プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
2013/10/29 2014'シーズン ワカサギ①山中湖
L1130509.jpg

前シーズンは降雪が早かった?(記憶が曖昧)せいか、そろそろ行こうかなって思ってオヤジさんに電話してみると『チェーンがなきゃ無理だよ~』ってな具合で、チェーン&スタットレスの装備がないためシーズンを通して断念というかたちになってしまった。 その前の年に雪でかなり辛い思いをした(道中)トラウマもあったので(泣)


L1130502.jpg

そんな訳で約2年ぶりの山中湖 早朝6;20時 気温4.5度 イイ感じの曇り具合で釣れそうな雰囲気タップリ!


P1110699.jpg

今回は魚探のトランジューサーの角度をちょっと変えてもらってオレのリグも画面に反映するようにしてもらった。すると、これはもうTVゲーム感覚、群れの有無を確認するだけでなく、中層の群れにダイレクトにリグを入れられる、リグが斜めに落ちて行き、群れの中に入ったことをモニターで確認して止める、すると直ぐにアタリ、これはこれで凄く面白いのだが・・・ 別の楽しみを失ってしまったような、なんか切ない感もある(苦笑)

だが、面白い!


P1110698.jpg

10月中にやったのは初めてかもしれないけど、アベレージが良く殆どフライサイズでGOOD! 今回も隣でやってるオヤジさんは最新式の手バネタイプの電動でオレの倍のペースで釣っていた。

魚探と手バネタイプの電動・・・CDLを買おうと思って溜めてるヘソクリがあるのだが、ほぼ同額・・・
あぁ~ 悩む(泣) 
スポンサーサイト
ワカサギ | 2013/10/31(木) 07:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2014年度ワカサギ
L1130331.jpg

『今月後半で山中湖行くけど、どうする~?』と友人から入電・・・ 仕事次第だな・・。と返答しつつ、久しぶりにワカサギタックルの手入れをした。常々、穂先を買足そうと思ってたが機会がなく『世』一本でやっていたが、今シーズンは追加しようと思って色々調べると・・・


L1130332.jpg

現在のモデルはトップガイドが無く、その先に流星群というティップ部分をジョイントして使う使用になっている。

(上、今回購入した『日』先調子ハードタイプ)
(下、前から使用の『世』中調子ソフトタイプ)


L1130338.jpg

流星群も一番星~三番星まで今回購入したので、『世』にもセットできるようにチューニングする


L1130339.jpg

チューニングと言っても、トップガイドを取り払うだけの事


L1130340.jpg

以外にしっかり付いてた


L1130341.jpg

終了!


L1130344.jpg

非常に繊細なゲームで風の影響の少ないドーム船では、僅か数センチのワカサギが捕食した瞬間や餌を突っついてる様子が手に取るように解る^^ ベテランの方たちは数種類の穂先を様々に使い分け、当日の情況にベストなセッティングで釣果を伸ばしている・・・ まだその域に達してない私は、夫々の穂先の違いを楽しむ程度だが、それが楽しいのよ(笑)
ワカサギ | 2013/10/18(金) 09:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ヒカリモノ
コピー ~ L1130221

専用タックッルにジグヘッドやルアーで狙うのがアジング? と、するとアジングって言っていいのかなぁ?とりあえずアジ釣りに間違いないんだけど、どちらかと言うと短時間での釣果優先型の釣法ではあるが、ゲーム性も高く面白い!最近行き着いたタックルはベイトフィネスKRX6'9"コレにサビキを付けるのだが、数十種類を試してコレだな!というのを見つけたが、潮色やその他の条件で食いは異なるのでこのあたりの選択はルアーやフライなどと同じ感覚、オモリもその日のタナやポイント、更に潮の早さでナスオモリの2号~8号くらいを使い分ける、更に口が弱くボート際でポトリ・・・が非常に多いので口切れ防止にショックゴムを使用するのだが、コレも専用の物が売ってるが、最後に行き着いたのは普通の輪ゴム(笑) しかし、コレも様々な強度の輪ゴムを試して適切な強度の物に行き着けた^^ 


コピー ~ L1130214

基本的にはアジがイージーに釣れる時期になって、シーバスのF.Fやルアーゲームにお越し頂いたゲスト様に、最後におみやげ用にちょっと遊んでもらっていたサービスなので、専用のタックルを用意するまでもなく、シーバスタックルにそのままサビキを付けてお手軽に楽しんで頂いてた程度・・・

しかし、基本的には皆様ルアー&フライのゲスト様なのでキャッチ&リリースはもはや常識、そんなわけでパパは釣りからは手ぶらで帰ることが常識の家族の皆さんはパパが魚を持ち帰ると、『???』な感じ・・・ しかも、見慣れたアジ^^ 特別な高級魚でも無くスーパーに常に売ってるアジ^^ しかし!皆さん食ってから驚く!そりゃそうです!昼前に釣ってその日の夕方食べるわけですから・・・ そんな新鮮なアジ食えるのは釣り人特権なのです! 

当然の如く株を上げたパパは『先日のアジは美味くて家族からの評判もよかったですよ~^^ 今日も後半で、ちょっとお願いします!』という運びになり・・・


L1130229.jpg

前回はシーバスタックルにサビキを付けた即席タックルだったが、今回はライトなロッドも一本持参、するとアジ程度ではほぼ曲がらなかったシーバスタックルもウルトラライトともなればベリーからひん曲がり、更にファイト中に魚のサイズもわかるので良いサイズの時はバレないように慎重になったり、ドラグを調整したり、最終的には食わせるための誘いを様々に・・・と、どんどんゲーム性は高くなってきます。

即席タックルで釣れる魚だけを釣っていたところから、釣るために一歩踏み込んだところからゲームは始まるのです^^

釣り方にもコツはありますが、家族に飽きさせないための持ち帰る量にもコツがあります!

これは、ある意味釣り方のコツより難しいかも(笑)
fly fishing | 2013/10/05(土) 07:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)