プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
マレーシア セイルフィッシュ
今回はシンガポール航空を利用した

予定より若干遅れて離陸した。 シンガポール航空は、初めて利用したが、サービスが良い!と言う話は良く聞いていたが、確かに良かった。食事の内容も良いし、食事のメニューまで事前に配られた。 和食をチョイスしたが、鰻丼は美味かったが、付け合せにおしんこと、パン・・・。パンは、要らないだろっ!

しかし、アルコール類はタダで、スーパードライもあった。 帰りの便は、深夜発という事で、靴下と、歯ブラシのサービスもあった。 ただ、機内で上映している映画は、その内容や、言葉の問題から考えて、コンチのほうが、オイラの趣味には合うようだ。 しかし、トランジットの際、グァムより、シンガポールの方が数段良いだろう。 空港の施設は遥かに良く、トランジットのためのショートタイムのホテルや、マッサージ等、快適にとトランジットタイムを過ごせるだろう。

インドネシア(バリ)方面の遠征の場合、時間を考えると、ガルーダの直行便も捨てがたい。しかし、現時点では、帰りの便はジャカルタ経由だし、コンチの場合はフライト時間の丁度、中間辺りでのトランジットは、喫煙者には非常に魅力だ・・・。

シンガポール経由の場合は、そこまでの時間でガルーダだったらデンパサールに着ける。 2時間余計にのらなくてはならないが、あの快適なサービスだったら、それもアリかな?

さて、約6時間のフライトで、シンガポールに到着、ここからは、自動車で移動だが、当然マレーシアの入国も陸路からである。 目的地はシンガポールから約250kmで、その道中は結構退屈だ・・・。 永延と、景色は両サイド森林、数10キロ毎に町があり、その町と町との間には何も無く、だた道が続くだけである。 時折、屋根だけの即売所みたな物があり、ドリアンを始め、フルーツが販売されていたが、屋根からビニール袋でパッキングされている観賞用熱帯魚(グラミー等)がぶらさがり販売されていたのには驚いた。 途中、入国手続きに少々時間は掛かったが、目的地のロンピンには、現地時間の21時頃には到着した。時差は1時間で、日本時間では20時である。

2005-07-13.jpg

中華系のレストランで飯を食ったが、結構美味かった。 今回の遠征では、一度も腹を下さなかったが、オイラにとっては、珍しい事だ。 その後、通常だとホテルに向かう訳だが、今回は現地のコーディネーターのミスでホテルがリザーブ出来なかった。 その為、用意されていた宿は、アパートなんだが、このアパートが、一つのリビングを、皆で共有するタイプのもので、冷蔵庫もキッチンに一つあるのだが、当然、共有である。

トイレも、シャワーも・・・。

とても、快適とは言えない環境の中、トドメの停電である・・・・。

窓の無い宿舎故、真っ暗。ろうそくの明かりで全てをまかなった。当然シャワーも水だったが、勢いがそこそこだったので、これには満足できた。 まぁ、コモドの宿舎を考えれば何処でも天国である。

明日は、釣りだ。
スポンサーサイト

海外遠征 | 2005/07/13(水) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック