プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
サーフェイス・マジック イワイミノー
P1040685.jpg

P1040687.jpg

市販されているサーフェイスミノーは製品にバラつきがなく素晴らしい出来である。
ただ、トータル的にどんな条件下にも対応できように設計したであろうことから、ランカークラス(70㎝~80㎝以上)を的に搾って考えた場合、フックサイズに一抹の不安がある。小さいフックでも獲れる時は獲れるし、大きいフックでも獲れない時は獲れない・・・・しかし、がばぁ~っと出てガチッっとフィッキングさせた時、大きいフックの方が安心感が得られるのは当然であり、その余裕とメンタル的な安心感は絶対的にアングラーを有利にしてくれると思う。

そんな訳で市販品をベースに自分なりに対ランカー用に考えてきたものが、
ようやくこれでKOかなぁ?というレベルになった。

①できるだけ大きなフックを使いたかった。
②ある程度のリトリーブでも沈まずに浮力を維持できる。
③出来るだけコンパクトなサイズで口の中に吸い込まれやすいサイズ。
④バイトして反転した時にスムースにフッキングする形状
⑤次のチャンスを無駄にしないための強度

フックに関してはワイドゲイプのかなり大きめの物だがワイヤーが細身のため浮力には貢献してくれてる。欲を言えば更に太い物を使用したいのだが浮力的には限界でその場合はフォーム材を多くしなければならない、従ってシェイプが大きくなり②③の点を考慮すると、このフックで限界という結論いなった。リトリーブ中に沈んでしまわない工夫はヘッドの形状をまず考えたのだが、④の点を考慮するとシャープで尖っていた方が良いのでは?ということから、敢えてヘッドはフラットでシャープに仕上げ、全体的なシェイプを上に反らす形でリトリーブ中の沈みを軽減させられた。 口の中には吸い込まれ安く小さくしたいが、見た目のボリュウム感は欲しいという矛盾はテールを長めにすることで補った。これは必要に応じていくらでもカット及び間引きできるので最初は長めに多めにタイイング。 ⑤に関しては全体的にコーティングしてしまえば強度は得られるのだが、それに対して浮力の低下、フッキング率の低下等マイナス面も多かった。 従って局部的に強度を増し、ソフトな部分は出来るだけソフトに仕上げた。ヘッド部分は3工程に分けてタイイングしその都度セメントで固め、フックにも工夫をして局部的に接着を強化してボディーがフックに対して回転してしまうのを極力抑えた。

こんな感じで作ってみたサーフェイスミノーだが、先日ゲスト様が持参したフライでランカーを獲り損ね、フックが小さかったのかなぁ?ということからこのフライを使用して頂いたのだが、1本のフライで連続11本キャッチそしてその半分は60cmUPであったのだが、この時点でマイラーチューブは切れてささくれた状態になっていた部分もあったが、まだ使用に耐えられるレベルであった。12本目をヒットさせファイト中にリーダーブレイクでフライは持っていかれてしまったが、この事で強度にも問題は無いと自信を持てた。まぁ、これに関してはフッキングの箇所や、キャスティング時の壁に当てられる頻度にもよるが、このあたりの強度が限界だろう。

さて、コイツがこの秋にどれだけの賢いランカーを誘惑してくれるか楽しみだ・・・。

そして、更なるパーフェクトのため試行錯誤も続く^^ ある意味これが1番の楽しみなのかな?(笑)
スポンサーサイト
fly fishing | 2008/09/26(金) 13:42 | Trackback:(0) | Comments:(2)
SCOTTという誘惑
P1040682.jpg

P1040681.jpg

P1040684.jpg

SCOTT STS909/3 9" #9 Classics 2008

先日同社のバックカントリーという極めてマニアックな7'7"のロッドを購入した。 SCOTTのロッドは初めてだったのだがコレがえらく気に入った。 獲るための戦闘的なロッドは、やはりK-BULTTシリーズだが、味わいを楽しむという部分でロッドを考えると、また様々な楽しみがあるものだ(笑)

SAGEを愛用してきてが一言で言うと『飽きた・・・』のかなぁ?でも、飽きが来るということは自分にとってそれだけのモノであったということにもなる。 ロッドとしてのクオリティーの問題以外にも選択するコンセプトは様々にあるが、代理店の問題や、保障の問題等・・・ SAGEの場合は折れたり壊れた場合は無償で修理及び、場合によっては交換もするが、紛失の場合はとてつもない金額でそのセクションを購入させられる。ブランクには直接関係のないグリップやガイドをチューニングしてしまった場合、その保障を受けられない場合もあり、保証書を紛失した場合もなかなかめんどくさいようだ。 良いところは修理に出した時のレスポンスで概ね1ヶ月~2ヶ月程で手元に返ってくるってとこかな?

スコットの場合は修理には時間が掛かるようだが、常識の範疇でのチューニングや、紛失に対してもケースbyケースで保障が受けられる、代理店がそのあたりに対し柔軟な対応をしてくれてる訳だな^^場合によっては長く付き合う道具であり、価格的にも安くはない・・・そんな訳で取り扱い代理店の姿勢やクオリティーという部分を重視する方も少なくないと思うが、私も歳のせいか最近ではそんなところを妙に気にするようになってきた結果、SCOTTな感じになってきたのかなぁ(笑)

さて、このロッドなんだけど、昔あったモデルの復刻版  クラシカルな雰囲気はとても良く、ガツガツ釣るのも良いが、ラインの乗りを楽しみ、キャストを楽しみ、魚も獲る!といった、フライフィッシングを楽しくさせてくれるロッドかなぁ? いわゆる"味"のあるロッドである^^

復刻してる間に買っとけ! の  お勧めの一竿


さて、この青い竿たちをどう処分しようかなぁ~♪


FISHING TACKLE | 2008/09/25(木) 11:17 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Patagonia Marlwalker Shoes
P1040634.jpg

Patagonia Marlwalker Shoes #10

悩んだ末にコレにした。

来月フラットで釣りをする機会に恵まれて色々と準備をしているのだが、まず靴で悩んだ。過去に安直にな対策で砂の進入に泣かされ嫌なを思いをした経験から今回は足元は完璧にしておきたいと思い、色々な情報を掻き集めたのだが、知人に勧められたのはチョータのサーフブーツなんだが、これは経済的で且つ、機能面でも問題ないということだったのだが、日本全国何処にも在庫が無いという状況・・・。コレでは仕方ない。

で、次の候補はダイビング用のブーツ、これは種類も豊富でなかなか探し応えはあったが、いかんせん砂の進入に対してシビアに設計されてるものが無く、基本的にウエットスーツを上から被せる前提のものが多いようでオイラが望むような物はみつからなかった。

次は、ジェットスキー用等のブーツ これも上の理由と同じような状況で断念。。。

やっぱ最後はココか・・・という感じでパタゴニアに行き着いた訳だが、最新のマールウォーカー及び、サーフスニーカーの2種が現状では普通にショップ等で購入が可能である訳だが、これがかなり高価な逸品であり、共に2万数千円である(涙) しかし、快適な時間を過ごすためにはそれなりの出費もしかたなだろうということで、今回は最新のマールウォーカーに決めようと思ったのだが・・・

初代のマールウォーカーからマールウォーカー@Ⅱに変わった時にややローカット気味のデザインになったのだが、聞いたところによるとそのせいでしっかりとした防砂対策をするには、やはりネオプレーンソックスの着用は必須とのことであり、それはマールウォーカー@Ⅱから最新のマールウォーカー@シューズに変わっても同様であるとのことだった。 そんな話の中で、これまた別の知人から過去にクリスマス島などで使用した時のインプレを聞いたのだが、初代のはごつくて重いけど防砂に関しては優れものだったよ^^という話だった。 しかしコレは既に何年も前に廃盤となっており、新品を探すのは困難極まりない状況ではないか?という結論だったのだが・・・・・

タイミングとは時に恐ろしいもので、ヤフオクで検索したら一つだけヒット!しかもサイズは奇跡的にもオイラにピッタリの#10 しかも新品で価格は当時の定価の半分以下! これは買うしかないだろうと即決価格で落札させて頂いたのだが、どうなのだろう? これって正解だったのかなぁ?

パタゴニアっていうブランドは個人的には全く興味なかったブランドなんだが、最近、バッカン(グレート何とか?)や、今回のシューズといい、なんかパタゴニアな感じになってきたが、オイラもフライマンっぽくなってきたのかなぁ?(笑)
fly fishing | 2008/09/19(金) 14:26 | Trackback:(0) | Comments:(4)
MOMENTUM #4
P1040633.jpg

ROSS MOMENTUM #4

No.4 Reel 3.75inch 1.10inch 9.3oz WF8F+200yds
No.5 Reel 4.00inch 1.20inch 9.8oz WF9F+250yds

真っ黒なリールが欲しくてノーチラスCCFを購入したがドラグ性能がイマイチ(オイラの評価は異常なほど厳しいので(笑))だった、んで、他に黒いのぉ~~な感じで、前に半ば衝動買いで#5を購入したのだが、はっきり言ってデザイン的にはあまり好みではなかったのだが、そのドラグの操作性及び、調整範囲の広さはピカイチである(あくまでも自己評価) そんな機能面から惚れたのだが、使ってるうちにそのデザインも何だか良く見えるようになってきた。。。 よく、美人は3日経つと・・・しかし、ブスは3日も経てば・・・ という言葉もあるが、こんな感じでほれ込んだリールだけに末永く付き合えそうだ(笑)
で、今日は先日購入したバックカントリーに#5+DI7で遊んでいたのだが、不意の事故でDI7のヘッドを持って行かれてしまった(涙) そんな訳で帰りにとあるショップにDI7を買いに寄ったのだが・・・・



買っちまったよ(涙)



バックカントリーには#5ではチョッと大きすぎるんだよ・・・。

ウエイトにして僅か1/2ozしか変わらないのに・・・

しかし、この#4 バックカントリーにはしっくりくるよ^^

非常に良いリールだね、難点は少し重いってとかなぁ? しかし、TOKARA60にステラ20000PGで300gのポッパーを一日投げ倒す事に比べれば・・・・比較にもならないネ^^楽勝

あと、長く付き合う道具だけに、取り扱い代理店が何処か?という事も重要だよ。

という訳で総合的にこのリールはスバラシイ^^(あくまでも独断と偏見による自己評価です(笑))
FISHING TACKLE | 2008/09/17(水) 21:19 | Trackback:(0) | Comments:(4)
大型対策&フッキングの向上は?
コピー ~ P1040604
エンリコ・ミノー 
EP FIBERS 024LIME 002 POLER BEAR
GAMAKATSU B10S #2/0

コピー ~ P1040605
サーフェイス・ミノー
Mult shank MS-35
STINGER DOUBLE SD-3

いずれもこれからのランカーシーズンに向けての大型個体対策だが、それと同時にフッキングの向上を考えて作ってみたが、如何なものだろう?

コピー ~ コピー ~ pallas-keitai-hp
PALLAS携帯版HP


fly fishing | 2008/09/16(火) 14:30 | Trackback:(0) | Comments:(0)
大トロの刺身で一杯のはずが、丸干しで一杯(涙)
コピー ~ P1040566

このところ20kg~30kgというマグロで賑わってる相模湾だが、本日撃沈!

浮いてくるのはカツオばかり・・・・  トドメはペンペンシイラ・・・

30kg獲れたら何処に持っていく? あそこじゃダメだ・・・ あそこなら上手くやってくれる・・・
でも、20kgじゃ迷惑がるかなぁ?

出船前までは大いに盛り上がったのだが・・・・


写真を見れば説明不要!


今宵は、チャムの中から厳選した最高のイワシの丸干しで一杯!

(涙)(涙)(涙)(笑)(笑)(笑)

コピー ~ P1040575

fly fishing | 2008/09/13(土) 18:08 | Trackback:(0) | Comments:(4)
test
コピー ~ pallas-keitai-hp

携帯版PALLASのHPのバーコードリーダーを作ってみましたよ。
けっこう簡単に出来るもんだねぇ♪

内容の更新はあまりしていませんが、釣果速報は出船毎に随時更新しています^^

是非、ブックマークに登録してください^^

fly fishing | 2008/09/09(火) 14:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)
P1040522.jpg

P1040524.jpg

BC-ガンマ90 200mm 90g

昨日PALLASのゲスト様でここのところマグロに熱くなってるS氏と電話で話したのだが、30日は20kg~30kgが20本以上ヒットしてほぼ全てがラインブレイク、キャッチは数本。31日は12本の20kg前後の個体がキャッチされたらしいという内容だった。 様々な事情で平日の方が獲りやすそうという彼の意見と、2名で船をチャーターという事で、多少割高感はあるが、ゲームそのもの自体がGTゲームの内容と同じ事を考えれば、もしキャッチできれば安いものかな?

そんな訳で準備に取り掛かったのだが、個人的な経験ではポッパーでの実績が高いキハダマグロだが、巷ではペンシル・ベイトが有効であるとの評判に、ちょいと昔の事を思い出した・・・・。

オイラがとある地方に釣りに出かけた際に、地元の友人とセミフライをいくつか購入するために立ち寄った釣具店にGTルアーがたくさん在庫してあった。昨今では稀に見る在庫と品数だった。セミフライを数個購入するつもり・・・僅か数百円の買い物の予定が、カードで70,000円以上の買い物となってしまったのだが、まず、自分用にハンマーヘッドを数個、そしてその場から友人に電話を掛けて、

『なんだかGTルアーいっぱいあるけど、買っとく?』

翌月に種子島に遠征する事になっていたのでナイスタイミングだったな・・・

『で、何があるの?』

『ハンマーヘッドと、・・・・ ・・・・と、 ガンマってのと ・・・・ ・・・・ ・・・・・』

『えっ、何? ガンマ? それ何個あんの? いくらなの?』

なんか友人は興奮気味だった?

『なんか、サイズ違いとかで5~6個あるよ』

『全部買って来い!』

『了解っす!』


そんな訳で購入したルアーなんだが、個人的に好きなジャンルではなかったのでオイラはなにも知らなかったのだが、このルアーはスゴイ人気で現行品にも関らず入手困難で既にプレミア物で定価6,000円程の物がヤフオクでは15,000円~20,000円で取引されてる程のものだったらしいよ(笑)

それで現地から帰ってから友人にそのルアーを全て渡したのだが、これがマグロに良いらしく、昨日その友人に連絡を取り、

『ちょいと今週マグロに行くかもしれないけど、あん時のガンマってまだ持ってる?』

『あるよぉ~ん♪』

『じゃ、1個売ってよ・・・』

『どーーしよっかなぁ~』

『どうしようかじゃねぇーよ!俺がかってきたやったんだろ!』

そんな運びでオイラの手元に再び戻っててきたルアー


今週、このルアーが相模湾を飛ぶ^^


50kgくらいまでは飛んでるのを確認されてるようなので、夢がありますよネ!



横浜F.Fシーバス 雨後の濁りが回復すれば荒食い始まり好調へ!
↓ ↓ ↓
PALLAS FISHING GUIDE SERVICE
fly fishing | 2008/09/01(月) 08:26 | Trackback:(0) | Comments:(4)