プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
大増水の鹿留
予定通り、昔のBASS仲間と鹿留でバーベQをした。カップル、家族で合計8人。

天候も悪く、雨こそ降らなかったが、終日どんよりした曇り空だった。
それよりも、台風11号の爪あとで、橋は流され、大増水で川幅は通常の倍くらいになっていた。その事もあってか、人も少なく、通常の休日の1/10程しかおらず、釣りは快適だった。 この日も、積みっぱなしだった、ウェーダーが、マジ役に立った。 増水して、流れも強く釣り難い環境だったが、人も少なく、アプローチの位置を自由に取れたので、美味しい所を美味しい角度から・・・と言う感じで、結構ドライで遊べた。

ただ、増水した関係で、ポイントも絞られ、場合によっては、スレが早く、時間を空けても、厳しい場面もあったが、最終的には、9X #20 ココまで落せば、まだ出るもんなんだなぁ。と、ライトリグの重要性を再認識したけど、直ぐにティペット・ブレイク・・・。 チョッと、この辺りも練習する価値はありそう。

2005-08-28.jpg

私的には、6Xで、60UPより、9Xで、30cmの方が難しいかな?と感じた。
前日夜勤明けのまま、現地に向かい、昼前から生ビールをガンガン行っちゃって、久しぶりに川原で爆睡した。 その後は、いつもの様にスターランドで、また焼酎飲んで、帰った訳だけど、途中、モスのパーキングで、再び爆睡・・・・。 帰宅したのは、7時前だった。

しかし、気の合う仲間と、こうして共通の趣味を楽しみ、好きな酒を呑んで・・・。ある意味、至福の時間を過ごした訳だけど、コレ全てが財産なんだなぁ、と再認識すると共に、皆に感謝した。 さて、そろそろ、標津.知床遠征の準備を始めないと・・・。
スポンサーサイト
fly fishing | 2005/08/28(日) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ラインバスケット
FFでの海カラフトマス釣り(海カラ)の場合、このラインバスケットは、かなりのレベルで重要なようである・・・。まぁ、FF経験の少ない私でも容易に理解できる。

そんな訳で、リバーガイドの、何でも海アメ用に設計されたと言う、このバスケットを購入した訳だが、結構高かった・・・。バスケット本体は5,600円、それに、オプションのコーンが、4,000円。ショップのセール期間中だったので、10%OFFで、約10,000円だった。 まぁ、今後、FWでは、殆ど使う事は無いと思うが、SWでは、そこそこ出番があるかと思い、思い切って買っちゃった。 あと、デコイのGT用フックの#8/0が1個あったので、それも購入した。

 明日は、久し振りにBASSをやってた頃の仲間と、鹿留でバーべQ^^
飲み物担当の私は、取り敢えず『一番搾り生』を7L用意した。 ここのところ、良く共に釣行する仲間たちは酒をあまり呑まない連中たちなので、現場で酒盛りをする機会は少ないのだが、明日は、酒豪が2名も来るので、久々に盛り上がりそうだ^^

昨日まで、#2や#4といった真っ赤なサーモンフライを巻き続けていた訳だが、先程、明日使用する、#16 #18のドライを巻いていたのだが、なんだか、その大きさのギャップにスレッドはバツバツ切れるし、ハックルも切れるし、発狂しそうになった・・・。 おもむろに、10月に使う#8/0のGTフックと、明日使う#18フックをデスクの上で並べてみたが、何が面白いのか自分でも解らないが、訳も無く、笑えた。

FISHING TACKLE | 2005/08/27(土) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ロッド購入 K-Bullet DH1604-#12-13
K-Bullet DH1604-#12-13を\46,462で購入した。購入先はキャニオンロードWebショップhttp://www.canyon-road.co.jp/

9月に行く忠類川&知床で、海樺太鱒用に用意した訳だが、フライロッドで16'は初めての経験で、印象は、『長い・・。』という一言だ・・・。
色々とリールをセットしてみたが、ウエイト的なバランスだけを考えると、ティボー・ガルフストリームがイイ感じ^^全体的には重たくなるが、リールの自重でフロント部分に持ち重り感は少ない。 しかし、これだけ長いと・・・。未知なだけに不安と期待でワクワクする。

実釣は勿論のこと、家でこうしてる時も楽しい物だけど、こうも長いと、自宅で繋ぐにも場所が限られてしまう・・・。酒の肴には、少々でが過ぎるわな(笑)フライロッドも結構増えたなぁ。

FISHING TACKLE | 2005/08/26(金) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
うら丹沢
本当は、相模湾にシイラの予定だったが、台風11号の影響で、出船を見合わせた。 しかし、同行予定の茨城の友人は2時には相模原に着ており、彼が殆どのタックルを持参していたので、急遽、丹沢に変更した。

天気は、霧雨状態で、天気予報の報道も良い事を伝えてない影響で、現場に付いた時点で先行者は無し、貸切状態の展開となった。 ここは初めてのロケーションだったが、人が少なければ、結構楽しめる感じだった。 #3ロッド #18のドライで、渓流にて60cmUPの虹を2本キャッチしたが、それなりに楽しかったが、魚のトルクは、アレレ・・・という感じだった。

上流は、結構楽しめる、高確率でヤマメがヒットするが、今日の様な天候で、人が少なかったからと言う、部分が楽しめた一番の原因とも言えよう。が多ければ、それなり、なんだろう・・・。

2005-08-24.jpg

rod Thomas&Thomas Whisper-Lite 7' #2 Thomas&Thomas parada
reel Bill ballan Heirloom Midge
Fly ライトケイヒル#14 ミッヂ・パラシュート#18 Adms#14  
その他#16各種

何でも、OKみたい・・・。

料金4000円 炭を用いたバーべQは禁止。
fly fishing | 2005/08/24(水) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
川の中
昔から、水中の中の様子を写真で見るのは好きだった。珊瑚とかの海もイイけど、川や、湖の朽ちた流木や、水草の雰囲気は、如何にも自然の象徴のようで、特に好きだった。 自分でもこんな写真を撮ってみたいものだなぁ、と少年の頃思った事があったが、時代はそれを簡単に実現させてくれた。

2005-08-16.jpg

なんの装備も無く、買ったままのデジカメで、水にドボン!シャッターを押すだけ。。。 そんな、訳で簡単に少年にの頃に、大人になったらやってみたい!と思った事を簡単に実現出来た。 ただ、写真の出来映えから言うと、カメラの微調整をすることで、更に良い物が出来ると思うが、まずは、この程度からでOK^^

アブの2500Cもそうだったけど、これからも少年の頃に大人になったらやってみたい! と思った事を一づつクリアーしていこう。 それが無いが故に、出場できなかった、アブ・ガルシア主催の少年少女ルアー釣り大会をいつも思い出す。

親父を連れて、当時立川の中部デパートにあった、中部フィッシングに行き、コノロンと、ミッチェル409を指差し、これを買って欲しいと、ねだった瞬間に、『バカヤロー!』この一言で玉砕だった。

20年以上経過して、中古ながらその両方を手に入れて、これまた10数年ぶりに、その会場だった、奥多摩フィッシングセンターでブレットンをキャストした瞬間、その嬉しさと、現代の道具とのクオリティーの落差に、涙がちょちょぎ出た(笑)
fly fishing | 2005/08/16(火) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
久しぶりの鹿留の川
とは言っても、パインレイクは結構な頻度で行ってる訳なんだが、本日も、朝一はパインで過ごした。 #16ドライで50cm程の虹が直ぐ釣れた。その後、#8MSCで数本を釣ったが、時間の経過と共にアタリも少なくなったが、それより、無風状態のこの暑さは、かなり厳しい! 友人と相談して、川に行く事にした。ゴアのウエーダーもあったので、今回はネイティブエリアで、チョイと本格的にやってみよう^^更に、完全防水のデジカメも購入した事だし川の水中撮影もやってみよう。 という事で、川エリアに向かった。

人の数はそこそこ居たが、流石に、管理釣り場でウェーダーを履いてウェーディングしてる人は皆無に近く、ネイテブエリアは我々しか居なかった。 それに、涼しくて何とも言えぬ気持ち良さだった。 こんなのもたまにはイイかな? 最近は高番手ばかりで、#2タックルはあまりの軽さ、手にした瞬間に戸惑いすら感じた。 しかし、これもたまにはイイものだ。

2005-08-15.jpg

rod thomas&thomas #2
reel billballan
fiy #16 mayfly

paine

rod K-bullte XD1068-4
reel loop 69
fiy #16 mayfly
fly fishing | 2005/08/15(月) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
真っ赤なフライ
2005-08-13.jpg

hook TMC7999 #4
tail  rabbit zonker M red
bady  crosscut zonker red
dry crystal clear
marabou red
thread danville's 3/0 BK
uni-thread W3/0red

先日、釧路の友人に、もしかしたら9月半場に虫類川に行くかもしれない旨を電話で話した。 すると、どうせなら知床でピンクの絨毯で釣りをしよう!と誘われた。 羅臼から渡船で知床半島の突端辺りまで行って、海カラフトマス。。。 昨日には、一人バイトの採用もあって、人員不足の問題も、取り敢えずは解消これで、行ける!^^

取り敢えず、在庫のマテリアルで真っ赤なフライを巻いてみた。 この瞬間が一番楽しかったりする訳なんだな^^ 取り敢えず、フックも小さめの物しかなかったので、スナッグレス重視でキールタイプで巻いてみた。 ゾンカーテープM3cm程を中央あたりでフックに刺し、クロスカットゾンカーをグルグルまいて、ドライクリスタルを数本巻いて、背側にマラブーを巻いて、最後に腹側をカットして、終わり。

簡単!
FISHING TACKLE | 2005/08/13(土) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
鮭釣のお誘い。
本日、友人から釣りのお誘いがあった。

以前から、都合が合えば、行かないっ?って、誘われていたのだが、都合は、あまり良くないのである・・・。 10月にはコモドの遠征も控えており、本業でも人員不足で困っている状態である。 その最中に、9月中旬より、北海道 虫類川にピンクと、チャムを狙いに行こう!とのお誘いである。最初のお誘いは断った。 しかし、その後もネットで情報等を検索してるうちに、どんどん気持ちは、揺らいでくる・・・。

2005-08-11.jpg

11月には、福島遠征を考えてるわけで、チャムはその時でも良いのだが、抽選に外れる場合もある。と、なると・・。やっぱ、行きたい・・・。 そんな訳で、本日、ウェブサイトから調査員の申し込みの手続きを済ませた・・。 かみさんにこの話をどうやって切り出すかが難関だ。

不安の中で、ひたすら赤いマテリアルの在庫を探している私だった。


fly fishing | 2005/08/11(木) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
黒猫
2004年3月に、我が家の黒猫が他界した。

それから約一年半・・・・。
我が家に新たな黒猫がやって来た。
1号が子供の頃の事が2号を見てると思い出される。

2005-08-06.jpg

逆子で難産の末に、やっと生まれたものの、体力は落ちていて、ダメかなと思わせたがその後は、すくすく育ってくれて、皆が怖がる程の大猫になった。しかし、内面はその容姿とは裏腹に、じつに穏やかで、マヌケな可愛い猫だった。 不細工な顔つきに、歩いていても地面に擦りそうな腹。。。 しかし、掃除機に対する攻撃は野生を感じさせた。

振り返れば思い出は尽きないが、今後、この2号が1号の様に、穏やかで、優しい仔に育ってくれることを願う。 今はまだ、既存の2匹が距離を置いているが、早く皆で仲良く、昔のように、3匹が折り重なるような、眠り姿を見たいものである。


CAT | 2005/08/06(土) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
外来生物法
以下、新聞記事から

日本固有の生態系に影響を与える生物の輸入や飼育を禁止する特定外来生物被害防止法(外来生物法)で、環境省は5日、42種類を規制対象の「特定外来生物」に2次指定する方針を決めた。年内にも閣議で正式決定する。オオクチバス(ブラックバスの一種)など既に37種類が特定外来生物に指定されており、これで計79種類となる。

2次指定について同省は6月9日、29種類にする方針を示していたが、この日までに分類を再整理し、新たな指定対象を加えて42種類とした。

追加された中には、中華料理の食材の「上海ガニ」(チュウゴクモクズガニ)がモクズガニ属として含まれた。上海ガニは生きたまま調理されることも多く、外食産業への影響も懸念される。同省は「外に逃げ出さない保管施設があるなど、在来種の生態系への影響がないことが確認されれば、輸入・飼育の許可を出す」と話している。

このほか、農薬を使わない稲の「アイガモ農法」で用いられる水草のうち外来種「アゾラ・クリスタータ」が指定された。

 一方、年間100万~200万匹が輸入される外来クワガタや外来カブトムシは「大量遺棄で、逆に生態系に悪影響がでる」として、指定を見送った。【江口一】

 ◇特定外来生物に2次指定されたのは以下の通り。

 【ほ乳類】シカ亜科、キタリス、タイリクモモンガ、マスクラット、ハリネズミ属、アメリカミンク

 【両生類】シロアゴガエル、コキーコヤスガエル、ウシガエル、キューバズツキガエル

 【魚類】カダヤシ、ケツギョ、コウライケツギョ、ストライプトバス、ホワイトバス、ヨーロピアンパーチ、パイクパーチ、ノーザンパイク、マスキーパイク

 【昆虫類】コカミアリ、アシナガキアリ、ツヤオオズアリ、テナガコガネ属

 【無せきつい動物】モクズガニ属、ザリガニ類2属と2種(アスタクス属、ウチダザリガニ、ラスティークレイフィッシュ、ケラクス属)、クワッガガイ、カワヒバリガイ属、カワホトトギスガイ、ヤマヒタチオビ、ニューギニアヤリガタリクウズムシ

 【植物】アゾラ・クリスタータ、アレチウリ、オオキンケイギク、オオハンゴンソウ、ナルトサワギク、オオフサモ、ボタンウキクサ、オオカワヂシャ、スパルティナ・アングリカ

一釣り人として、ブラックバスにおけるこの法案で結構前から、様々なシーンで嫌な思いをさせられた訳だが、今回のケラクス属の指定で、一アクアリストとしてもこの法律で涙する事となりそうだ。

どうにかならんものなのか・・・。(悲)
2005-08-05.jpg


AQUARIUM | 2005/08/05(金) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
久しぶりの長井でF.Fシイラ・ゲーム
サンスイのスタッフの勧めで、初めてFFでのシイラに行ってきた。

メンバーは、オイラの仲間4人と、サンスイスタッフ1名の合計5人船は青木丸 価格はサンスイの特別料金という事もあって、46,000円(チャム付き)これは、驚きの安値であった。 長井方面は昨年カツオも不調だった為、オイラが赴いたのは2年ぶり程かな? 取り敢えず、横須賀PAで3時半頃に皆と待ち合わせ、4時には漆山港に到着5時前に出船パヤオに向かう。

気温は高く、太陽が顔を出す前から、とてつもない蒸し暑さでたまらなかった。パヤオに到着すると、先行船が既に、ロッドをしならせたいた。 数名はFFでやっていた。 我々もすぐさまチャムを開始すると、70~100cm程のシイラが沸いてきて。 ここで、オイラが100cm程度の物を2本、友人が一本、更に友人がルアーで125cm(今回最大)をGet! 一旦場所を変え、タクミパヤオへ向かう。 途中に目立った浮き物もなく、タクミに着くが、ココには昨日からの超大型シイラが付いていたが、チャムには良い反応は見せるものの、ルアー・フライは完全に見切っている。しばらく続けるが、良い雰囲気ではなく、潮目、浮き物狙いに変更。

しかし、潮目、浮き物共に、全くと言って良いほど無い・・・。

また、パヤオに戻り、チャムを開始すると、直ぐにシイラは沸いてくる、しかし、活性は早朝と変わらないまでも、明らかに賢くなっている様子で、更に、喰わせるのが難しくなっる。ここで、オイラが一匹追加。再び、潮目を延々と走るが良い場所は無く、またパヤオに戻り、チャム・・・ すると、またシイラは、どどーっと沸いてくるが、今度は全く、フライには反応してくれない・・・。 個体を見極め、絶妙なタイミングでアプローチし、一瞬のリアクションでバイトを取らないとダメ。 結構、難しかったが、ミヨシで3バイト、2回はフッキングに至らず、一回は、完全に咥えて走った方向にロッドを向けて、完全にテンションが掛かったところで、完璧なアワセ。 その瞬間、50lbのショックが、ぶち切れた。キャストの際、ラインがエクステンションバットに巻いていた・・・・。

その後、数回のチャンスはあったものの、早朝とは、難易度の高さは明らかに異なり、そのまま、チャムを使い切って、帰港となった。 港に着いたのは、16時頃。 清算を済ませ、渋滞の懸念から早々に出発し、万葉に付いたのは17:30頃だった。

シイラのFFは初体験で、楽しい物だったが、状況次第では、飽きるほどのゲーム展開もある、しかし、今回の様に、喰わせるのが困難な場合、それなりのゲーム性もあって、考えなければならない事も多々あり、今後、しばらくは楽しめそうだ。キャスト性能を重視して考えていたが、この釣りに関しては、キャストの重要性を然程、重要視しなくても、良いようである。



では、何が一番大切か?・・・・タイミングか??? まぁ、フライを始め、システムと様々に、自分的には開拓の余地はたくさんあり、今後も楽しめそうだ^^ チャム使用、不使用でそのゲームの趣旨は大きく変わってくるが、FFの場合、チャムが無いと、かったるい・・かな?

 やはり、シイラは、そのキャスティング~ランティングまでのプロセスを楽しむと言う観点から考えると、ルアーゲームの方が、満足度が高いかなぁ?と感じた。 しかし、『あえて』F.Fでやるのは、それなりに面白い部分もある。 ルアーゲームに比較して、極端にバラシが少ないのも、やってみれば、なるほど・・。 と言う感じもあった。

だた、一般的には、#10クラスでやらないと楽しくない!という意見も耳にするが、オイラ的には、   んー かったるい。。。

2005-08-04.jpg

フライマンには、なりきれないオイラです。。涙

タックル

rod sage 1390-4 Xi2
reel tibor gulfstream
line billfish teper#15
sock 50lb
fly focksaiz gama#1/0 #2/0

(今回用意したものでも良いは良いがフックサイズはまだ大きくても良さそう、色はピンク径が良かったが、ブルー系への反応は悪かった。その殆どが、食性からのバイトでは無く、リアクションである事の裏付けか?フライにはやや、ボリュームがあった方が、アピールは高いが、その分、浮きやすくなり、ハイスピードのアクションに対応できない。ここの部分は、結構な課題である。)

ロッドについては、かなり、オーバーパワーという感もあったが、面倒なので、先月のセイルのまま、ショックのみを変えて使用した。ラインに付いても同様。 しかし、アベレージがメーター近い場合、手返しの部分で、このクラスのタックルでもいいかなぁ?という感じもあった。今回最大では125cmであったが、FFで考えると、それ相応に時間も掛かるし、そういった意味では、このタックルも有りかな?という所である。 他に、#10クラスをもう一本用意できればベストである。

更に、最終的にはカツオの”ハタキ”の様な展開になる事も必須で、その場合、#15のビルフィッシュテーパーは、使い易い。しかし、腕力と、スタミナと要相談という感じ。


Offshore fishing | 2005/08/04(木) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)