プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
山中湖
そう、先日からETCの割引に疑問を感じていた。

2006-01-29.jpg


対象時間に絡んでいても割引が効いてない!今回は、悔しいので、その情報を事前にコピーして持参して、再度確認して、時間を計算して出発!場合によっては、コピーを持って事務所に文句を言ってやろうと思ったのだが・・・ただ、ここで問題。

目的地の山中湖には、河口湖インターで下りるのがベストなんだが、河口湖インターから、凍結した道を走って目的地までは20~30分を要する。ドーム船の出船が6:30であり、ETC割引を適応させるには6:00時以降に河口湖インターを出なければならない・・・。

間に合わない・・・。

んで、どうにかならないか考えた、河口湖から先に富士五湖有料道路というものがあり、それを使えば20~30分のことろを15分程度で目的地に着く。しかし、たかが10分間の走行で料金500円。何か悔しい・・・。

それにしても、出口のインターを6:00ジャストに近い状態で出るのは難しい行為である。普段から通勤等で距離感等が解っていてもそれなりに難しいのに・・・。

でも、頑張ってみよう。

チョイと早めの5:00に談合坂に着く。飯を食って時間を調整して5:25くらいに談合坂を出た。約70~80kmという低速で走った。チョイと走ってみて、少し出たのが速すぎた事に気が付く、速度を50kmに落とす。

ヤバイ・・。これでも早く着きすぎてします。40km 30km

速度をどんどん落とすが、後続車にしてみれば、極めて迷惑な車両である。しかも、2台。 とうとう、出口5kmを前にして、どうやっても調整が効かなくなった・・・。

仕方ないので、側道に停止。。。

時速60kmで1km/1分、その計算で5:56に、側道から発進!

ドキドキしながらインターが近づいてくる。

1分でも早く着いてしまったら、今までの努力が・・・。

インターの明かりが見えたと同時に、ナビの時計は6:01を表示していた。

さて、料金はいくらで表示されるか?

ドキドキしなら6:01にレーンを通過。

『料金は1470円です♪』

ETC端末からアナウンスが響いた。割引になってる。凄く嬉しかったのと、何とも言えぬ達成感に浸れた。さて、ここからはすっ飛ばして、目的地まで向かった。 無事、目的地にも時間には間に合い、楽しいワカサギ釣りとなったのだが、しかし、コレもナメていた・・・。

簡単に釣れると思っていたが、やはりどんな釣りにも、奥の奥はあり、カワハギに次いで、オヤジ衆にコテンパンにやられた・・・。バタバタ釣れたのは開始から約1時間、その後は、ただ放っておいては何のアタリも無い。しっかり誘って、しっかり掛けて、1匹づつ、しっかりと釣っていかないと、釣果は伸ばせない・・・。更に、暖かくて快適な船内。予想していた睡魔との格闘は想像を超えていた・・・。

最高釣果376匹に対して、オイラの釣果は130匹。惨敗だ。

でも、その方は竿を2本使用。でも、気分的に惨敗は惨敗。。。

しかし、山中湖でのワカサギ釣りが今回で少し解った。次回はそれなりの対策を講じて何とか釣果は伸ばせそうである。楽しみは、近いうちに仲間同士でニギリがあるのだが、皆、『ワカサギなんて、エサ着けて落としておけば釣れるんだろ?』程度の認識である。当然オイラもそうだった。



『あまーい!』



当日、彼らが、『マジかよぉ~~』を連発するのが、今から楽しみだ^^



さて、帰りはやはり、通勤割引を適用させるために、少々の渋滞を覚悟の上で、山中湖を後にした。そんで、往復の交通費を1,500円近く節約できたのだが、帰りにいつもの健康ランドに寄ったのだが、生ビール、入館料のサービス券を持ってた事に後から気が付いた。約、1400円分である。まぁ、ちょくちょく来るところだから次回に使えばイイな。。。と、思ったら、期限が明日まで・・・。

相殺したら、結局100円しか得してない。

何だか悔しい感じで複雑な心境だったが、帰宅してから早々にワカザギをから揚げにして、ビールを飲んだ。 あまりの美味さに全ての苦労は報われた気がした。
スポンサーサイト
ワカサギ | 2006/01/29(日) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック