プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
METAL RED 134 水換え
約3週間(23日)ぶりの水換え。
pH6.3辺りまで降下していたが水換え後はpH6.85まで上昇した。
2006-05-31Metarred134


導入してから134日が経過し、まぁ、いい感じでは成長いてるようだが、どうなんでしょうかね?
取り敢えず、ここにきて体高や体の厚みという部分がしっかりして来た。一枚一枚の鱗の色具合や、輪郭もはっきりして来て、頬の赤味もかなり強くなってきた。餌喰いについては拒食等の問題も全く無さそうだが、未だに人工飼料には見向きもしない・・・。
これは過保護によるオイラの失敗だ(涙)

さて、一方ノーザンの方は全く問題なし。
しかし、これだけ人懐っこい魚も珍しい。常に餌を欲しがり、何でも喰う。
本日こちらも水換えを行ったが恐らく1ヶ月半ぶりくらいかなぁ?
2005-05-31Northen


スポンサーサイト
AQUARIUM | 2006/05/31(水) 14:01 | Trackback:(0) | Comments:(2)
屈斜路湖 阿寒湖 某ダム湖

5月24日 午前4時に自宅を出た。釧路の友人が仕事の用事で有楽町に滞在していたので一旦、迎えに行ってそのまま羽田に向かい7:55発の釧路行きJAL1141便に2人で乗った。 予定どおり釧路に到着した後、空港から数分の友人宅に向かい、早々にフローーターと、その他のタックルを準備し、とあるダム湖に向かった。到着するとやや、濁りは回復していたものの、前情報どうりのかなりのにごりであった。 可能性は極めて低いのは覚悟のうえで実釣を開始したが、はやり予想通りの結果であった。 通常におけるシーズン的な部分においても、若干早めだった上に、今年は2週間程、季節が遅れている。 更に、数日前に降った大雨による、かなりの濁りという部分で、これだけの悪条件が揃っていれば、この結果も素直に受け入れられよ・・・トホホ 2時間程で早々に諦め、それでも、取り敢えず魚を釣りたいよ・・・。というオイラの願いに友人が、仁々志別川に連れて行ってくれた。ここで、数十匹のウグイと、小型のアメマスを釣って本日の釣りを終えた。 その後、友人が予約していてくれてた釧路の山花温泉リフレという施設で一泊した。


     某ダム湖のキタキツネ 釧路 山花温泉リフレ
        どちゃ濁りの某ダム湖とキタキツネ         宿泊したリフレの部屋 5月25日


本来この日も、そのダム湖での釣りを予定していたが、前日の様子では・・・。という事で、急遽、屈斜路湖に変更した。1:30時出発の予定だったが、寝坊で2:30時に出発。 現地では、友人の更に友人が既に到着しており、3人での釣りが始まった。最初にインレットの部分に3人でウェーディングし、皆が数匹づつアメマスを釣ったところで反応が悪くなり、フローターを用意した。 その後はバコバコ状態で、15:00時頃でフィッシング・ストップ。用事の為、一旦釧路に戻り、その後阿寒湖のホテルエメラルドに到着したのは、19:30時頃だった。 温泉に入り、食事を済ませ、明日使用するストリマーが少々足りなかったので、焼酎を呑みながらタイイング。その後、1:00時頃、就寝した。


      IMG_4217.jpg 屈斜路湖とフローター
           既にエゾハルゼミが居たよ                 屈斜路湖

        屈斜路湖アメマス
                                                                           屈斜路湖のアメマス

5月26日 5:00時に渡舟でヤイタイ崎に入る。 開始直後から友人は良いペースで数を伸ばす。(マジ、流石である!) オイラも数引きを釣ってアタリが遠のき、用を足したくなった(大)事もあり、一旦ホテルに戻った。 用を足し、朝食を食べ、ストリーマーを再びいくつか巻いて、午後からまたヤイタイ崎に向かった。 開始してからしばらくはアタリもなく、退屈だったが、その後30分程、丘にあがりコーヒータイムを取り、再び実釣を開始すると、いわゆる地合という奴か、それまでとは全く違う雰囲気でバコバコ釣れた。 友人は、仕事の電話に忙しく、この地合は一人で十分に楽しませて頂いた(笑) 結果、16:00頃にそのピークを迎えたのだが、その時点で2人で50匹以上の釣果もあり、気分の良いところで終了という感じで、その後も釣れ続く雰囲気は十分だったが、後ろ髪を引かれる事もなく、早めのフィッシング・ストップ。けっこう満足な一日だった。 


                 2006-05-26阿寒湖ヤイタイ崎

晴天無風の阿寒湖 ヤイタイ崎 5月27日 昨晩友人とは別れ、今日は一人での釣り。前日良かったヤイタイ崎に下ろしてもらう。 他には、札幌から来ていた青年が一人で、2人での釣りとなった。 完全無風、鏡上のドッピーカン!昨日とは異なり、開始直後から全くアタリが無い・・・・ かなりの時間が経過してから、やっと1匹目が釣れたが、25cm程度の豆サイズ。 その後もアタリは続かず、ポツポツという感じで、3匹目を釣ったところで、その青年に場所を譲って、シャロー側に行き、50cm程のアメマスの写真を撮りに行った。 その後、その青年にも初のヒットがあり、その辺りから強め向かい風が吹き始めシングルの#5の彼は、少々しんどそうだった。


2006-05-27ヤイタイ崎のアメマス2

今回の釣行の最後のアメマス。金色が美しい個体だった。 その後、オイラは1匹を追加して、都合4匹で迎えの時間の11:00時となり、この度の全ての釣りを終了した。チックアウト・タイムを少々ずらして頂いてたので、ゆっくりと帰りの支度をして、お土産の準備、温泉に入ってから空港に送って頂いた。 この度も友人のおかげで楽しい釣行が出来た。マジ感謝!『持つべき物は友である』  だた、いつもしてもらうだけで何も返せない・・・。 まだ、青い空の余韻が抜けず、鉛色の関東の空の下で何か恩返を・・・。と、考えてる帰宅2日目だ。 詳細はこちら→ http://coolman.jp 


fly fishing | 2006/05/28(日) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
さて、そろそろ出かけるかな。
只今3:00 そろそろ出発なんだが、全く寝ないでの出発だ・・・。

昨日、釧路の友人と連絡を取ったが、その後も雨は降っていたようで、ダムの方は、ほぼ無理そうな感じだ。残念。 まぁ、取り敢えず現場には行ってみて、そんで状況次第ってとこだな。 2週間以上前から咳がでてるのだが、当初、風邪だと思ってヤバイなぁ・・なんて思ってたけど、まぁ、2週間もあれば直るだろうなんて思ってたが、まだ引きずっている。 これって風邪なのかなぁ?

なんか、少々不安だ。 さて、行くか。

fly fishing | 2006/05/24(水) 18:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)
0605遠征の準備
今回はとあるダム湖と、阿寒湖でのストリーマーの釣りがメインで条件が揃っていればフローティング・ワカサギのパターンもやってみたいが、現地からの情報では少々季節も遅れ気味にズレているようなので今回は少々厳しいかも・・・。

更に、数日前に大雨が降ったらしく、そのダム湖はドチャ濁りのコーヒー牛乳状態らしい・・・。実釣日は24日、25日なんだがそれまでに水が回復してくれれば良いのだが、最悪の場合は、そのダム湖は今回は諦めて、屈斜路湖に変更する可能性もあるかな?と、友人から報告があった。

まぁ、いずれにしても初めての場所なんでオイラにとってはどっちに転んでも、ワクワクなのは変わりない^^

さて、そんな訳で最終的に準備したタックルは。

K-BULLET XD1064 #8
LOOP EVOTEC LW 47
SHOOTING #9 TIPEⅢorTYPEⅡ+AERRO SHOOTER20lb
リーダーはフロロ1X 9ft
フローターより、大型を狙う

K-BULLET SD1504 #10
LOOP EVOTEC LW 69
SHOOTING #10 TYPEⅡorTYPEⅣ+AERRO SHOOTER20lb
リーダーはフロロ3X 12ft
ウェーディングにて使用

ワカサギパターンは、K-BULLET XD1064 #8で、ヘッドをフローティングに替え、リダーはナイロン。 後は、装備的なものだが、最新鋭下着のセットに、ジャージを履いてその上にネオプレーン、上はトレーナー、フリース、ゴアレイン。この程度で、フローターで何分くらい浮いてられるのだろう?

fly fishing | 2006/05/22(月) 18:29 | Trackback:(0) | Comments:(0)
真夏日
昨夜から友人宅の近所で明け方まで飲んでいて、昼前にそのクソ暑い寝苦しさに目を覚ますと、外は真夏日。

二日酔いで迎える晴天の行楽日和は非常に損をした気分になる。更に、この日は他の仲間たちが茅ヶ崎でBBQなのよ・・。あぁ・・・。選択を誤ったか? 二日酔いで、灼熱の太陽の下で頭ガンガン。情けない・・・。

しかし、6月も迫ってくると、そろそろカツオ、そんでシイラとオフショアも気になり、黒潮の状況もチェックし始める頃だが、この様な暑さになると、昔、野池のトップゲームで遊んだライギョを思い出す。 ある意味、バスより身近な存在だった頃もあった。 で、実は、我が家にも飼育して半年近くになるライギョもいるのよ。

20060522141528.jpg
殆ど、流木の陰にかくれていて、滅多に見る事はできないのだが、このところ飼育水温の上昇もあってか、時々でてくるんだよね。そんで、チャンスと慌てて写真撮ったんだけど、急いでやったのでブレちゃったよ。 目が凄く小さいからか、無表情なんだよね。そんで、臆病。

日本でも、この魚は現在減少しつつあるんだよね。


AQUARIUM | 2006/05/21(日) 18:33 | Trackback:(0) | Comments:(0)
優れもの。『瞬間ボディーコート』

コレは優れものです。 ハイスピード・ハーダニングという物と併用すれば、あっという間にソルト系フライのヘッド作りが出来ちゃいます。そんで、こんなフライにも目を付ける時も簡単に隙間が埋められて、楽しくて、ついつい何でも目を付けたくなっちゃいます(笑)

20060520165543.jpg20060520171041.jpg

最近ではコレが、チョッとオイラのマイブームかな?さて、もう少しで北海道だけど、天気は良さそうだ^^ しかし、今日も釧路の最低温度は2℃だって。こちらは28℃ ビーの水槽の水温もチョッと心配になるほど暑かった。今回の為にこ巻いていた物が、ややフックの強度に問題がありそうなんだよね。 さて、もう一分張り巻いちゃおう。

20060520165542.jpg



FISHING TACKLE | 2006/05/20(土) 18:38 | Trackback:(0) | Comments:(0)
退屈なんです。
目の存在って、人間が感じるのと同じ尺度で魚も感じるのかな?

何でもないMSCなんだけど、目を付けたらこんなに可愛くなるんだよね。

目玉MSC
で、これって、釣果に反映するのか?しないのか?
けど、こんな楽しさって、ある意味いちばん重要だったりするかもしれないって思ったりするんだよね・・・。

だって、何でわざわざ毛ばりで釣ってるのよ・・・。

ロイヤルコーチマンみたいな虫って見た事ある人いますか?


FISHING TACKLE | 2006/05/19(金) 18:44 | Trackback:(0) | Comments:(0)
雨降りの中、パインレイク
前回は2月23日に行って、約3ヶ月ぶりに行ってきた。このところ釣りといえば、直近でメバル&カサゴ(餌釣り)、パラオでGT、F.Fではシーバスかばりで、この手の釣りをやってなかった。今月後半に北海道に釣行する事もあって、少々肩慣らしのつもりで赴いたのだが、前日に見た最後の天気予報では午前中一杯は天気は持ちそうな予報であった。

4時に起きて、支度をして家を出て途中いつものラーメン屋で軽く腹ごしらえして、時間調整をして6:00ジャストに都留インターをアウト。これで、行きの分は高速代が半額になった。そんな訳で、実釣開始は6:30頃になってしまったが、小雨交じりの天気で他の客も少なかった。 次回使用予定のXD#8にFラインでオーバーヘッドで中央の立ち木の間にキャスト。 しばらくするとブラウンが釣れた。久し振りのタックルに慣れるのには少々時間を要したが、掌にはしっかりとまた、マメができてしまったよ(笑)

8:00頃には雨足も結構なもので、ジャンパーは持っていったが、カッパまでは持って行ってなかった。結構ずぶ濡れ状態になってしまって、12:00にはストップフィッシング。 今日は客も少なかったけど、8割の人はツーハンドでスペイだったな。やっぱ、流行ってるんだな。 途中、何処にも寄り道をせず、相模湖インターで降りて14:00時前に地元に帰ってきた。

いつもの健康ランドに直行して冷えた身体をサウナで温め、その後、ウーロンハイを明るいうちから飲み始め、17:00頃には仮眠室で寝ちまった。
そんで、22:00頃施設を出て、只今仕事中・・・・。
そう、本日は夜勤である。
眠いよ。

でも、チョッと自由になる時間があると、行きたくなっちゃうんだよね・・・。

fly fishing | 2006/05/13(土) 03:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)
このところ、タイイングの日々
20060513233201.jpg
HOOK:TMC760TC #6

次回の釣行で使用するフライ。ロケーションはダム湖でシューティングヘッド+ストリーマーの釣り。友人にどんなパターンが良いの?と、尋ねたところ、ウーリーバガーとか、ゾンカーとかだね。という訳でこんなのを巻いてみた^^個人的にはこのパターンはあまり使わないんだよね、単純にMSCでカバーできちゃうからかなぁ・・・。

20060513233200.jpg
HOOK:GAMA S11S-4L F-36

こいつは、ゾンカーテープを剃刀でスライスして極限まで薄くして作ってみた。で、効果があるか否かは、『・・・。』でも、アクションは凄く柔らかくなるよな。

20060513233157.jpg
HOOK:TMC101 #8のアイから数ミリのところでシャンクを少々曲げた物。

単にMSCの毛足を長めにした物に、マラブーで長めのテールと、同マラブーをヘッドにも少々付けただけのフライ。キール・タイプにする事で、いくらかは根掛かり対策にはなってるだろう

HOOK:TMC760SP #8

単純に大きめ、長めのMSC 何の芸もないフライだけど、タイイングは簡単、そこそこ釣れるし、オイラの時代のバスフィッシングでいうと、スライダー的な存在かな(笑


FISHING TACKLE | 2006/05/12(金) 03:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ワカサギフライ
20060513233158.jpg
阿寒湖用に作ってみたけど、なかなか上手く出来ない物だよ・・・
完成品は1,000円程で売られてるが、自分で作ってみると、その価格が如何なる物か?は、
容易に判断できるな。ある意味、1,000円安いよ。

FISHING TACKLE | 2006/05/11(木) 03:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)
先日の羽田メバル&カサゴ
先日(5月4日)に言ってきた羽田の釣りなんだけど、カメラをずーっと車の中に置きっ放しで今日、自宅に持ち帰ったので取り敢えずUPってとこだな。

20060511143758.jpg
この橋もシーバスのナイトゲームでは良
く見てる物なんだけど、こうやって下から
昼間に見る機会は少なかったなぁ。

20060511143803.jpg
そんで、カサゴ。ゴジラに似てるよね。

20060511143801.jpg
で、メバル。 もう少し大きければ煮付けでGood!

20060511143800.jpg
生涯初Get!のシコイワシ。餌のエビをしっ
かり喰って、口にフッキングしてたよ。
シイラ釣りなんかでは、良くスレで掛かったけど、喰わせて取ったのは初めてだ(笑)

風が強く凄く寒かったけど、日差しや海岸の雰囲気は既に春も終盤、初夏の匂いも漂っていた。


その他のFISHING | 2006/05/10(水) 03:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)
立川
今日はある方のお誘いで立川駅そばの鉄板焼きに行ってきた。ここの店には同じ釣り仲間の肉の卸をやってる友人が肉を下ろしている店なんだが、価格は安く激ウマです。ツマミになる牛ホルモンの塩焼きや、生牡蠣、焼酎も一升瓶でキープ。更にステーキは国産良質牛のロース。これは、マジで美味い。一枚3,500円で、250g程度だと思うが、塩コショウで軽く焼いた感じ。今回はご馳走になった身の上、遠慮がちに数切れ頂いただけだが、その気になれば4枚は喰えそうだったなぁ。

久し振りに美味い肉食ったな。

立川はその昔、良く遊んだ場所だけど、ここ10数年は通り過ぎる程度。久し振りにゆっくりと町並みを見る機会だった。過去にはバイトしていた居酒屋が既になくなっていて駐車場になっていたり、面影はあるものの、ここ10年くらいでえらく変わったものだなぁ。

我が物顔で遊んでいたあの頃の町はなんかやけに都会帯び、オイラを全くの他人様として迎えた雰囲気に、時の流れを感ずると共に淋しい感じだった。

松屋、吉野家といった24Hで飯が喰える店がまだ無かったあの頃、仕事を明け方の5時に終えてから、唯一飯らしい物を食わせてもらえる老夫婦の営むおでんやがあった。基本的には深夜~明け方まで営業していた飲み屋系の従業員たちが、仕事を終えてから一杯やりに来る店だったが、当時オイラもそんな感じの生活をしていた時期もあり、金銭的にもあまり余裕の無い状況のなか、仲間と3人でビール1本。あとは、メニューにない料理を親父さんが適当に作ってくれて、いつも一人700円くらいでコップ一杯のビールと飯を食わせてもらったな。

店は当時のままその場所に今もあった。

しかし、長く営業はしてない感じは、その雰囲気で感じ取れた。もし、元気だったら既に80歳は越えてるだろう。その昔、満州からやって来てこの地に開業したと言っていた。その夫婦には子供も無く、当時の客層としては極端に若かったオイラたちを可愛がってくれたのも、そんな背景があっての事だろう。
店のご飯が残った時は、『起きてから食べな』と言って、おにぎりを持たせてくれた事も多々あったな

店の前を通り過ぎながら、なんとも言えない淋しさが更に増した。


未分類 | 2006/05/09(火) 03:37 | Trackback:(0) | Comments:(0)
メタル・レッド111
かなり久しぶりのメタル・レッドの記事だな。

って言うか、ここに来て奴もかなり落ち着き、そんなに変化も無く、書くこともないんだよね。相変わらず、グルメな奴でウキガエル、ミルワーム、コオロギのローテーションで、気まぐれに人工飼料を与えるも、相変わらず数秒で『ペッ!』である。大きさにして35cm~40cmのあいだくらいにまでなったかな?色的には全体的に赤味は強くなってきた。上から2番目の鱗にも、いい感じの輝きが出てきてる。

環境も然程変化は無いが、ここで電気代の部分も考えて以前までは31.0℃の水温設定を29.0℃まで少々下げた。pHは、前回の水換えから2週間程経過してそろそろ換えるタイミングなのだが、今日時点で7.00~6.70といったところ。

まぁ、いい感じなのでは。
20060508190434.jpg
そだ、先日我が家で今シーズン?初のゴキブリ登場!かみさんもオイラも大嫌いでホント大騒ぎになっちゃうんだけど、いつもはゴキジェット1本使い切る勢いでぶっ殺す訳だが、今回は、ほうきとピンセットで生け捕りにトライ! それはもう大変で3匹の猫も参加しての我が家では久しぶりのビックイベントとなった。

最終的にはキッチンの奥の方に逃げてしまい、仕方なくゴキジェットを少量噴射・・・しばらくすると、ヨタヨタと出てきたゴキさんを我が家のミーが発見!彼女のおもちゃになる前に、すかさずピンセットで掴み、メタルのタンクに入れようと思ったけど、ゴキジェットの不安も少々あったので、ノーザンのタンクに入れてみた。

凄い喰いっぷりだった事は言うまでもないが、その後1週間以上は経過してるが個体に問題は無し。でも、水換えの際にそこに手を入れるというか、その水を触るのが嫌だなぁ・・。 実は昨夜、飲みに行ってそのまま車の中で寝てしまい、夜明けに起きて帰宅したんだけど、ヤバイよ、喉が痛い・・・。咳も少々。ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ。



AQUARIUM | 2006/05/08(月) 03:35 | Trackback:(0) | Comments:(0)
GWも終わった。
さて、今年のGWはほぼ、何もなかった。

昨年や、一昨年は皆で集まって管釣りBBQが恒例だったが、今回は羽田にメバル&カサゴを釣りに行ったくらいだったな。天気は良かったけど、仕事もタイミング悪く夜勤のシフトが入ってたり、先日のいきなりのパラオ遠征で懐具合も良くなかったし、今月後半には北海道の遠征も控えてるので、あまり動けなかったというのが本音だな。
その分、安い店に飲みに行く機会は多かった。
あとは、勢いでチョいと気が早いがモンカゲパターンを結構作った。

昨年良かったコーンボディーと、今回はフィッシングショーで実演を見てきたホローボディータイプを作ってみたよ。

20060508230510.jpg
コーンボディータイプは、タイイング自体は凄く簡単。ウイングや、ボディーのそれぞれのパーツを一度に量産もし易く、コツを覚えればかなり楽チン。実釣面においては、かなり優れものでその浮力は凄い、魔法の粉や、ドライシェイクスプレーを使用すれば更に凄い。それと、このタイプは凄く丈夫で一匹釣った後でも型崩れは少なく、水分を取ればそのまま直ぐ使える。よほどでない限り、3匹連続はまずOKだろう

20060508230515.jpg
一方、ホローボディーは、ややタイイングが面倒。島崎ドライウイングもリアルであるが、扱いは面倒で、スルーウィングと比べるとかなりの差がある。価格的にもやや高いかな?ただ、バーナー等が必要ないので単体で考えるとそうでもないのかな?

ボディーの製作は工程が多いのでコーンボディーに比較すると量産は大変。ただ、乾燥時間は要らないので各パーツの段取りを考えないで一つだけ巻くという場合はこっちの方が手軽である。製作時に両面テープを使い、そこにダビング財を付けるわけだが、粘着性を完全に取る為にドライシェイクを使えば、その浮力の維持にはとても貢献しそうである。

問題は、強度で指でチョッとでも摘むと直ぐに潰れてしまう。コーンボディーはその素材の部分でどんなに曲がっても、摘んでも直ぐに自力で復元してくれるが、こちらは復元しない。

リアルさというより、フライらしさではホローボディーに分がある感だが、実用面で考えるとどうなんだろう?まだ、ホローボディータイプは水に浮かべたことがないので、近いうちに管釣にいって、この2つを比較してみよう^^

こんなのも、他の釣りには無い、F.Fならではの楽しみだな。




FISHING TACKLE | 2006/05/07(日) 03:29 | Trackback:(0) | Comments:(0)
待ちどうしい阿寒湖
取り敢えず、する事もなくチョイと気が早いが阿寒湖の準備。
ワカサギも作らなきゃならんが、取り敢えずモンカゲから

20060506162843.jpg
このパターンはホント優れもの。実践型フライとでも言うか、
使えば解るその凄さって感じ。道具ってこうじゃなきゃ!の見本だな。
下手なリアルさより、道具としての本質が重要だよな。

20060506162842.jpg
リアルさだってかなりのもんだ!
昨年はコレで凄く良い思いをしたけど、今年も楽しみだな。

http://coolman.jp/2005-06-22-akanko-sikaribetuko-2day-akanko.html

FISHING TACKLE | 2006/05/05(金) 03:24 | Trackback:(0) | Comments:(0)
という訳で、メバル釣り
夜勤明けで、勤務終了後そのまま友人宅に向かった。この時点で最後の睡眠からほぼ22時間程は経過していたが、天気もよさそうで、ポカポカ陽気の元、海の上でビールでも飲んで、チョッと釣りをして、眠たくなったら寝ればイイや^^なんて思ってたが・・・

実際に現場に付くと太陽は出てなく、曇り、風は強い、冷たい、寒い・・・。

装備は、Tシャツにビーチサンダル。取り敢えず、もしものために持っていったジャンパーに救われた一日だった。時折、太陽は顔を出す物の、その風の冷たさと強さに、暖かさを感じる事など全く無く、ビールなんて進まないというか、むしろ、罰ゲームのようだったよ。 釣果にはその寒さは全く関係なく、メバルをはじめ、予想外にカサゴが好調で、良いサイズのカサゴが7割以上だったな。エビを使った餌釣りだったけど、10m程のボトム付近でシコイワシが喰ってきたのには驚いた。ちゃんと口に掛かってシコイワシを釣ったのは多分、始めてだよ。写真も撮ったんだけど、カメラを車に忘れてきちゃったので、後ほどUP。

んで、まだカメラは車の中なんだけど、自宅で捌いて他のカメラでパチリ!

20060506160254.jpg
ホント、この魚は捌くと、かならず指に怪我ができるよね。
外で喰うとべらぼうに高いけど、食材の値段もそうだけど、
このあたりも価格に反映してそうだよな。

20060506160253.jpg
我が家の猫も興味深深

20060506160256.jpg
さて、カラッと揚がりました^^

文句無しに美味いです。ひれや、骨せんべいは、よーく味わうとかっぱえびせんの味?に似てる^^ これは、自宅に帰ってからかみさんに喰われるために作ったんだけど、オイラは帰りに寄った小料理家でさんざん食ったので、もう要らないって感じ・・・。

でも、美味い!って言って喜んでくれれば、日頃、単独で遊びに行って後ろめたい気持ちも、いくらかは緩和される思いだな。 さて、明日はメバルの煮付け。


その他のFISHING | 2006/05/04(木) 03:17 | Trackback:(0) | Comments:(0)
タイミング悪し
今日も特にする事はなく、これから夜勤の事を考えればなおさらだ・・・。

自宅で出来る事を・・・そんな訳で、阿寒湖遠征の段取りを行った。まず一つの予定は5月23日からは一人で、もう一回は6月21日友人と3人。取り敢えず、エアー、レンタカー、ホテル、チャーター船、全て一発OK!  後は、のっぴきならない用事さえできなければってとこだな。

それと、4日の夜から友人とシーバスF.Fでも行こうかな?と思ってアルテミスの船長に電話したら『今、DAY GAMEが凄いよ!明日来れない?』とのこと。何でも、時間帯では360°トップでボコボコらしい・・・。普段からも釣果報告では慎重な船長も、今回だけは、100%OK!みたいな感じで、オイラもこれは!と、早速友人に連絡を取るが、こんな時に限って上手く行かないものなのよね・・・(苦笑)

取り敢えず、断念との運びになったが、今後も7日までは予約が入ってるようで、その後の8日以降までその状況が続いていればなぁ。という感じだが、極めて厳しいかな? その他の友人は今日は、彼の毎年恒例の挨拶代わりの山中湖BASS fishingと、そのまま鹿留宿泊での管釣遊びに出かけている。バスの釣果を聞くためにさっき電話したら、なんと、『今、ドーム船でワカサギ中ーーー』

アララ・・・なんで? 何でも、朝の冷え込みの厳しさに目の前にドーム船の誘惑に負けたらしい(笑)取り敢えず、昼寝もしながら100匹以上は釣れたらしいが、これから鹿留のホテルに向かい、明日は朝からF.Fとの事。 『ハマグリその他でBBQの用意もあるから明日来る?』と聞かれて、まぁ、行きたいのは山々なんだが、これから夜勤で明日の朝6:00時迄仕事。その後、サクッと出発しても、このGW真っ只中の中央道は既に渋滞は必須だろう・・・。更に、夜勤明けで一睡もしないで釣りを終えた後に、またクソ渋滞の中央道を帰ってくると思うと、ゾッとする・・。

そんな訳で、このお誘いも断念!

そんで、他の友人に電話したら、明日は羽田方面で、エビメバルに行くよ~との事。 こちらの友人は酒豪揃いで、3人で行けば船上でビールは1ケースを消化するほどだ。明日も天気は良さそうだし、チビラークにロッドを預けてポカポカ・ユラユラ・ゴクゴクもイイかなぁ?友人の車で便乗させてもらえば行きも帰りも爆睡OK! 帰ってからは、皆の馴染みの小料理屋でメバルの煮付け、多分釣れるであろう外道のカサゴのから揚げ、トラギスのから揚げで生ビール!その後、地元の健康ランドで現在山中湖に居る友人と合流してもう一杯!

なかなかイイ感じだなぁ・・・。

そうすっかな。

しかし、メバル(餌釣り)タックルって何処にしまった?

その他のFISHING | 2006/05/03(水) 03:13 | Trackback:(0) | Comments:(0)
暇です
GWだというのに何も予定が無い。取り敢えず本日は夜勤明け、午後から起きて特にやることも無い。そんで、猫と遊んでた。写真を撮ってみた。
20060503001348.jpg
-----------------------------いい感じの、すまし顔----------------------------


20060503001350.jpg
-------------------------------遠くを見つめる目------------------------------


20060503001351.jpg
-----------------------------ウギャァーーーって顔----------------------------


20060503001353.jpg
------------------------『聞いてないよぉー』(上島竜平風)-----------------------



退屈なGWだ・・・。

CAT | 2006/05/02(火) 02:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)
もう5月か・・・
退屈で長い一日は沢山あったにも関わらず、今年も既に5月。世間はゴールデンウィーク、今年は過去最高の海外旅行者数との話だな、世界中で沢山の魚がいぢめられるんだな(笑)

友人たちも個々に、家族等のインザイド的な仲間とのお出かけが忙しいようで、オイラは連休中はほぼ仕事。チョィと手軽な管釣くらいしか無理なわけよ・・・。んで、めんどくさいから止めようって思っても、こうも天気がイイと・・・。

そんで、適当なロッドを探して王禅寺でも行こうかな?と思ったら、SAGE SP9603#5のティップセクションが無い・・・。考えられるのは、先日、早戸川にBBQに行った際に、忘れてきた?凹むよな・・・。

友人とも、相談してそろそろ阿寒湖の準備に取り掛かろうというところだが、今回は今月後半と、6月中旬あたりで2回行こうと考えてるのだが、いかんせん仕事の都合次第。しかし、ギリギリでエアー取れなければ終わりだし、事前に予約しておいて最悪はキャンセルって形になるのかな?まぁ、それもそれも仕方ないな・・・。

そんで、釧路の友人が、今回は楽しい釣りをさせてあげるよ!という事でオイラも期待してるんだけど、何でも、話を聞いていたら現場についたら、まずクラクションを鳴らしっぱなしにして獣をおっぱらう・・・さっさと支度して水上に浮かんでしまえば、熊も水の中までは来ないよ。だから安全・・・。

一体、どんなところで、どんな釣りをさせて頂けるのでしょう?(笑)

未分類 | 2006/05/01(月) 02:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)