プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
METAL RED 374
IMG_6997.jpg
水槽設置後約5年、初めての濾過槽の掃除

どうやらpHは安定したようだな。

当初はアジアアロワナなんて全く興味も無く、まさか自分が飼育を始めるなんて思ってもみなかった・・・。

引越しを機にこの水槽を設置した。部屋に水槽を設ける事が夢で21の時に一人暮らしを始めて数年後、45㎝の水槽を設置した。タンクには初心者お約束のレイアウト、流木と水草。そして魚にも興味はあったものの、どうしても飼育したかったのはザリガニだった。アメリカザリガニしか知らず、通称マッカチン、そして色の茶色っぽいのは日本ザリガニ(実は違うのだが(笑))そんな2種類しか知らなかったが、そのマッカチンはクワガタで言うノコギリクワガタのようにガキの頃は憧れの的で、温かくなればよっちゃんイカを持ってドロだらけになって・・・・家に帰れば母親によく叱られたものだった。

そんな憧れだったマッカチンも玄関で洗面器で飼育する程度しかできなかった少年期に、しっかりとレイアウトされたフルアクアで飼育するのが夢だったのよね・・・。そんなつもりで設置した45㎝の水槽に最初に導入したのはアメザリではなく、『コモンデール・ロブスター』というザリガニ。 いわゆるレッド・クロウという豪原産のチェラックス系のザリガニなんだが、アメザリしか知らなかった当時のオイラにはペットショップで見たコイツに衝撃されたよ。価格は5㎝程で6500円だった。迷わず買ったが全く知識もなかったし、せっかくのレイアウト水槽は一日で水草等、ボロボロにされた。

ここから、途中条件により飼育が不可能だった時期もあったが、現在に至るまでザリガニの飼育は続いているのだが、2度目の衝撃は真っ青なザリガニ出合った時だった。その名は『エレクトリックブルー・ロブスター』これは、ブルーマロンという、やはり豪原産のチェラックス系の大型種で実際には40㎝程になるのだが、当時見た物は20㎝(TL15㎝)程だったが、その鮮やかなブルーだけでも衝撃だったのに、アメザリなんて比にならないその迫力はオイラを釘付けにした。

しかし、その価格にも驚いた。たしか40,000円くらいっだったが、当時の稼ぎではとてもじゃないが購入に至れる飼育に対しての知識も勇気も無かった・・・。今でこそチェラックス系の性別判定法なんてPCで検索すれば数分で解決できる事だが、当時は情報も無く販売してる者でさえ誤った情報に惑わされてる時代だっただけに、なおさらだったよな。 しかし、あの頃だよ、何時かこのザリガニをデッカイ水槽で飼うぞ!と思ったのは・・・。

そして、数年前に150㎝X60㎝X60㎝のこの水槽を購入した。その時のショップでの店員とのやりとりは今でも覚えているが・・・
オイラ『OFって始めてなんですが、管理は楽なんですか?』
店員『ハイ、通常の濾過機を使用したものより、濾過能力が高くなるので、そうですね』
その後も仕組みや、価格や様々な事を尋ねるオイラにその店員さんは丁寧に教えてくれた。そして、
店員『かなり大型の水槽になりますが、何の飼育でしょうか?』
店員『アロワナですか?』

オイラ『ザリガニです』


店員『・・・・。』


店員『ザ、ザリガニ・・・。』

オイラ『ハイ^^』

めんどくさいので細かな話はしなかったが、絶対に、かなりアホな奴に思われていた事は感じていた・・・。
お会計の後に、店員が一言

『幸せなザリガニさんですね』

オイラは、『ハハハ^^』と、最後までアホっぽくふるまったよ(笑)

しかし、当時ザリに対して少々突っ込んだところまでの知識があれば、これもそんなに極めて特殊な事でもなく、この冷水系のチェラックスは繁殖はおろか、長期飼育も困難な種だった。それだけに万全を期してのオイラの覚悟だった訳だが、よく考えてみろ!ウン十万円もする150のOFタンクで、どこのバカがアメザリを飼うんだ!

この頃にはマロンも数千円まで安くなってたが、やはり情報が少なかっただけに飼育は難しく、何匹★らせた事か・・・。しかし、その繰り返しの中で、そろそろ長期飼育もできるだけの知識と経験が身に付いたかな?という時期でもあり、ここで踏み切ったんだよな・・・。

しかし、あの店員はオイラの事、ホント、『目出たい野郎』とでも思ってたんだろうなぁ。

更に、十数万円のクーラーまで買ってったんだからな(笑)


ザリガニ飼育のために・・・。


しかし、そんな思いで飼育を始めたブルー・マロンだったが知識の無い頃はあれだけ苦労したにも関わらず、全てが解ってくると飽きてしまうのも早かった・・・。そんで、その頃に夢中になったのは、自分好みのヤビーを作るという、繁殖の方向だった。

無用の長物と化したこのタンクだが、昨年の2月の法改正でひとつの楽しみを国から奪われた後、こうして今はアロワナが泳いでいる。
スポンサーサイト
AQUARIUM | 2007/01/25(木) 23:59 | Trackback:(2) | Comments:(7)

僕ちんも120cm水槽にクーラー使用で「マロン」飼ってました。(食用ブラウンの Pr)
頑張っても7ヶ月で☆だったです・・・。

国の試験場では繁殖に成功したのですかね?
(出来る訳が無い!と思ってます。)
それでも規制ですか?(泣)
2007/01/26 金 12:59:23 | URL | K.Norichi #CsEyi/DQ編集

ハハハ・・・。

ザリマニアにとっては、必ず1匹は★らせた経験を持ってるでしょうね(笑)

聞いた話ですが、繁殖は成功して養殖の可能な域まで行ったそうですが、食用サイズに育てるまでのランニングコストを提供価格に反映させると、最高級天然伊勢えびよりも、遥かに高価な商品になってしまい、味は美味いものの伊勢えびに敵うはずも無く、早い話が商品にはならないと言う事ですね。

更に、豪からの天然物を輸入した方が格安と言う訳です。

そんなの試す事も無く、オイラに相談してくれれば直ぐにでも回答出るのにね(笑)

そんな奴らが寄って集って出来た法律が特定外来種指定法という噂です(環境笑)
2007/01/26 金 14:06:10 | URL | coolman! #p5s1lvQw編集

おぉっと!忘れてました!
pHが安定したのですね?

あの電話から3週間・・・。

電話を聞いていたアロワナも首を長くして待ってたかもよ~(笑笑笑)。

*「試験場が成し得なかった事を庶民にされては困る法律」って事ね?(笑)
2007/01/26 金 20:09:01 | URL | K.Norichi #CsEyi/DQ編集

ハハハ^^

そだ、昨日、環境省からザリの件で電話がありましたよ・・・。

再度、皮肉とイヤミをたっぷり話さしてもらいました(笑)
2007/01/27 土 20:30:06 | URL | Coolman! #-編集

ヌハハハ・・・
ザリに関したおもろい記事読ませていただきました。(笑)

そうなんですよねぇ、「ザリガニ」この言葉の地位の低さには参りました(当時)

そんな低位置なステータスを上げようとがんばった過去が懐かしいです。

Coolmanさん、同士でしたものねぇ!ウヒャハハ。
2007/01/28 日 22:23:40 | URL | Visman #szTeXD76編集
本題ともいえるメタルレッドには触れずじまい(笑)

もしかするとうちにもアロワナくるかもでーーーーす!
2007/01/28 日 22:25:15 | URL | Visman #szTeXD76編集

Vismanさん、どもども^^

色々ありましたけど、ホント楽しかったですよねぇ。。あの頃は・・・。

>もしかするとうちにもアロワナくるかもでーーーーす!

おっと、ついにアロですか(笑)

アロもなかなかイイですよ♪


ザリガニほどでは無いですがね(笑)


2007/01/29 月 04:46:46 | URL | Coolman! #p5s1lvQw編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
アロワナ アロワナは、大型の古代魚。ブラジル、オーストラリア及び東南アジアに生育する。*シルバー・アロワナ''(学名:Osteoglossum bicirrhosum)'':体長1mくらいに成長する。アマゾン川などに生育する。現地では、食用にも供される。かつて日本でアロワナといえば本種
2007/07/30 Mon 14:46:07 | ペットあれこれ
アロワナアロワナとは、アロワナ目アロワナ科アロワナ亜科 Osteoglossinae に属する大型の古代魚の総称。南アメリカ、オーストラリアおよび東南アジアの淡水に生息する。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Art
2007/10/04 Thu 16:22:08 | ペットでボン!フィッシュ編