プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
防水
先日の阿寒湖釣行で携帯電話を壊してしまった。懐にしまっておいたつもりでいたが、実は雨の中ズブ濡れ状態で放置してあったバッグのポケットに入っていた・・・。しかし、旅先での携帯のトラブルは本当に困る。特別な観光地で無い限り、公衆電話など皆無であり、同行中の仲間とチョいと離れて連絡を取るにしても、仕事の事や、その他の連絡をとるにしても、このような経験をすると、如何にこの端末に依存した生活を送っていたかという事を再認識させれれる。

まぁ、今回はこのような事で壊してしまったが、場合によってはけっこう恐ろしい事もある。阿寒湖の場合は渡船システムはポピュラーであり、背景には山側に面した湖岸等へは道等も無く、湖側からではないとアクセスできないポイントも少なくないからであろう。
(渡船システムとは、船でポイントまで連れて行ってもらい、そこで下船して釣りを楽しむシステム。予め迎えの時刻を決めておくか、携帯で連絡をして迎えに来てもらったり、ポイント移動をおこなったりする)
この度も最終日はこの渡船システムを利用し、オンネナイでたった一人の独占状態で釣りを楽しむ事ができた訳だが、この時、万が一、水中で転ぶなどした場合、携帯は水没して壊れてしまう事は必須であり、そうなった場合、その迎えの要請の連絡を取ることも不可能となる。考えると恐ろしいが、水温は12~13℃これはかなり冷たい(サウナ等に設置されてる水風呂でも18℃前後)水で、この水でずぶ濡れ状態になった後、に真夏の炎天下ならまだしも、気温10℃代の冷たい風の吹く湖岸で数時間も迎えを待つという行為は、風邪はおろか、肺炎まで視野に置かれる。
帰宅してから早速お店に行ってどの機種にしようか検討していたところ、本日発売(6月30日)ということでFOMAでは初の完全防水携帯電話が発売になっていた。現在に至るまでパナソニック製を使用していてメーカーが変わればその扱い方も変って今後少々の間難儀する事は承知の上だが、迷わずコレに決めたのは言うまでもない。

これから釣りと言うだけでなくシーズン的にはこのような防水型の携帯の需要な高まってくるだろうし、ここいらで携帯も防水が当たり前になってくる兆しがでてきたのか?

しかし、まだ高かったよ・・・。
でも、その時の不便さを体験すれば・・・(涙)

      IMG_4805.jpg

                     SO902iwp+  FOMA初完全防水携帯電話

只今、ブログランキングにエントリー中!
クリックすると只今のブログランキングがご覧になれます。
   ↓↓



スポンサーサイト

未分類 | 2006/07/01(土) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック