プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
2005-12-04 自動膨張ライフジャケットFN-50
2005-12-04[1].jpg

ヤフオクにて、2回使用の中古品を10,000円で落札。送料合わせて10,550円

定価が18,000円らしいので、状態も悪くないので、良い買い物だったかな?とはおもってるのだが、ちゃんと開くか?は不明??試す訳にもいかなし・・・。

不意の事故で落水した事は過去に一回だけある。

牛久沼で、確か三日月橋っていったかなぁ?稲荷川のボートを下ろせる所、そこからアルミを下ろして、本湖に向かう途中て、プラノのタックルボックスの上に腰掛けて、アクセルを固定したまま下を向いてタバコに火を付けていた。その時、何かのアクシデントでチラーが勝手に動き、簡単に言うと走りながら急ハンドルを切った状態になり、オイラは船から放り出されるように、すっ飛んだ・・・。キルスイッチも身体に繋いでなかったので、アルミは勝手に走っていってしまうし、下校中の中学生は橋の上から、『人が落ちたぁーー!』って騒いでるし・・・。幸いにタックルも、オイラも無事だったから笑い事で済んだけど、あの時、ライフジャケット着てなかったら笑い事じゃなったよ・・・。

同行した友人がオイラの後ろを走ってたから、しばらく無人で走って、葦に突っ込んでウィーーーンって唸ってるアルミを取りに行ってくれて、オイラはその間も汚い牛久の水の中で泳いでた訳よね・・・。その友人2人は、ベストは持ってるにも関わらず、車に置きっぱなしだったんだけど、一度スロープに戻り、仕切りなおして再度出船した再には、しっかりライフベストを着けてたよ^^

まぁ、一度でもこの様な経験があれば、その重要性というか必要性は身を持って痛感してる訳だけど、その様な点から考えると、この自動膨張タイプには一抹の不安を抱かざるを得ない。

特に、手動タイプは、落水経験者から言わせると、

『あの状況の中で、落ち着いて引っ張れるか!』

と言う感じ・・・。


スポンサーサイト

FISHING TACKLE | 2005/12/04(日) 07:31 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック