プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
07/07/07 FFトップゲーム開幕
20070709083601.jpg

いよいよ本格化!
昨年から話題になってるシーバスのFFサーフェース・ゲーム 4月頃からボチボチと水面を割る個体もいたのだが、たまたまその日だけだったり、ポイント的にもココ!という場所の特定もなく、まるっきりパターンも読めず、取り合えずやってみて出ればラッキーというような状況であった。それが、6月後半より小型ではあるが、特定のポイントで盛んに出るようになってきて、7月に入ってからどのエリアでも条件さえ揃っていればゲームが成立するようになってきた。日を追う毎に水面に出てくる数も増えてきて、いよいよこのゲームも本格開幕となったようである。
しかし、気になるのはそのキャッチ率の低さ・・・。
良い時では5回出て3キャッチ、悪い時は30以上水面を割る個体が居てもノーキャッチ。平均すると7~8回に1キャッチという感じかなぁ?
小型の個体がまだ多いことも原因の一つかもしれないが、よく観察してると口を閉じたまま水面を割ってくる個体が非常に多い。これは、水深もある程度のところから突き上げてくる際に、途中でフライを見切ったにも関わらず、勢い余って水面を割ってしまってるのでは?と感じられる。食もんか!と、歯を食いしばって口を閉じている様子はなんとも矛盾を感じるが、多分そのような感じなんだろう。
それでも、今のところはたくさん出てくるので、その度にこれは釣れない個体、今回のは釣れる個体と自分なりに決着をつけていけば良いのだが、これが進行してスレという状況が加わってきた時にアクションや、フライのリアルさと言うものが重要になってくるのか?

そんな不安を他所に、今年もこれからバコバコ続けば良いのだが・・・。

http://coolman.jp/pallas/cfga-top.htm
スポンサーサイト
fly fishing | 2007/07/09(月) 09:13 | Trackback:(0) | Comments:(5)