プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
阿寒湖F.T2(参った・・・)
昨日までの状況を整理し、釣れる可能性があるのは2日前からエメラルド前に居付いてる数匹。

時間的には朝一と前日、前々日と活性の高まってた10時~11時が最大のチャンス最初は多めのチャミングにて、カラスにある程度喰わせて、邪魔をしなくなったら本番。 チャムのワカザギに反応が始まったら、キャストの体制を整え、圏内に近づくのを待つ。 チャンスは、せいぜい2回それが、朝一と、10時からで、最大4~5回のチャンスだろう。

午前3時、いよいよ開始である。

チャミングしてしばらくすると、待ってましたの如く例の羽欠けカラスがやってくる・・・ 5分程で相当の数を持っていったが、もう腹いっぱいのようで、その後のカラスの邪魔は避けられた。
30分程経過したところで、やはり60~70m程先で、ライズが始まった。 少しづつ近づいては来るが40mを切って来ない。
水温は7℃を下回っており、つま先はジンジンしてくる・・・。
しかし奴らは一行に近づいてこない。 そろそろ限界と、やむを得ずキャストをした。 当然、ライズまでは届かないが、そのまま流れに乗せて、ライズの位置まで送り込む。 しかし、ラインを送り込めば、送り込んだだけライズが遠ざかるだけだった・・・。 一旦諦め、桟橋に向かう。先行者に状況を聞くと、2時過ぎからチャミングを行ってるもののライズは遠くで5回程あっただけとの事であった。

昨日と全く状況は変わってない事を確信した。

再びエメラルド前に戻り、チャミングしてライズを待つが、やはり40mは切って来ない。 他の仲間が隣にきて、おもむろにキャストして、ラインを送り込み出した・・・・ この行為は、ライズを遠ざけてしまうだけの無駄な行為と我々は確信していた、が、しかし、浮力を失い、やや沈下気味の彼のフライにアメマスはバイトした。

チャムのワカサギをたらふく喰ってのことだろうが、40cmを越える、ブリブリの魚体だった。拍子抜けした我々は、その後、無駄な事は承知で、ボッケ方面に向かい、数箇所で立ち込むもアメマスの反応は無く、14時頃、最後のチャンスとエメラルド前に戻り、立ち込むが和えなく完全玉砕となった。

この日、早々に阿寒湖を見切って阿寒川に赴いた数名は、数匹のアメマスをキャッチしていた。 そして我々は、悔しささと空しさの中、15:30納竿とした。 その後、冷えきった心と体を温泉で癒すも、悔しさだけは癒される事はなかった。 悔しさの中で、どうしてもアメマスに固執していた私は、近くの工房でアメマスの彫り物を購入した。 持ち帰るに少々大きかったので、宅配便の手続きをし、18:30ホテルを後にした。

22:15には羽田の5番出口に立っていた訳だが、この時点で私の中には次のリベンジの炎が、小さくも力強く燃えていた。
スポンサーサイト

fly fishing | 2005/06/04(土) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック