プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
ライギョの呼吸
20061106004405.jpg
ゆっくり浮上して

20061106004417.jpg
こんな感じで空気を吸い込む

基本的にはエチオピクス等のハイギョとは異なり肺呼吸してる訳ではないようだ。一旦空気を取り込み、それを吐き出すためには水圧が必要なので、地上で呼吸が出来るかというと機構上むりがあるようだ。 しかし、10度前後の気温であれば3~4日は水が無くても生きていられるようである。反対に、えら呼吸だけでは必要な酸素を取り入れる事は出来ず、この息継ぎできない環境では溺れ死んでしまうという。

そんな訳で、今回の飼育環境も個体のサイズにしては水深が浅く、???という感じも見受けられるが、ある意味、彼にとっては悪くない環境なのかもしれない。 

スポンサーサイト

AQUARIUM | 2006/11/05(日) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(2)

雷魚ですね?
昔、雷魚のいる用水に行って、横のニーチャンに横取りされました。
全長92cm・・・。真っ黒な雷魚。
バス用のロッドしか持っていなかったので、あと5m届かなかったのです。
その後、釣具店で買ったのが「パームス666」なのです。
(雷魚用ロッドの取り扱いの無いお店でした。)

それも今では「エビ釣り」用なのです・・・。
2006/11/08 水 12:59:31 | URL | K.Norichi #CsEyi/DQ編集
は、オイラもバスより最初に覚えた釣りですが、当時はルアーではなく、カエルかドジョウの餌釣りで、近所のやや大きめの湖に少量ですが生息していました。ぶっこみ釣りの仕掛けでドジョウを付けて投げて鈴を付けときます。
そして待ってる間に、のべ竿の先に短めにラインを付けて、カエルを針に刺すのではなく、死なないように片足をたこ糸で針に結びます。あとは、浮いてる雷魚を探しながら岸辺を彷徨うわけですが、これは、小学生の頃に流行ったのですが、オイラは一匹も釣る事はできませんでした・・・。

それからその湖に数年経過したころから、Bバスを見かけるようになり、そこはライギョの湖ではなく、バス釣りの湖となりました。

記憶は定かではないのですが、1990年辺りに、バスを釣っていたバイブに80cmクラスのライギョが掛かり、釣れたのですが、まだここにライギョが居たんだ・・と、当時、かなりの人が驚きましたよ。

んな、訳で、オイラにとってガキの頃、とにかく釣りたかったんだけど、釣れなかった憧れの魚なんですよライギョは、そんな思いも飼育のキッカケかな(笑)
2006/11/09 木 03:54:47 | URL | coolman! #p5s1lvQw編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック