの準備
取り敢えず、買い物へ・・・

そんで、以下の物を購入

ハックル ゴールデン・バジャー
ブリーチ・ムース
シマザキ・フライウィングⅢ メイフライA
スルーウィング 02クリアーイエロー
フライライト ダビング #25Cream Variant
スルーウィングバーナーL M
TMC200R #8
TMC102  #9
マルチグルー
TMC リングハックルプライヤー
フライデザイン・マーカー#8オリーブイエロー
その他 ちょっとした小物も買ったが、〆て20,000円弱

2005-06-07.jpg

嗚呼~~

久しぶりに一発ラーメン喰った。  


fly fishing | 2005/06/07(火) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
阿寒湖リベンジ決定!
本日朝一で、阿寒から発送したアメマスの彫り物が届いた。

 2005-06-06.jpg
大きさにして30cmくらいの大きさだが、ややリアルなところが気に入った。
台座は阿寒湖の流木を用いて作られていて、現地の香りを感じられるという意味でも、
この逸品は気に入った。
衝動買いにしては、かなり高価な物であったが、良い思い出になるだろう。

さて、本日、東北海道トラベル端野支店に連絡をした。
22日~24日で、2泊3日の予定で、エアーとホテルの確認をしてもらったところ空席有り、との事。

そのまま予約を入れた。そんな訳で、リベンジ確定!まぁ、釣りもいいんだけど、昨日発注を飛ばしてしまった。。。ゴムは急騰。。。

全てにおいて嫌な予感のする今日この頃である・・・。

fly fishing | 2005/06/06(月) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
阿寒湖F.T2(参った・・・)
昨日までの状況を整理し、釣れる可能性があるのは2日前からエメラルド前に居付いてる数匹。

時間的には朝一と前日、前々日と活性の高まってた10時~11時が最大のチャンス最初は多めのチャミングにて、カラスにある程度喰わせて、邪魔をしなくなったら本番。 チャムのワカザギに反応が始まったら、キャストの体制を整え、圏内に近づくのを待つ。 チャンスは、せいぜい2回それが、朝一と、10時からで、最大4~5回のチャンスだろう。

午前3時、いよいよ開始である。

チャミングしてしばらくすると、待ってましたの如く例の羽欠けカラスがやってくる・・・ 5分程で相当の数を持っていったが、もう腹いっぱいのようで、その後のカラスの邪魔は避けられた。
30分程経過したところで、やはり60~70m程先で、ライズが始まった。 少しづつ近づいては来るが40mを切って来ない。
水温は7℃を下回っており、つま先はジンジンしてくる・・・。
しかし奴らは一行に近づいてこない。 そろそろ限界と、やむを得ずキャストをした。 当然、ライズまでは届かないが、そのまま流れに乗せて、ライズの位置まで送り込む。 しかし、ラインを送り込めば、送り込んだだけライズが遠ざかるだけだった・・・。 一旦諦め、桟橋に向かう。先行者に状況を聞くと、2時過ぎからチャミングを行ってるもののライズは遠くで5回程あっただけとの事であった。

昨日と全く状況は変わってない事を確信した。

再びエメラルド前に戻り、チャミングしてライズを待つが、やはり40mは切って来ない。 他の仲間が隣にきて、おもむろにキャストして、ラインを送り込み出した・・・・ この行為は、ライズを遠ざけてしまうだけの無駄な行為と我々は確信していた、が、しかし、浮力を失い、やや沈下気味の彼のフライにアメマスはバイトした。

チャムのワカサギをたらふく喰ってのことだろうが、40cmを越える、ブリブリの魚体だった。拍子抜けした我々は、その後、無駄な事は承知で、ボッケ方面に向かい、数箇所で立ち込むもアメマスの反応は無く、14時頃、最後のチャンスとエメラルド前に戻り、立ち込むが和えなく完全玉砕となった。

この日、早々に阿寒湖を見切って阿寒川に赴いた数名は、数匹のアメマスをキャッチしていた。 そして我々は、悔しささと空しさの中、15:30納竿とした。 その後、冷えきった心と体を温泉で癒すも、悔しさだけは癒される事はなかった。 悔しさの中で、どうしてもアメマスに固執していた私は、近くの工房でアメマスの彫り物を購入した。 持ち帰るに少々大きかったので、宅配便の手続きをし、18:30ホテルを後にした。

22:15には羽田の5番出口に立っていた訳だが、この時点で私の中には次のリベンジの炎が、小さくも力強く燃えていた。

fly fishing | 2005/06/04(土) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
阿寒湖F.T1(玉砕!)
6月2日

9:30頃には釧路空港到着。
その後、車で1時間程走り、阿寒湖に到着。
ホテルの部屋に案内され、羽田空港で買った空弁を大急ぎで食べる。

Sさんの計らいで部屋は、レイクビューの7Fで最高のロケーションだった。 空弁を食べてる最中に電話が入り、『直ぐに湖畔に来い!今がチャンスだ』 あわてて、準備を整え、いざ、湖畔へ・・・・・。

朝からエメラルド前で一人でやってたSさんが本日1匹目の52cmのアメマスをヒットさせた。 ホテルを背にして、風は左から吹いている。天気は晴天、トレーナのみでも凌げる程度だが、やや風が強くなると寒い。

入水し、岬の先端部分まで沖へと進み、状況を確認。風下50m前後にライズあり。 チャミングのワカサギを捕食しながら、アメマスが近寄ってくるが、なかなかキャスト圏内にまで、入ってこない。 本来なら、チャムを奪い合い、近くへ、近くへとやってくるはずなのが・・・・。

個体数が相当少ないようである。かなり沖ではそこそこボイルはあるのだが、チャムを奪い合う程の個体数も無いようで、安全な距離まで待って、捕食している様子。 その後も、チャミングをしながらチャンスを待ち続けたが、結局キャスティング圏内に奴らが入ってくる事は無かった。

その他のポイントでも、ユスリカのハッチも無く、漁協の桟橋付近で、数匹の個体を見ただけだった。 状況はあまり良くない事だけは容易に理解できた。


6月3日

早朝というより、夜中2時半起床。3時より湖畔に立つ。 状況は昨日と変わらず。 エメラルド前で、前日同様チャミングを行うが、ライズは果てしなく遠方でポツポツある程度。 そのうちカラスが気付き、せっかくチャミングしたワカサギを次々に持って行ってしまう。 その後、ボッケへ船で向かい、4人でtype2でストリーマーを引くが、全く反応無し。

ポイントを小島に変えて行うも、ここも無反応。

8:30にホテルに戻り、朝食を採る。

その後、漁協桟橋、エメラルド前と、やっては見たが全くダメ・・・。最後に、友人がエメラルド前で、ストリーマーで40cm程度のアメマスをGet! しかし、これもパターンとはならず、単発にて終わった。

19:00頃までやったが、全くのお手上げ状態であった。

夕食の時にリピーターの方々が口を揃えていう事が、

『ここ数年で、最悪の状況だ』
『こんなの初めてだ』
『・・・。』

我々は、この初の阿寒湖遠征にとんでもないタイミングで来てしまった事だけは事実のようであった。


状況整理

季節は10日~2週間程遅れている。本来は既に散っている桜がまだ花を付けていた。 更に、先週には雪が降り、異常なまでに冷え込んだ。 その影響で、産卵、接岸するはずのワカサギが沖のディープに落ちてしまっている。 当然アメマスもそのワカサギに付いてしまい、シャローには極僅かな個体しか居ない。 その僅かな個体も、餌(デットワカサギ)が多く常にハングリーな状態でもなく、更に、争う個体も少ないので、当然フライへの反応も鈍くなる。 狙える個体は、シャローに上がっているお腹の満たされたやる気の無い極僅かな魚のみ、少ないチャミングで何とかキャスティング圏内まで導き、チャンスはせいぜい1~2回

これのみに賭けて、明日を頑張る。



fly fishing | 2005/06/03(金) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
さて、ねるか。
今、既に1時を廻ったんだけど、4時半には起きて、新宿の友人を拾って6時過ぎには羽田に到着予定。 今日は、スタンドに行って、ガソリン、タイヤOK!!

確か2年前のパラオ遠征の時だったよな・・・。 成田へ行く途中に高速で、当時乗ってたダッヂのリアタイヤがバースト、、、たまたま高速の出口の200mくらい手前だった。 幸運にも、出口から数百メートルでGS発見! けど、そこではタイヤ交換は無理だった。。。

そんでもって、その時は、スペアタイヤが無かった。 その数ヶ月前に東関道でパンクして、交換してそのままだったよ・・・ それから足で走って、他のスタンド見つけて、やっとの思いでサイズ違いのタイヤを確か25,000円くらい払ってつけたよ。 何とか成田に到着して、海外通だったら解ると思うけど、恥ずかしいステッカー渡されて搭乗して、15分程、フライト遅らせたんだけど、オイラ達より遅い奴ら居たんだよね^^ その時の事が、結構身に染みてて、こんなにいい加減なオイラでも、少しは緊張するようになったなぁ。

まぁ、今回は国内だし、電話も簡単に繋がるし、仕事の方も何かあれば連絡取れるから、メンタル的にはゆとりのある釣行になりそうだ^^

天気も回復方向の様だし全て良い感じだ!

今、いい感じで酔ってるんだけど、am6:00をこの部屋で迎えぬよう。zzz。。。

fly fishing | 2005/06/02(木) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)