プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
然別湖
早朝?夜中?am2:30に釧路の友人の車で、阿寒から然別湖へと向かう。

松山千春や、鈴木宗男で有名な足寄を経て、2時間弱で然別湖へと到着した。 ついて直ぐに、釣り人に餌をねだるキタキツネを見かけた。 湖は思ったより大きく、その透明度は見事なものであった。 湖岸にシャローは少なく、切り立った感じのロケーションが主だった。

まずはボートからのエントリーで、唯一ウェーディングできるエリアの岬あたりから始めた。 釧路の友人が、直ぐに50cmを超える見事なネイティブ・レインボーをキャッチしたが、その後はそのような大型は出なかった。 その後、岬にボートを着けて、バンクから狙うが、小型のライズがあるだけバックヤードは無いに等しく、Sさんが、見事なスネーク・キャストで、そこそこのサクラマスをキャッチした。

必要に迫られたスペイキャストでのキャッチは、マジ、カッコイイものであった。 その後は、強風で桟橋に戻るのも大変だった。 この然別湖の、とても美しい景色は忘れられない物となった。そして、更に美しい、北海道天然記念物のミヤベイワナは私の目に焼き付いた。

タックル

rod sage XP6974 #6
reel Loop evotec LW47
line #6 type4~6 +aeroshuter orval 20lb
fly aomidoro系#10

その後、夕方には再び阿寒湖で・・・。

まずは、エメラルド前でドライワカザギをキャスト。 最初のキャストからバイトがあり、ここで50cm程度のアメマスをキャッチ。 その後、Sさんの船でモンカゲのハッチを探しに行く。 小島で少々のライズがあった。 船を島に着けて、ウェーディングで潮目を狙う。釧路の友人が直ぐに50cm程度のアメマスをキャッチ、その後もしばしライズは続き、Sさんも数本をキャッチ、ライズがなくなり、島の風裏になる方に回ると、恐ろしい程のモンカゲのスピナーが空を舞っている。

私もここでモンカゲの初めてのアメマスをキャッチさせて頂いた。 ライズが少なくなり、また先程の潮目のポイントに戻りウェーディングをした。

そのアメマスは左から右えと、ゆっくりと出た。

時間は19:50、辺りはほぼ真っ暗でファイト中の水中の魚など全く見えない・・・10分近くファイトした。これは、30kg以上のGTより時間が掛かったな(笑) ようやくネットに収まったアメマスはSさんにしっかりと計測して頂いた。 70.5cmであった。

20060606154027.jpg

阿寒湖でのモンカゲ、要するにドライでのアメマスとしては、レコードという結果であった。

この阿寒湖のリベンジ釣行も、明日一日で終わりとなる。

それを前に、既に私の心は何とも言えない満足感で一杯だった。

スポンサーサイト

fly fishing | 2005/06/23(木) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック