プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
視力 老眼 拘り ためいき・・。
タレックスショップに行ってきた。結論から言うとサングラスを一つオーダー。金券が30,000円分あったので、現金約10,000円で購入できた。

最近、夜間の運転で信号の矢印がにじんで遠くからだと良く見えない。そんで、乱視の友人のメガネを掛けた瞬間、世界が変った。

クッキリ!

しかし、その直後は何か悲しかった。

近いうちにメガネ屋に行こうと思った。

そんで、今日、行ってきたのだが検査の結果はどういう訳か・・・
先日の釣りで友人が使用していたサングラスを掛けさせて頂いたら、そのフレームの軽さとフィット感に感動した。そんな訳で暇ができたら近所の取り扱いのあるショップに見に行こうと思ってた。更に、先日の夜間走行の一件もあったのでメガネ屋に行く良い機会だった。

まずは検査をするとメガネ屋曰く『度入りのメガネは全く必要ありません』との事

あら?

あの夜の出来事はどう言う事? 確かににじんで見えた信号や、光るナンバーが友人のメガネを使用したらクッキリ見えたのは気のせいでも何でもない・・・。まぁ、でも検査の結果は視力やその他の部分で、メガネ屋さんがカルテを見ながら『んー、この歳ですよねぇ、アンタ羨ましいですよ、この歳でこの目なら。取り敢えず、普通以上です』と言わえれた・・・。

嬉しいんだか、悲しいんだか?んで、取り敢えず、次の話に進み、タレックスの偏光レンズに度を入れて作成した場合の見積もりになった訳だが、なんと、レンズだけで38,000円!ジールのフレーム25,000円 〆て60000円超!


『いりません!普通の偏光にします!』


と、なりました。


さて、サングラス(偏光)の必要性という部分で個々にそれぞれの意見や拘りはあると思うが、目に気を使う方なら釣りから離れた場所でも日常的に使用している人も少なくないだろう。肌のメカニズムにおいても、日焼け=肌の露出は当然だが、目から入ってくる紫外線の情報で肌が勝手に日焼け対策を行い、それが結果シミを発生させたりという現象もあるらしい。更に、しっかりとしたフィルター(レンズ)を通して得られる視界は生活を快適にする事も事実だ。

ここからは、拘り或いは贅沢という範囲になってくるかもしれないが、その時の環境に合わせて欲しい視界を得る為に複数のサングラスを所有するという、人によっては『何もそこまで・・・』でも、人によってはあたりまえの感覚だったりする。

オイラはその中間かな?

でも、マズメの渓流でドライを楽しむ時と、赤道直下でGTのポッパーゲームをやるときに同じ偏光グラスでは、さすがにオイラでも、チョッと厳しいなぁ程度の感覚はありました(一つでやってたけどね(笑))
それも、タレックスのトゥールビューというレンズだったから可能だったんだけど、このレンズは偏光能力には長けていて、更に裸眼での世界に限りなく近い状態で見えるから、明るいけど曇りなんて天気には最適なんだが、GTゲーム等でピーカンの海では遮光力に欠ける、マズメの渓流ではやや暗く、といった感じでその両極端ではストレスを感じる部分もあった。

そこで、前々からかみさんには目が悪くなった。老眼も始まった。目は大切にしなければ!等、言い訳をして、やっとここでと3種類程度のレンズを使い分ける贅沢を実現するに至った訳だ!

完成品を掛けてカガミで見て、んー?あれこれ。という買い物が主だっただけに、メガネ屋さんで様々な話をしながらレンズのカラーや、フレームを決めていくのは何とも贅沢な感じだった。更に、メガネ屋店主もフィッシャーマンということで、『このレンズカラーの場合はマーカーなんかのオレンジはクッキリしますが・・・周りが明るすぎる時は・・・』みたいなマニアックな部分も相談でき、様々に検討して選択したレンズとプロの手によるフィティング加工で完璧なフィット感を得て、そうして出来た逸品は、少々安いからというだけでオークションサイトでの購入できる物とは明らかに違う物であった。

そんな訳で、レンズは現在所有のトゥールビューの他に、今回はイーズグリーンを購入した。そして次回、トゥールビューフォーカスを検討中。

さて、この3つのレンズを通して新たな世界が見えてくるか?

しかし、

一つ言えることは釣果には然程影響はないだろう(笑)

ZEAL OPTICS・KHROMA
khroma_d830_mc_cr_bmtvsp_hmm_6c.jpg

重量: 14g
レンズ:EASE GREEN6カーブ
●可視光線透過率:40% ●偏光度:90%以上 ●UV400加工標準装備●ハードマルチゴールドミラーコート





         


スポンサーサイト
FISHING TACKLE | 2006/08/31(木) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(2)
う~ん、釣り物がない今時期はやっぱりお買い物ですな。

coolmanさんのクロマはツヤ有りなのですか?
僕のは、ツヤなしです。

僕も近いうちに普段用(威嚇用?)のフレームの小さいものを追加しようと思ってます。

でも、本当は釣り用にイエローを買おうかで迷ってます。

coolmanさんの言うとおり、偏光は自分の顔に合わせて、初めてその力が出ます。
案外知らない人も多いみたいです。
実際、冗談交じりに激安物の偏光をプロショップの人にフィッティングしてもらったら驚くほど変わりました。

偏光って確かに、釣果にはビミョーに関係ないかも知れませんが、目から来る疲れには相当良いです。 目の疲れから脳にも疲れが来て、集中力(僕は常に0ですが…)の低下するのも軽減してくれるようです。
ブルーミラー無しなら、クルマを走らせていても、普通のサングラスと違って光を入れてくれるので、トンネルでも楽です。 雨が降っても、見えます。(推奨は出来ませんが)
長い往復距離を走れば走る程、その差は歴然です。
天気のいい日に仰向けで昼寝をするにはちと辛いですが…。

最近はアフターもかなり良くなってきて、こまめにフィッティングも出来る様になったのもいいですね。

そういえば、保管に便利なアイテムも出てきましたね。 聞くところによると保管中の変形がかなり多いらしいですから…。
そうそう例の白いやつ(粉ではないですよ)、手に入りましたので近々お送りします。

ではまた。
2006/09/01 金 11:59:30 | URL | S野ばびっち #-編集

ども^^

オイラのチョイスしたのはマットクロームってヤツですが、見た目はマットではなく、かなり艶っぽかったですねぇ?おそらく同じかな?少量の流通ですが、ディープブルーという濃紺のフレームに青のラバーというのもあったみたいなのですが、こちらはそのショップでは入手不可能でした。これが渋くてカッコよかったですね。

オイラも日常用(ドライビング用)として薄めのレンズでフレームはエスパダあたりで作りたいですねぇ。

ケースなんですが、その後も検索していたらタレックス製のものがみつかりましたが、確かに高級感はありますが、機能性や利便性を考えると例のタイプの方が良さそうですね。

白いブツは楽しみにしています。

ところで、保管に便利なアイテムってどんな代物ですか?
2006/09/01 金 14:15:34 | URL | Cooiman! #p5s1lvQw編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック