プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
06'02バリの遠征準備。
さて、遠征の準備なんだが、取り敢えず今日はリールの手入れを行った。

20060210053949.jpg

STELLA20000PGに、夢屋のディープスプール装着。それ以外には何も、弄ってない。下の95’STELLAに比べると、進化したものだ・・。約10年の差だな。今回はロケーションと対象のGTのサイズから検討してラインはPE#8を選択。このスプールで300mは余裕で入った。単にココが、という訳でなくトータルバランス上、現時点で世界最強のスピニング・リールだな。

20060210053948.jpg

これは、その原点とも言える95'STELLAだが、発売当初は上の物よりも価格は上回っていたな。それよりも過去の物に比較すれば当時の時点では最高の物だったが、これもGTフィッシングにおいては、使う度に、欠点が出てきてその度に、チューニングを施してきたな。まずは、ラインキャパの問題。それを解消するために、もう一つリールが買えるほどの価格のカスタムスプールが必要になった。次にハンドル、ノーマルのT字型の物は、とにかく手が痛かった。そこで、握り易い球形の物に変更。しかし、今度はそのハンドルの重さ故、キャスト時に回ってしまい、ベールが返ってしまう。という訳で、自動ベールターン機能の除去。更には、改善不能な様々なビスの緩みは諦めるしかなかったな。しかし、それによって更に、強度のあるラインを使う事が可能になったんだけど、やはり、10kg以上のドラッグテンションには、中のギヤが保たなかった・・・。98年には更に新型が出たのだが、頑なに、95’を使い続けてきたけど、その(ファイト中、内部のクロクギアが粉砕した)時だね限界を感じたのは。パーツ取り用まで含めて4台の同じリールを持ってたけど、20000PGの出現で、万が一の時しか出番は無くなったけど、愛着のあるリールだ。今回も予備としてもって行くが出番の無い事を祈る。


スポンサーサイト
海外遠征 | 2006/02/09(木) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック