プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
憧れの VAN STTAL
P1150089.jpg

P1150086.jpg

VAN STTAL C-VEX #9/10

WF10 30LB 230YDS 269g

とにかく欲しかった。艶やかなシルバーが特に気に入ってたのだが、あえて黒にした。

スプールを変えることによって#12まで対応できる。


スポンサーサイト
fly fishing | 2008/11/27(木) 09:56 | Trackback:(0) | Comments:(0)
結果は吉
P1150051.jpg

この反応、居ない訳がない!

けど・・・
続きを読む
fly fishing | 2008/11/27(木) 08:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
AKT-ST
コピー ~ P1150017

秋のランカーシーズンも最盛期を迎えた。 現時点ではプリスポーンのナイスな個体が釣れている。
1月にもなればアフターの帰り組みで再度ランカーシーズンとなるが、やはりプリスポーンのナイスな個体をキャッチしたいものだな。 デイゲームでもまだまだイケル感じだが、より確実にということになるとやはり、ナイトゲームに分があるようだが、個人的にはデイゲームでのストリーマーでキャッチするプリスポーンのランカー これに一番の価値観を感じる。

コピー ~ P1150013

タバコより3㎝程長いかなぁ? フックの強度は万全、全長11㎝程のストリーマー
あるゲスト様から教えてもたっらパターンに自分なりの工夫をトッピングしてみた。
艶かしい動きはたまらない。
fly fishing | 2008/11/21(金) 14:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)
SURFACE MINNOW for open water
P1050096.jpg

FORM 6mm
TMC 8089N #6

ストラクチャーをタイトに攻めるための物はある程度自分の中で完成形に辿り着けたが、オープンウォーターで使用するためにはそれ専用の工夫を施す事によって更に釣果は上がると思った。 ストラクチャー回りではそこに居るであろう個体を想定して狙っていくが、オープンの場合は、ある程度引き寄せる力も必要であり、それはフライ事態ではなくフライが起こす2次的アクションによるものではないか?と考えた。そうした場合、フライ事態は然程アピールしなくても良いのでは?

そのあたりを全て考慮して巻いてみた結果このようになった・

食い込みの良さとキャストの負担を軽減するための細身のフォーム、更にこれはフッキング率にも貢献する。しかし、浮力が低減してしまうが、それをシェイプの工夫によって補った。フックも浮力を考えた上で可能な限り丈夫な物、テイルは食い込みを重視いた際にフォームの大きさには適切なサイズがあり、それよりシルエットを大きく見せたいためややボリュウムを持たせ長めにした。 そしてこれは2次アクションに貢献するとても重要なパーツでもあった。

盲点であった部分はヘッドの形状、個人的にはフッキング向上のためにシャープにしていたのだが、先日ゲストの一人がこの形状が空気抵抗を減らしキャスティングの負担を軽減してくれたと言っていた。 なるほど・・・。 そこに気が付かなかったが言われてみれば、そのとうりだなと思った。

とりあえず、いまのところはこのパターンが気に入ってる^^


fly fishing | 2008/11/07(金) 10:20 | Trackback:(0) | Comments:(0)
CREASE FLY
P1050084.jpg

FOAM POPPER CUTTER #1/0
FOAM 3mm
Gamakatsu B10S #2/0

P1050087.jpg

P1050088.jpg

艶かしさに効果はあるのか? ちょいと遊び心優先で・・・・
それよりも、ヒラを打った瞬間のギラッ!には確実にリアクションバイトを誘発する要素はあると思う。
で、魚の銀色なんだけど、これはグアニンという色素らしいが、昔バス用のルアーでグアニンシルバーというのが流行った。その時話題になったのが、アルミ箔でこのアルミ箔のシルバーが魚の銀色に一番近い?という噂であった。 まぁ、そんな事を思い出してアルミ箔の裏側を表にして表面に張ってみたが・・・
出来を見る限りではとてもナチュラルには見えない(涙)

しかし、フォームの生地のグレイよりはいくらか魚の色に近いし、ヒラ打ち時のギラッ!はこっちのほうがよさそう♪ 特に夕マズメのローライトな地合には効果的かもしれないけど・・・

製品を買うと735円

高いなぁ~と思い、作ってみたけど メンドクサイ・・・(涙)

作る事が楽しみという場合は良いが、経済効果を狙っての場合は買ったほうが安いのか?


微妙だ(笑)


fly fishing | 2008/11/07(金) 09:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)