プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
2017 Cover Game ⑧
コピー ~ S__6307932
恐らく、2017年度 今シーズン最後のカバーゲーム、今回はイメージトレーニングを兼ねて、菱、ガガブタはもちろん、浮き芝等、一切カバーの無い100%オープン・ウオーターでバズベイトでやってみた。 タックルだが、カバーゲームにはちょっと厳しい、バスで言うとフィリッピングロッド並の7フィート前後のロッドに、カルコン300にPE#8(#5~6の方が良かったと思うが、そのままフロッグでのカバーゲームにも使う予定だったので、今回は#8)しかし、流石に抵抗の大きいバズベイトで#8はなかなか飛距離が出ず、これにおいては苦戦だった(泣)

コピー ~ S__6307929
バズベイトは、タイのブランドの物で通常のバス用の物に比べると、ワイヤーも太くフックも頑丈で、スネークヘッド用に開発された物のようなので、国内の雷魚に使用しても70㎝クラスまでなら強度的には問題ないようだ。 ただ、カチカチと音が出る仕様になってるので、普通のバズに比べて、凄く騒がしい!というイメージだったな

コピー ~ S__6307921
意外にバイトは多く、10発ほど出て5本キャッチできた。 最大で68㎝ 最小で50㎝だったが、オープンフックなので出れば確実にヒット!なんて思ってたけど、これが以外にもなかなかヒットせず、バレも多かったのが印象的だった。

あと、海外でのスネークヘッドのイメージでやってみたのだが、動画で見るようなド派手なスプラッシュを上げての激しいバイトとは全く異なり、スッっと消し込むような地味なバイトばかり・・・ 更に、オープンウオーターなので強引なファイトではなく、柔らかいロッドでのドラッグを利用してのファイトにおいては、あまり暴れず素直にランティングに協力してくれる・・・

そんな訳で、今回は、イメージトレーニングのための、バズベイト・ゲームだったが、やはり国内の雷魚ゲームは、フロッグ使って普通にやってた方が、100倍も楽しい!

というのが感想(笑)

S__6307917 - コピー
晩飯は、いつもの寿司屋で・・・

今回は、ハガツオが美味かったな^^

コピー ~ S__6307907
で、翌日は通常のタックルでフロッグを使って普通にゲーム^^
バップで70㎝UP やはり、こちらの方が断然面白い(笑)

ただ、フルオープンで更に、土手も低くロッド抜き上げずにランティングできるポイントなので、ロッドは普段使ってる物より、更に柔らかいブランクの物を試してみたが、軽い分、身体的に楽なのと、ポッピングの時の水の絡みが良くやってて気持ち良い! 状況やシーズンに応じてタックルも細分化して楽しむと、もっと面白くなるな

コピー ~ S__6307895
普段から使ってた慣れたタックルでも同サイズを同じ感じでキャッチ、記憶が残ってるうちにチャンスが巡って来たので比較するのに絶好だった(嬉!)

コピー ~ S__6307889
その後は、プチボンや・・・

コピー ~ S__6307919
ボンジュニで・・・

コピー ~ S__6307903
50㎝~60㎝クラスをポツポツとキャッチして

S__6307887.jpg
これが、今シーズン最後の一本!

今回は3日の釣りだったが、中日が完全な雨で殆ど釣りにならず、2日間のゲームだったが、70㎝クラス3本含む18本キャッチ、今回も楽しい釣りだった^^

S__6307905 - コピー
この寿司屋にまた来れるのも半年後・・・
そんな訳で2夜続けて足を運んだが、2夜目は鰆の炙りが絶品だった(笑)


スポンサーサイト
Cover Game | 2017/09/26(火) 08:17 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2017/08中禅寺湖 ②
コピー ~ L1280018
8月前半に引き続き、今シーズン2回目の中禅寺湖 前回は台風の大雨の後での悪条件の中でかなり厳しい条件下でのゲームになったなぁ~というイメージだったが、今回はけして条件は悪くなかったがかなり難しい釣りではあった。
やはり昨年、一昨年前に比べるとかなり難しくなったのかな?という感じで明らかにスレが進行してる感じである・・・。

8570 - コピー
今回は自己記録更新の75.0㎝(と思ったが、実際は74.5㎝かな?)というGOODサイズはキャッチできたものの、バイトも少なく確実に乗ってファイトに至ったのは2本でキャッチは唯一この個体一本のみと残念な結果ではあるが、達人的に上手な方は2桁キャッチしてるという事実もあり、まだまだ自分の未熟さを痛感させられたと共に、課題もたくさんで今後もワクワクできる^^(笑)

深場からのファイトで気圧の関係で弱ってしまう個体の事が話題になり、夫々のアングラーがオフショアで使用するリリーサー等を使用して個体の100%元気な状態でのリリースを目指している中、私も今回はバストーナメントでは常識的に行っていた注射器の針のようなエア抜き専用のアイテムを使用してエア抜きを実行してみた。

バスとは体系も異なるので、事前にトラウト関係の解剖図等をネットで検索して様々な情報から浮袋の位置等を確認(今さらですが、便利な世の中です(笑))して、どの位置からどの方向に刺せばベストか?など、事前に学習してから実践してみましたが、針を刺した瞬間に、『プシュ~~』っと空気が抜ける音がした時は、心の中で思わずガッツポーズ! その後、針を刺したまま水に入れると、まだブクブクと針からは泡が出てる・・・ 次第に泡が少なくなってきたところで針を抜き押さえていた尾びれの付け根の手を離すと、個体は一気に水中へと潜って行った。

この行為の下に、この個体のその後の生存率は果たしてどの程度のものなのかはわからないが、自らに出来る限りを尽くし、後は個体の生命力を信じたい

コピー ~ L1280015
友人のキャッチした67.0㎝にも同じ方法でエア抜きしたが、こちらは暴れずに手早くできたせいか、
もの凄い勢いで帰って行った^^

中禅寺湖も、今シーズは残すところ半月少々で終わり。。。
その他のFISHING | 2017/09/01(金) 11:26 | Trackback:(0) | Comments:(0)