プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
コンバットスティックCGSC-80MHスーパーディッガー改

先日のシーバスゲームでこのロッドをあるメソッドで使用してみたところ、かなりイイ感じだった。
更に、2oz~2.5z辺りの喰わせ~乗り重視でビッグベイトを扱う際にかなり良さそう・・・
ボロンの安心感のある粘り&トルクと、ちょっとダルイ感じのブランクは、流行りではないせいか最近はなかなか見なくなった(-_-;)
ちょっと重たいのは仕方ないが、
これは十分に金を掛ける価値アリ!という事で完全なるリメイクを開始!

目指すは、出来るだけの軽量化とカッコ良くを目標にスタート!

先ずは、どの程度の軽量化に貢献してくれるかは分からないが、ブランクの表面のコーティング&塗装を全て削り取り、無塗装の無垢仕上げ。

グリップ部分は17㎜+のかなり太目で頑丈なカーボンパイプでバットジョイント形式になってたが、ブランク側の15㎜に合わせたカーボンパイプをインロー形式で接着して1ピース構造にして軽量化。
強度については落ちると思うが、リールシートの真下で接合のため、リールシート用のカーボンパイプとリールシートで補強にもなるため、シーバスゲームでの使用であれば十分な強度は維持できてると想定。

ガイドはトップを含め7個の設定だったが、これは軽量化にはマイナスだがそれに勝るメリットありというところで11個設定、メソッド都合でリバースガイドを採用、信頼できるSICリングに錆びにくいという事でチタンフット、トップガイドだけは、Fタイプのリングが良いのでチタントルザイトFを採用

リールシートは最近気に入ってるPTSのノンスリップ塗装の物、これも内径の関係でノーマルのカーボンパイプでは装着できなかったが、グリップのカーボンパイプを変えた事で装着可能になった。

グリップは軽量化のためだけにはとても高価な物だが、とにかくカッコイイのでカーボンを採用、使い勝手に至ってはEVAの方がよさそうだが、とにかくカーボングリップはカッコイイ!

派手なデコレーションはせず、ブラックを基調とした感じで地味カッコイイを目指す!

パーツ代金だけで20,000円を超えたが、それなりに良い物が出来る事を祈ろう^^

コピー ~ L1410569
エクスセンスDCのマット調のカラーとの相性はなかなか良い^^

コピー ~ L1410570
あまりデコレーションはせず、シンプルに・・・

コピー ~ L1410571
リールシートリングは前後に付けたが、異なるメーカーの物で若干カラーは違うが、まぁ、イイ感じだ

コピー ~ L1410572
カーボングリップ、しっとりた感触は握って気持ちイイ^^
軽量化にはかなり貢献してくれてると思う。

コピー ~ L1410573
FFグリップの先端はブルーカラーの集積コルクで強度を上げたのと、ワンポイントとして良いアクセントになってると思う。
ブラックのワインディングチェック

コピー ~ L1410574
ガイドは信頼のSICチタンフットのリバースガイド

コピー ~ L1410575
トップだけはFのチタントルザイトのアロワナ

仕上がって測ってみると、200gを僅かに切っていたが・・・
大失敗で、加工前のウエイトを測ってなかったので、どの程度の軽量化になったか不明・・・
まったく、なんてバカなんだろう(泣)

ただ、持った感じはリアグリップの延長もあってリールのセット位置が前になったので、持ち重り感は軽減してかなり軽くなったような気もするが・・・ やれやれ。。。(笑)

スポンサーサイト



ロッドメイキング | 2021/03/15(月) 12:13 | Trackback:(0) | Comments:(0)
18アンタレスDCMD ドラグサウンドON!
S__15515664.jpg
若干のラインキャパの足りなさは何とかなるものの、ラインが出る際に音が出ないのが致命的で購入を足踏みしていたリール。 魚が走ってラインが出る際に音は、然程必要性は感じてないし、出るなら出た方が良いという程度・・・ しかし、ナイトゲームで真っ暗な中でファイト中、リールを巻いた際に絶妙なテンションで空回りしてる事実をサミングなり何らかの方法で確認しないと解らない、しかし、ハンドルを回した際に音が出てくれればその時点で空回りと解かる、これは私の釣りにおいてすごく重要だったりするわけで、ホント購入を足踏みしていたが、他のリールのパーツを流用する事でサウンド化が可能との情報を得て購入に至った。

早速改造してみると、然程第変な作業ではなかった、ただ改善不能なパーツの加工を実施しなければならないのでそのままメーカーメンテナンスには出せなくなるので、そのパーツも購入して加工を施し全てノーマルに戻せるようにした。

パーツ代金その他、加工に必要だったドリルビット等数千円で出来た。

仕上がりには大変満足!

交換部品その他は箱に入れて保管
REEL | 2021/03/07(日) 12:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)