プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
アフリカンランプアイ
20061031091752.jpg
アフリカンランプアイ 学名Aplocheilichthys normani

ピントがイマイチ合ってないのだが、むしろその方がこの魚の特徴を引き出しているようなので、
あえてこちらをUPしたが・・・

続きを読む
スポンサーサイト
AQUARIUM | 2006/10/31(火) 09:45 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ライギョ
IMG_6089.jpg

水槽の設置場所もやや暗めのところな上に、日頃から照明は殆ど付けないので・・・

続きを読む
AQUARIUM | 2006/10/30(月) 00:22 | Trackback:(0) | Comments:(4)
招き猫
20060204170224_img1_65.jpg
IMG_6057.jpg

所謂『招き猫』という置物のポーズを我が猫にさせて撮影したかったのだが、なかなか上手く行かない・・・。
両手の位置はほぼ合格なんだが、目線がこっちに欲しい。

難しい・・・。

CAT | 2006/10/29(日) 00:50 | Trackback:(0) | Comments:(8)
明日は釣行なんだが・・・
IMG_6026.jpg
取り敢えず、先日のバコバコ具合を考えてこんなに巻いたのに、明日は波浪注意報・・・。

ついてない。
続きを読む
fly fishing | 2006/10/24(火) 20:03 | Trackback:(0) | Comments:(1)
METAL RED 260
20061024080641.jpg
20061024081458.jpg

鱗の縁の綺麗な赤とぼんやりしたピンクが気に入ってるのだが、テクニック不足と言うか、
経験不足と言うか、まだ上手く表現できない・・・。

さて、それとは別にコイツ、最近はまた偏食気味である。
ワームさえ口にせず、コオロギしか喰ってくれない。
そんな折、先日友人と会った際に友人が購入してきてくれたコオロギなんだが、
そのクオリティーがとても良く、サイズも大きくて状態も良く、とにかく最高の餌なわけだ。

だが、そのせいもあるのか、とにかく良く鳴く。

あまりに煩く、ベランダに出したのだが、近隣から苦情がきそうな勢いだ。

秋の夜長の虫の声・・・そんな風情は微塵も無い・・・。

残り約50匹、あと数日の我慢だ。

AQUARIUM | 2006/10/24(火) 07:58 | Trackback:(0) | Comments:(2)
サーフェース・ミノー
IMG_5894.jpg

その後、次回の釣行のために少々自分なりに進化させてみた。

現時点での状況では、バイト誘発のキーは何か?とか、そういった事を全く考えなくてもロケーションの都合で爆釣必須!という条件が揃っている。そんな訳で今回使用するフライに求められる事は、効率よくゲームを進める上での強度であり、キャッチした後に直ぐにそのまま使えるか?という部分である。前回の物は、一尾掛けるとフックがグラグラになり、本来真下に向いているはずのフックが真横になってしまっていて、バイトがあっても乗らなかったりと、常にフックを元の位置に戻しながらのキャスティング・・・。これは効率が悪く、最終的には交換という事になり、この場合最悪一匹につき、1個必要となってくる。
半日で3~4匹のキャッチ数という事であればそれでも良いのだが、前回の感じでは、フッキングさえ上手に行えれば半日で数十匹はキャッチできる状況であり、それを考えると用意しなければならないフライの数も相当な数になるので、今回は、強度という部分を重視して考えて見た。

使用した材料は前回の物と全く同じだが異なる点は、エポキシで完全にコーティングしてみた。これにより強度は格段に上がったが、見た感じと触った感触はフライではなく、完全にルアー状態・・・。
しかし、ウエイト的には極めて軽く、コレをルアータックルでキャストするには管釣り用の繊細なタックルを使用したとしても体育館の中ならまだしも、海上では確実に不可能であり、コレを正確、確実にキャストするにはフライタックル以外あり得ない。

と言うわけで、コレはフライである(少々強引か?)

ただ、前回のものよりウェイトはあり、完全な密封コーティングでもないので、吸水性は残っており、浮力の低下は必須である。これがウィークポイントにならなけれな良いのだが。

fly fishing | 2006/10/20(金) 09:05 | Trackback:(0) | Comments:(0)
イワイミノー&マジックミノー
IMG_5799.jpg
ムーミンに出てきたニョロニョロみたい(笑)

このところ東京湾でのシーバスが絶好調のようで、特にFFによるデイゲームが好調のようである。
過去にデイゲームは一回経験があるのだが、typeⅤを使用しても数分近くカウントダウンして・・・・という、かなりシンドイ釣りだった。
それが最近はベイトの絡みもあるが、デイゲームでトップが中心のゲームが可能。というより、トップが基本という感じのゲーム展開で遊べるらしい。そんで、使用するパターンはイワイ&マジックミノーというのが有効らしいのだが、既製品は一本あたり500円くらいで入手できるのだが、取り敢えず作ってみた。フォームとマイラーチューブはオリジナルに使用されてる物と同様の物を使用した。フックについては、フッキングを向上させるために出来るだけワイドゲイプの物を使用したかったのだが、浮力の低下を少しでも防ぐために強度よりも軽さを重視した。(TMC-8089 #6使用)
全体的なシルエットはオリジナルに比べてそうとう大きくなったが、大丈夫かな?
色については、トップの釣りの場合あまり大きくは影響しないだろうと言う事で何もしないでフォームとチューブのその色のままである。

このゲームに求められる事は、

①浮力は重要で水中にフライが入ってしまうとバイト率が低下する。
②常に浮いていて、スローリトリーブにおいての引き波が重要。
③フッキング率が悪く、そのためにフライ自体への工夫が必要。
④使用時にボディーがずり下がらないための工夫が必要。

果たして今回巻いたこのフライはそれらをクリアーできてるか?

結果は再来週!

fly fishing | 2006/10/16(月) 00:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)
明日のオフショア中止
IMG_5798.jpg
先日サンスイで買ってきたエンジェルヘアーで、小粒で目立つというコンセプトで明日のために作ったのだが、取り敢えず出番は無くなった。

本日19:00時に電話したところ、本日も風が強く釣りにならなかったよ・・・。との事、
どうしてもと言うのなら船は出すけど、日を変えられるならそうした方が良いと思うよ。

そんな訳で明日のオフショアは中止。

しかし、天気は晴天で勿体ない・・・。


続きを読む
Offshore fishing | 2006/10/14(土) 21:15 | Trackback:(0) | Comments:(4)
釣行が決まったが・・・。
友人たちの熱い希望により、ホントにホントに今年最後のオフショアフィッシングに行く事になったが、またしてもタイミング悪く台風発生。

wmapcomp.jpg

これってどうなんだろう?
予定としては16日の相模湾なんだが、暴風圏には入っていないものの、ウネリは当然来るよなぁ・・・ウネリだけならまだイイんだけど、風が強くてチョッピーな波になるとメジ・カツオの釣りはしんどいな・・・・。まぁ、明日の夕方には決定するが、前回の生樽も残ってるし、そろそろ飲んじゃわないと不味くなっちゃう・・・。

気分的にはカツオのタタキより、ジンギスカンな感じなんだけど、まぁ、天気次第だな。

にほんブログ村 釣りブログへ


Offshore fishing | 2006/10/14(土) 04:44 | Trackback:(0) | Comments:(2)
自作ルアー
IMG_5784.jpg
パッと見は2つとも既製品のようですが、手前の方が自作

コレは良く釣れたよ。


続きを読む
思い出の○○たち | 2006/10/13(金) 16:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)
完成品FLY
IMG_5772.jpg

小学生だった頃、奥多摩フィッシングセンターで大人たちがフライ・フッシングをやっていた。

憧れた。

続きを読む
思い出の○○たち | 2006/10/12(木) 02:50 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ツルポップ
IMG_5767.jpg


今から十数年前に初めて海外でキャストした時のルアーがコイツ
『ツルポップ』だった。

海外に釣りに行くなんて一生に一度の思い出作りのはずだったが・・・。




続きを読む
思い出の○○たち | 2006/10/12(木) 01:37 | Trackback:(0) | Comments:(2)
退屈なんで、タイイング
かなりの激しい雨だったが、先日の北海道がちょうどこんな感じだったな。
暇なんで、マテリアルをゴソゴソ探して巻いてみたが

IMG_5698.jpg

アザラシの赤ちゃんみたいになっちゃった・・・。


続きを読む
FISHING TACKLE | 2006/10/07(土) 00:44 | Trackback:(0) | Comments:(2)
退屈な雨降り
退屈な雨降り

IMG_5691.jpg

昨年、阿寒湖釣行の際に購入した雨鱒の彫り物

しかし、退屈だな・・・。


未分類 | 2006/10/06(金) 13:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ゾンカー 銀の腹部と、アイスブルーで釣果の差はでるの?
IMG_5674.jpg

さて、週末のシーバス・ゲーム用にゾンカーを巻いてみたのだが。何の技も無いふつーのゾンカー。フックはフッキングの事を考えてチョィと高級な TMC-777SP # 2 良く見ると、全体的なバランスからしてフックが大きすぎ?まぁ、浮力というか、比重を考えればもう少々小さい方が良いのだが、フッキングを考慮して笑ってしまうバランスにならない最大限がコレ(既に笑えるか?)コイツは、マイラーチューブの中にシルバーのマイラーチューブを入れてみた。


IMG_5676.jpg

で、コイツはアイスブルーのマイラーチューブを入れてみた。


IMG_5680.jpg

で、コイツは目を付けて見た。


べつに、一番上のタイプだけでも問題は無いし、むしろ迷わないからその方が良いのかもしれないけど、全く同じものをたくさん巻いてると飽きてきて、ついこんなどうでも良いバリエーションを作ってしまう。
ジグでも、ポッパーでも、イワシカラーとピンクの2種類しかなければ迷わないのに、10色もリリースされるから、最低4色はほしくなってしまう・・・。仕方なく出費が増える。メーカーの思う壺にはまったような気がして少々悔しかったりする・・・。

だったら自分で作れるものくらい、迷わないようにバリエーションなんか付けずに1タイプにすればイイのに・・・・。

でも、なんとなく、そうなってしまう・・・?

コレの他に、黄色とピンクも作ってしまった(涙)



FISHING TACKLE | 2006/10/05(木) 22:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)
そろそろ秋か・・・
このところ相模湾、東京湾ではカツオやイナダ等、サイズはイマイチであるがけっこう盛り上がってるようである。友人からは連日のようにお誘いの連絡はあるのだが、仕事の都合でうまい具合にタイミングが合わない。更に車検に出したタホがかなりお疲れだったようで、ブレーキ関係やら、なんやで相当な出費となってしまった。その他仕事関係での出費も多い時期と重なりかなりの金欠状態・・・。
こんな時はおとなしく、ストックされてるマテリアルでタイイングでもしてれば金は掛からないのだが、目的もなしにただタイイングもつまらない・・。
そんな訳で、友人と相談して週末に横浜にシーバスに行ってくる事にした。
管釣りBBQもイイんだが、サケ釣りでは少々不完全燃焼気味で、まだパワーファイトを身体が欲しがっている。
少々納得のいくゲーム展開がなければ気持ちよく今年の釣りも終われない感じだ・・・。
そろそろ、シイラタックルやその他のオフショアタックルのメンテナンス及び、後片付けをしなければならないのだが、なんかスッキリしない気分でのままでは捗らないよ・・・。
未分類 | 2006/10/04(水) 16:55 | Trackback:(0) | Comments:(2)
06/09/27~30道東遠征(3)
20061001221433.jpg
9月29日 屈斜路湖 林道側

昨夜までが嘘のような晴天、流れ込みのポイントに入ると小さなカゲロウが無数にハッチしていた。小型のアメマスとウグイがライズしていたが生憎ドライの準備は全くしてきてなかった。そのライズの先をストリーマーで攻めたがオイラには何の反応も無かったが、一人の友人が小型ではあったが一尾のアメマスをヒットさせた。水面をよく見るとたくさんのカメムシが浮いていた。時折、かなり大型の個体が水面を割っていたがカメムシパターンで攻めたら一発だっただろう・・・。悔しいには悔しいが、基本的にサーモンフィッシングのためにやって来た訳で、どう考えても準備の段階でカメムシのパターンを準備できる訳がない・・・。
マーカーをチューンするなどして何かしら方法はあったかもしれないが、忠類川が8時より調査可能になったという情報を入手し、9時過ぎに屈斜路湖を後にした。

そして、昼前に忠類川に着いたが川の状況は・・・
続きを読む
fly fishing | 2006/10/01(日) 23:31 | Trackback:(0) | Comments:(3)
06/09/27~30道東遠征(2)
5:30に目が覚める。外を見ると嵐の様な・・・と言うか、これを嵐と呼ぶのだろう。

しかしながら、天候は回復方面に向かっているようで7:00時近くになり風や雨が収まってから、今後の予定を検討する為にも取り敢えず音別方面に向かったのだが・・・。

20061001191623.jpg


大増水・・・。

しかも、ウルトラマッディー・・・。
まるで豪流の牛久沼のよであった・・・。

続きを読む
fly fishing | 2006/10/01(日) 19:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)
06/09/27~30道東遠征
本来の予定では初日を茶路川、音別でアメマスゲームを楽しみ、2日目を知床半島で海カラフト、3、4日目を忠類川でカラフト&チャムの予定で出発したが、最悪の天候となり予定は大幅に変更となった。
20061001175817.jpg

アメマス 茶路川
K-BULLET XD1064 #8
LOOP EVOTEC LW69 LINE WF8-F
3X 9ft MSC(TMC101#8)

初日は9:30頃に釧路空港に到着し、その後レンタカー等の手続きを済ませ空港近くの友人宅の庭先で準備をさせて頂き、午前中には友人の案内で茶路川で釣りを始められた。今にも降りそうな雰囲気だったが、夕方までは何とか保ってくれた。

20061001183112.jpg

シロサケ 茶路川
K-BULLET XD1064 #8
LOOP EVOTEC LW69 LINE WF8-F
3X 9ft 浅ちゃんから貰ったビーズヘッドでピンクのアメマス用フライ#8

このチャムは狙ったのではなく、アメマスを狙っていて釣れてしまった一匹。しかし、結果的に今回の遠征で唯一のシロサケの釣果となった。3Xに#8のタックルでは、かなりキツかったがブナってるわりには、そうとうファイターだった70cmの♂個体だった。

その後は少々の雨の中、真っ暗寸前まで釣りを楽しみオイラは40cmどまりだったが、友人は50㎝前後のアベレージでけっこうご満悦だった、地元の浅ちゃんは、ポンポンと場所を変える度に釣りまくっていた、流石だ・・・。この日は白糠町に宿を取り、夜に合流した友人と駅前のローカルな居酒屋で夕食となった。オヒョウ、ニシン、鹿肉など、普段では馴染みの薄い食材に舌鼓をうった。

本来の予定では夜中のうちに知床に向け出発するはずだったが、確認をしたところ明日の渡船は海上のシケのため出船不能が決定して、明日もこの近辺での釣りを楽しむ予定に切り替えたのだが、この時点で天気は台風のような状況であり、半ば諦めムードのなか僅かな期待を胸に就寝した。

詳細は後日HPにて。


fly fishing | 2006/10/01(日) 18:53 | Trackback:(1) | Comments:(0)