プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
釣りの想い出
ここのところ、しばらく飼育日記と化してるこの日記だが、久し振りに釣りネタ・・・

2006-01-26.jpg



昨年の9月に虫類と知床に釣りに行ったのだが、その時の想い出のピンクサーモンの剥製を今日、頼んでいた先輩の友人宅に取りに行ってきた。

特別なファイトをした訳でもなく、トロフィー級のランカーと言う訳でもないが、剥製にしたのは、記念?(何の?)なのかな?

FFを何かに憑つかれたように約一年半程没頭した。管釣りから始まって、MSCから、ドライ、管釣りから、ナチュラルフィールド、川、湖、そして海へ・・・。虫類川に立ち込んだ時、『ここまで来たか・・・』という、釣りを始める前から、何とも言えない満足感に浸れた。欲望の赴くまま没頭出来た時期的環境や、志を同じくする仲間にも恵まれた結果の事であるが、更に道東の自然がそれを強調させたのは、確かだ。

初めて鮭をFFで釣った時、この釣りはこの魚の為にあるんだなと容易に理解できた。

この剥製も、急いで駆けてきたオイラのFFの一つの基点の証、今後じっくりとFFにつき合っていく上で、自分なりの脱初心者の卒業の証なのかな?

故開高健さんは、『キャッチした魚をリリースすることで、その川はアングラーの心を永遠に流れ続ける』と言った。ある本を読んだ時、心から同感し、それを完結に言葉にした彼を尊敬した。

想い出とは、目を閉じれば心の中にいつも見える形のない物。
でも、今回はあえて形に残さしてもらったよ。
エゴ、身勝手な解釈・・・。
知床の海は凄かったよ。正に、ピンクサーモンの絨毯。
今回剥製になってしまったこの個体の無念は、恐らく他の個体が晴らしてくれるよ。

思い出に残るくらいのファイト、巨魚だったら躊躇わずにリリースできただろう。

刺身も好きだし、飼育も好きだし、釣りも好きだ。
目を閉じて見える想い出と、ココに辿り着くまでの想い出

形に残してみた。

でも、心に川は流れてる。


スポンサーサイト
fly fishing | 2006/01/26(木) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック