プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
久しぶりの長井でF.Fシイラ・ゲーム
サンスイのスタッフの勧めで、初めてFFでのシイラに行ってきた。

メンバーは、オイラの仲間4人と、サンスイスタッフ1名の合計5人船は青木丸 価格はサンスイの特別料金という事もあって、46,000円(チャム付き)これは、驚きの安値であった。 長井方面は昨年カツオも不調だった為、オイラが赴いたのは2年ぶり程かな? 取り敢えず、横須賀PAで3時半頃に皆と待ち合わせ、4時には漆山港に到着5時前に出船パヤオに向かう。

気温は高く、太陽が顔を出す前から、とてつもない蒸し暑さでたまらなかった。パヤオに到着すると、先行船が既に、ロッドをしならせたいた。 数名はFFでやっていた。 我々もすぐさまチャムを開始すると、70~100cm程のシイラが沸いてきて。 ここで、オイラが100cm程度の物を2本、友人が一本、更に友人がルアーで125cm(今回最大)をGet! 一旦場所を変え、タクミパヤオへ向かう。 途中に目立った浮き物もなく、タクミに着くが、ココには昨日からの超大型シイラが付いていたが、チャムには良い反応は見せるものの、ルアー・フライは完全に見切っている。しばらく続けるが、良い雰囲気ではなく、潮目、浮き物狙いに変更。

しかし、潮目、浮き物共に、全くと言って良いほど無い・・・。

また、パヤオに戻り、チャムを開始すると、直ぐにシイラは沸いてくる、しかし、活性は早朝と変わらないまでも、明らかに賢くなっている様子で、更に、喰わせるのが難しくなっる。ここで、オイラが一匹追加。再び、潮目を延々と走るが良い場所は無く、またパヤオに戻り、チャム・・・ すると、またシイラは、どどーっと沸いてくるが、今度は全く、フライには反応してくれない・・・。 個体を見極め、絶妙なタイミングでアプローチし、一瞬のリアクションでバイトを取らないとダメ。 結構、難しかったが、ミヨシで3バイト、2回はフッキングに至らず、一回は、完全に咥えて走った方向にロッドを向けて、完全にテンションが掛かったところで、完璧なアワセ。 その瞬間、50lbのショックが、ぶち切れた。キャストの際、ラインがエクステンションバットに巻いていた・・・・。

その後、数回のチャンスはあったものの、早朝とは、難易度の高さは明らかに異なり、そのまま、チャムを使い切って、帰港となった。 港に着いたのは、16時頃。 清算を済ませ、渋滞の懸念から早々に出発し、万葉に付いたのは17:30頃だった。

シイラのFFは初体験で、楽しい物だったが、状況次第では、飽きるほどのゲーム展開もある、しかし、今回の様に、喰わせるのが困難な場合、それなりのゲーム性もあって、考えなければならない事も多々あり、今後、しばらくは楽しめそうだ。キャスト性能を重視して考えていたが、この釣りに関しては、キャストの重要性を然程、重要視しなくても、良いようである。



では、何が一番大切か?・・・・タイミングか??? まぁ、フライを始め、システムと様々に、自分的には開拓の余地はたくさんあり、今後も楽しめそうだ^^ チャム使用、不使用でそのゲームの趣旨は大きく変わってくるが、FFの場合、チャムが無いと、かったるい・・かな?

 やはり、シイラは、そのキャスティング~ランティングまでのプロセスを楽しむと言う観点から考えると、ルアーゲームの方が、満足度が高いかなぁ?と感じた。 しかし、『あえて』F.Fでやるのは、それなりに面白い部分もある。 ルアーゲームに比較して、極端にバラシが少ないのも、やってみれば、なるほど・・。 と言う感じもあった。

だた、一般的には、#10クラスでやらないと楽しくない!という意見も耳にするが、オイラ的には、   んー かったるい。。。

2005-08-04.jpg

フライマンには、なりきれないオイラです。。涙

タックル

rod sage 1390-4 Xi2
reel tibor gulfstream
line billfish teper#15
sock 50lb
fly focksaiz gama#1/0 #2/0

(今回用意したものでも良いは良いがフックサイズはまだ大きくても良さそう、色はピンク径が良かったが、ブルー系への反応は悪かった。その殆どが、食性からのバイトでは無く、リアクションである事の裏付けか?フライにはやや、ボリュームがあった方が、アピールは高いが、その分、浮きやすくなり、ハイスピードのアクションに対応できない。ここの部分は、結構な課題である。)

ロッドについては、かなり、オーバーパワーという感もあったが、面倒なので、先月のセイルのまま、ショックのみを変えて使用した。ラインに付いても同様。 しかし、アベレージがメーター近い場合、手返しの部分で、このクラスのタックルでもいいかなぁ?という感じもあった。今回最大では125cmであったが、FFで考えると、それ相応に時間も掛かるし、そういった意味では、このタックルも有りかな?という所である。 他に、#10クラスをもう一本用意できればベストである。

更に、最終的にはカツオの”ハタキ”の様な展開になる事も必須で、その場合、#15のビルフィッシュテーパーは、使い易い。しかし、腕力と、スタミナと要相談という感じ。

スポンサーサイト

Offshore fishing | 2005/08/04(木) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック