プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
限界には程遠い今の俺
昨日の釣りを終え、そのまま帰り道にある東名厚木インター近くにある相模健康センターに入ったのは16:00時頃だったか?その後、風呂に入りサウナで日焼け後が少々辛かったが、あの天気でこれだけでも日に焼けたのが以外だったよ。オイラはここのところパラオや、北海道と定期的に日焼けする環境にあったので、然程辛くなかったが、友人は顔の日焼けはけっこう辛そうだった。

その後は、お座敷の食事処で生ビールと中華料理で18:00時前にはかなり良い気分だった。でもココの中華はけっこう美味かったよ、特に、鶏肉の辛子炒めと、細切り肉とピーマン炒めがGood!だった♪

何時の頃からかかなぁ?釣りの帰りにお風呂がお約束になったのは・・・。現在だってそんなにゆとりのある生活を送ってる訳ではないが、昔だったら、その風呂代金でもう一回分の釣行の資金になるから我慢しようってなもんだったよな。

一人でアルミ積んで暗くなるまでアシ際叩いて、特に平日は人も少なく家を出てから帰るまで誰とも会話してない・・・。なんて事も少なくなかったし、釣りの帰りにどっかで風呂に入ってから帰るなんて考えもしなかったよな、あの頃は・・・。でも、仕事との両立と言う部分で、体力も釣りに対する熱意も今よりは熱かった事は確かだな。 何はともあれ、仕事も釣りもギリギリまでやっても身体が文句を言わなかったよな。

それが、何時の頃からか釣りの前の日は少しでも寝ないと、午前中の半ばを過ぎた頃にアタリが無くなると睡魔に勝てなくなった。 そんで、夕方まで釣りをしてそのまま帰宅する高速のパーキングで、取り敢えず休憩をしない事には自らの命に危険を感じたよ。 でもコレが不思議な物で頬を叩きながらなんとかパーキングにまで辿り着き、シートを倒して目を閉じると・・・コレが寝れないんだよ・・・なんか、目が冴えちゃうのよ。

んで、また出発。 15分もするとまた、激しく瞼が重たくなってくる。こんな事を繰り返して、通常なら2時間半くらいの道のりを4時間以上かけて帰るような事を繰り返していた頃、近くの健康ランドみたいな施設で仮眠してから帰る事を覚えちゃったのよ。風呂に入ってサッパリして一杯のんで少々仮眠してから車の少ない夜中に短時間のドライブで帰る。こうする事で、次の日の身体の疲れの残り具合がかなり低減したよ。

でも、それに何人かの仲間が便乗するようになって、釣りを終えてからの風呂に入ってその後の一杯が、宴会になってきちゃった頃、釣りが楽しいのか、コレが楽しいのか・・・? まぁ、どっちでもイイや、楽しければ^^になっちゃったのかな?

何をするにしても、それに一生懸命だった頃が懐かしい・・・。

まだ移動手段が自転車だった頃、夜明け前にルアーを投げたくて自転車で3時間以上かけて相模湖に行った頃や、波乗りを始めて間もない頃は、人の少ない明け方の波で練習する為に、前の日の最終電車で鵠沼まで行き、彼女の手作りのボードケースに包まって浜で寝たりしたよな・・・。

その時に出来る限界でやってたんだよな・・・。

今より楽しかったよ・・・。

健康ランドを夜中に出て職場に直行し、溜まっていた仕事を済ませて自宅に帰るために職場を出たのは朝の6:00時を廻っていた。
クタクタになって、釣り道具を持って自宅まで歩いてると、これから出勤の近所の方に嫌味交じりで『これから釣りですか^^イイですねぇ~』と、声をかけられた・・・

めんどくさいので、『ええ、行ってきます』と答えた。
スポンサーサイト



独り言 | 2006/06/15(木) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(2)