プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
2009/06/18~21種子島遠征 ③
さて、GTフィッシング初日は船宿側の都合で10:30時とゆっくり目の出船

P1030008.jpg

今にも降ってきそうな曇天・・・ そしてゲーム開始直後、降ってきました。

夕方まで投げましたがGTは一回も出ず(涙)

初日終了


2日目

7時頃出船し、夕方までバウで投げてるS氏に一回出た。 これを見事にフッキングまで持ち込む、オオトモで投げていたオイラがルアーを回収してバウに向かう、すると船の先端でA氏のサポートの下、S氏は完全ホールドの体制、水深は8mでドラグからはラインが出て行ってる・・・・S氏がホールド体制のまま『ドラグ絞めたほうがいいかな?』とつぶやく・・・・『水深8mは結構厳しいよ・・・絞めたほうが良いよ』慌てて絞めるも一度本気で走り始めたGTはそう簡単には止まらない・・・ 次の瞬間曲がっていたロッドがパンッ!と真っ直ぐになった。 根ズレにより、170lbのショックリーダーがルアーから1m当たりのところで切れていた。 ここでタイムUP2日目終了


3日目

昨日実績のあったポイントから同じように攻めるも船が上手く流れてくれない様子・・・ オイラはオオトモでインチックでいい感じ遊んでるが他の4人のGTルアーには全くGTが出てくれない・・・ 遠くでダツが飛び、それが今回の遠征で初めて見る魚気だった。 そちら方面に船をまわしてもらいキャストするとGTポッパー直ぐに魚が出た、これはキャッチに至ったが5kg程のキハダだった。その後3本ヒットしたが口切れ等で全てバラシ・・・ その後ナブラを叩くもGTは全く出ず・・・

インチックでは良い感じでハタ類が釣れていたが、今回の遠征もあと一時間ほどで終了。 インチックを止めて最後に少しオイラも投げさせてもらったが、GTは出なかった。 14:00時に最寄の港に入港、その後迎えのレンタカーで宿に戻り、ドタバタと帰りの片付け&シャワーを済ませ16:00時に空港に向かった。 天候は問題なく今回は何の心配も無く帰れそう・・・ 帰りはJクラスのシートでゆっくり寝ながら・・・と思ってたら、旅行会社の手違いでエコノミーになっていたよ(涙)

しかし、今回は遠征は悲惨だった・・・

まず、予約していた船がトラブルで使えなかった事、まぁ、事故はつき物だからそれは仕方ないにしても、それを事前に教えてもらえず、現場についてから知らされた時の落胆ぶりは・・・(言葉無) 更に一年近く前から予約していたにも関らず、急用との理由で出船が遅れ、朝の良い地合を断念せざるを得なかった。 そんな関係でゲーム前から皆のテンションは急降下であった。 タフコンで魚の活性が低く釣れないということなら、それはそれで仕方の無いこと・・・ そんなことに腹を立てるようでは釣りなんかしない方が良いが、今回のようにそのステージがズタズタの場合 なんか言葉も無い感じである。 更に追い討ちをかけるように、帰りの飛行機は先方の手違いでJクラスのはずがエコノミー・・・・ 一体何なんだよ・・・と最後は一同呆れ笑いで終了。


コピー ~ P1030028


これも時が経てば良い思い出となるのか?(苦笑)


スポンサーサイト
fly fishing | 2009/06/29(月) 09:43 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2009/06/18~21種子島遠征 ②
コピー ~ P1020985

河口からかなり上がった川で友人がルアーで釣ったチャイロマルハタ。

川でハタが釣れるのも何か不思議な感じ・・・ フライでも狙ってみたかったけどバック等ロケーション的に無理でした(残念)


コピー ~ P1020992

ちょっとした浜の一部にガレ場があり、そこでルアーをキャストしていた友人にカサゴがヒット、その他にもチャイロマルハタもキャッチ。友人たち3人が違ったタイプのルアーをキャストしていましたが、F氏のルアーだけに集中ヒットでしたね。このポイントではフライでのキャストも可能で、更に友人がヒットを連発していた距離もフライで十分イケル距離だったので、私がクレイジーチャーリーで試してみましたが、ノーバイトでした。 しかし、このポイントはしっかり攻めればF.Fでも必ずキャッチできそうでした。

その他、ハリセンボン、ヤガラ等、様々な魚がルアーやフライを追ってきました。 生憎天候も悪く、途中ゲームを中断して雨宿りしては、回復を待ってゲーム再開、またまた雨宿り・・・ そんな感じの繰り返しでしたが、天候も良く快適にゲームできればけっこう楽しいかも^^


コピー ~ L1010709

九州といえば"白くま"ですが、本来の白くまはこれにフルーツとかがトッピングされてます。個人的にはフルーツは邪魔なのでベースが同じのミルク金時の金時なしで注文(あずきも嫌いなので・・・) これ以上ないだろうという甘さは最高に美味かったですねぇ~ 蒸し暑く嫌な汗が噴出してくる中で、コレでクールダウン♪ コレをクソ暑い白昼の船上で食えたらどんなに幸せか? 

氷、シロップ、アナログ式かき氷機 コレだけあれば可能な訳だから船上で食べるのもそんなに大変なことではなさそうだ(笑)


夕方までの2時間ほどのゲームでしたが、それなりに楽しめました。 そして明日は早朝よりGTフィッシング! 宿に戻り明日のタックルの準備をしていると悪夢の報告・・・

明日出船予定の船がトラブルに見舞われ急ピッチで復旧作業中ですが部品の関係上明日の出船は不可能との事・・・ 代替の船及び、船長を用意して頂きましたが、青年団の集まりがあるので早朝からの出船は無理で10:00時頃からの出船になりますとの事でした(涙)

おいおいおい・・・・マジですか?

これにはかなり凹みましたよ(涙)
fly fishing | 2009/06/23(火) 08:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2009/06/18~21 種子島
コピー ~ P1020981

今回も鹿児島までは問題なく行けたが鹿児島発種子島の飛行機は昨年に引き続き条件付きフライト・・・ 飛んだは良いが着陸できずに引き返しなんてならぬように祈ってましたが、今回は何とか無事に着陸できました。 しかし、この前の便、我々の次の便は濃霧のために着陸できず鹿児島へと戻ったという事でしたので、まぁ我々的には幸運だったのですが、いやぁ~今回も何かと・・・・な、遠征になりました(涙)

とりあえず、初日は午後から近場でオカッパリ

コピー ~ P1030004

フライでこんなものが釣れました(笑)

かなりのトルクでなかなかのファイターでしたよ・・・
しかし、これってサイズをどう測れば良いのでしょうかねぇ?
鼻先~尾の先まで測ると1m50cm以上 重さは7~ 8kgくらいありました。

エラ洗いならぬ、ヒレ洗い?

コピー ~ P1020994

迫力物でしたよ(笑)

さぁ、今回はトラブルだらけの涙の遠征となってしまいました(涙)

つづく・・・

fly fishing | 2009/06/22(月) 12:38 | Trackback:(0) | Comments:(2)
今年初のオフショア 
コピー ~ L1010680

AKI HOOK 3/0 数色のエンジェルヘアーを適量巻いてUVで固めた。
見栄えよりもバイトを誘発するための工夫はしっかりと盛り込んだ。
何だか、凄くイケそうな気がする^^


L1010684.jpg

AKI HOOK 3/0 と チューブ・ワーム

まぁ、何かと波紋を呼びそうな"針"(あえてフライとは呼びません(笑))だが、けしてワームの方が釣れる訳でもなく、上のようなしっかりと巻いたフライに分があることは間違いない。しかし、何故ワームか? 単に準備の時間が無いだけなのですが、発想の逆転で考えてみると・・・

『この針でどうしてもシイラを釣りたい!』

と思ったらどうしましょう? 重さは数グラム、ルアータックルで考えるとかなりのライトタックルで10m飛ばせられれば良いとこです。向かい風の場合、全くゲームにならないでしょう。 では、このライトな針を100㎝クラスのシイラをヒットさせた場合でも常に主導権を持ってファイトできるタックルでそれなりの距離をキャストできるタックルは?


そう、フライタックルしかないのです。


フライフィッシングで毛鉤の代わりにワームを使うというと、即ち邪道と思われがちですが、
このワームを投げられるタックルはフライタックルしかなく、その為にフライロッドを使うとなると、どう?


フライとか、ルアーとかスタイルに拘るから余計なものが気になるのですね(笑)


まぁ、楽しく 『シイラ釣り』 に行って来ます^^

こんなの書いてる間にしっかりしたフライが1本巻けたな(苦笑)
fly fishing | 2009/06/12(金) 17:22 | Trackback:(0) | Comments:(2)
CF-ミノー
コピー ~ P1150013

gamakatsu B10S #2/0を使用したA氏に頂いたフライを自分で巻いていたモデル
使い勝手も良く、実績も高い、A氏はナイトゲーム用、デイゲーム用に少々変化を加え専用モデルを使用していたが、私はこのモデルを両方に使用してるいるが共に好実績である。欠点は全く無いに等しいのだが、非常に簡単に巻けるパターンではあるが、ややマテリアルを多めに使用してしまうのと、昨今では入手困難な部分もあり、もっと簡易的に巻けないものか? 更に、先日常連さんのゲスト様とフライについて語った時に、トーナメントの勝者コメント等を参考にしてみると、よりナローな方がバイト誘発率が高いのではないか?という意見もあり、そんな理由で少々考えてみた。


L1010655.jpg

gamakatsu S10S-4H #1/0を使用、本来は数回に分けてシャンクの上にCFを乗せていくのだが、ある程度の量を一発乗せただけ、更にシャンクのベリー側にはマイラーチューブを当てるのだが、これも省略してベリー側の見栄えの悪さはギルを長めして隠した。 CFの量を減らした分、マテリアルの節約とナローなシェイプが得られた。 フックは強靭なモデルなので過去の実績から見ても80㎝クラスに対応できるだろう。


L1010654.jpg

こちらは全く同じフックとマテリアル(CFは上のものと色違い)で更に簡易化してみたモデル
ヘッドにドールアイとUVシーラーでコーティングしたものに対し、こちらは最後にレッドのスレッドで仕上げ通常のヘッドセメントで固めた。アイの有無は賛否両論だが、釣果、使うときの楽しさ・・・あえてそのあたりに触れず、タイイングだけの事で言えば、格段に量産するには楽になった。


L1010661.jpg

こちらはTMC 811S #2でフックのサイズダウンとファインワイヤーでフッキングの向上を図ってみたモデル、ここぞ一発のランカー狙いでは使用できないが、最近のスーパーボイルでのアベレージサイズ、40㎝~50㎝の数釣りには非常に使い勝手が良いのでは?ということでバリエーションを増やしてみた。 また、通常のナイトゲームでゾンカーを使用する場面では同じ効果が期待できるであろう。

気になるところはナローシェイプが果たしてそれまでのモデルに対し、何処まで異なる結果を出すかが非常に楽しみである。

とにかく、このところ日中のボイルが凄く、フライを試したりするには好都合、近いうちに試してみよう♪


只今、ボイルのデイゲーム絶好調です!
fly fishing | 2009/06/04(木) 10:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)