プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
エンリコ巻いた
コピー ~ P1040305

gamakatsu S10S-4H #2/0

EP-Fiber 3-D1010 01 GREY3-D
EP-Fiber 3-D1010 07 OLIVE3-D
EP-Fiber     028 Chartreuse




スポンサーサイト



fly fishing | 2008/08/05(火) 15:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今年初のチャム船による、F.F OFFSHOER GAEM
コピー ~ 11376618_org[3]

チャムさえあれば、イージーに・・・・


と、そんなに甘い時ばかりじゃない・・・

散水の下に魚が付いてしまえばハタキ同然にFFでも、ゲームを楽しむというより、バタバタとFFタックルでファイトを楽しむ事はできるが、チャムで浮かせた魚をキャスティングで獲るというゲームを主にした場合、一地合でチャンスは二度あるかなぁ?

今回は散水機が右舷にあり、右舷での釣りになった。
オイラ的にはオオトモに立てればかなりのロングキャストが可能であり、これはチャム船の場合、初動ではミヨシより有利である。 船が止まる寸前にチャムを狙って後方からやってくる魚を狙う訳だが、魚は後方から散水機あたりで撒かれるチャムめがけて猛烈な勢いでオオトモを通過してミヨシ方面に駆け抜けるのだが、この数秒がチャンスである。

後方より、その前に撒かれたチャムを捕食しながら水面でボイルしながら魚たちが掛けてくる・・・その方向とは別に右舷10時方面にできるだけ500grをロングキャストしてしばらく待つ、船は前方に動いてるのでラインは大きくスイングする・・・本流のウエットと同じ原理だが、フライの位置が自分よりややミヨシ側(上流側)にきた時に一気にストリッピングを開始する、Uの字になったラインがターンする瞬間が最大スピードであり、このターンの瞬間に魚の視界にフライが入ってくれればバイトの可能性は非常に高い、そして、その、ここだ!という瞬間にゴン!と乗ったとき・・・・

なんともいえない、勝った! という気持ちになれる(笑)


今回は、こんな感じで小型のメジだったが、1匹キャッチできた。


これで、満足^^


他には、散水機の真上からハタキの要領で3kgクラスのカツオを1本、これは弾丸級の走りを堪能させて頂いた。

そして最後に、流木からスーーっと出てきたシイラをワンキャストで仕留められた。

これは、ノーチャムだっただけに、ちょっと嬉しい感じ^^



このゲームは、やはりタイミングとチャンスを無駄にしないという意気込みが全てかなぁ?

あと、ラインの選択も重要だな・・・今回は500grにかなり重めのフライを使ったが、700grあたりでもっと軽いフライの方が気持ちよい感じではあるが、そうなると今度はキャスティングが難しくなってくるし・・・課題は多い。

『全く、こんだけ魚浮かしてるんだから、餌でやりゃどんだけ獲れるか? それをわざわざ毛鉤で・・・・
ったく、この連中たちは・・・・』

何度も魚をチャムにより浮かせてくれた、ふかせ釣りの達人が、魚は目の前で激しくボイルしながらも釣果の無い地合が終わってしまう度に、呆れた感じではあるが羨ましそうに、そうぼやいていた・・・


その度に、誇り高く思う自分たちであった(笑)





でも、ケースbyケースで餌も使いますよ(苦笑)

コピー ~ 11376534_org[2]



fly fishing | 2008/08/05(火) 00:38 | Trackback:(0) | Comments:(4)