プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
さて、虫類川へ
予定通り、4時過ぎに家を出て、中野の友人をピックアップして羽田に6時頃到着。駐車場はOKパーキングの羽田空港引渡しを利用した(2泊3日で約6,000円)(P-1駐車)

往路は7:55発JAL1181便 

手続きを済ませて、予定通り離陸して、女満別空港には9:30頃到着。その後オリックスレンタカー(2泊3日15,500円)で10:00過ぎには女満別空港を出発した。途中マックのDSで食事を採り、約2時間チョイで標津に到着。虫類川で昼過ぎから、実釣開始となった。 第一管理棟のおじさんに近況を聞くと、あまり状況は良くない物の、20以上釣った者もいるという事で、期待を胸に川に下りた。

初めて見た虫類の印象は、台風の爪あとも随所に見られたが、幼い頃に行った、羽村の川に似ていた。しかし、群生する木々や、植物は普段見慣れぬものであり、北の大地に自分が居ることを実感するには十分であった。 魚へのプレッシャーを考慮して、やや距離を置き川原を上流部に向かい歩き始める。 わりと早い本流筋の脇の、ややたるんだ所に♂のチャムをみつけた。 川幅分ほど上流に立ち、90度でクロスキャスト。ゆっくりとスインクし、扇状にフライがチャムに近づくが上手い具合にフライが流れなかった。

立ち位置を、もう少々上流に変え、再度キャスト。今度は、いい感じで、スイングして行く。 すると、チャムの目の前に、フライが到達する前に、チャムの方から、やや浮上しながら前進してバイトしてきた。『おっ、ラッキー!』と、ガッチり合わせて、数分ファイト。 アワセも、ファイトにも、これと言った問題は無かったはずだが、バレてしまった・・・。 その後、やや上流の水深のある本流筋の脇に数匹のチャムを見つけた。ここは友人の過去に思いいれのあるポイントであり、友人に譲る。 その脇に他のチャムを見つけ、ルアーをキャストしたところ、一発でバイト、しかし、この魚が、一気に下ってしまし、止めようものにも、そのロッドの非力さ故、どうにもならず、バットが、ミシッ・・と、嫌な音をたて、魚はバレた。

けして、魚が凄かった訳ではなく、明らかにタックルセレクトのミスだった。 出発寸前に知床での釣りの際、風対策でルアーも用意した方が良いと言われ、通販でスペッグ表示だけで選択して購入したブランクで2日で仕上げたロッドだったが、やはり、ブランクが届いた時に、んー・・・。と、思ったがそのとおりだった。(まぁ、ピンクには丁度良かった) その後、友人はここで、ルアーでチャムをゲット。

更に、上流に向かい魚は確認しなかったが、いい感じの流れだったので、45度くらいでアップクロスでキャストした。 ラインはスイングし始めたばかり、まだナチュラルドリフト中のフライに、本流から♀のチャムが飛び出し、バイトしてきた。慌ててスラッグを取り、アワセを入れたが、運良く間に合った。60cm程度の小さい♀のチャムだったが、初の虫類側でのサーモンをゲットした瞬間だった。

2005-09-13.jpg

ウエットを流れに乗りながらバイトするヤマメの様な、如何にも渓魚らしい動きに驚いたのと、その大きい個体のその様子は、言葉にならない感動を味わえた。 この一尾でなんか、満足してしまった感じではあったが、更に上流部に向かった。 枝別れした細い流れには、結構な数のピンク、チャムが居たが、イージーに引っ掛ける事は出来ても、口を使わせるのは至難の技。ゲームの対象では無い個体はそこそこの数が居た。 この先は、本流にも数は少ないが、個体は確認できたが、自分の力量では困難と判断し、明日のポイントには加えなかった。

半日をやってみて、第一管理棟から川に下りて、下流は見てこなかったが、橋の上から川を見た感じでは、やはり、最下流部は、普通に釣れそうな感じだった。しかし、ポイントに入れるか?が問題であり、運良く、空いてれば明日はやろう。と、友人と相談し、本日良かった、2箇所をメインに明日のゲームを組み立てた。 今日の結果はチャムの♀一匹だけだったが、明日に期待を持てる良いスタートとなった。

写真は生涯初めての、虫類川でのチャム。上、下流共に、見える範囲でアングラの姿も無く、ウェーデングして、向こう側の本筋の脇でゲット。気持ち良かった^^。 昼頃、実釣開始の頃は太陽も顔を出していたが、この頃には小雨も振り出し、どんよりしていた。14:02

スポンサーサイト

fly fishing | 2005/09/13(火) 00:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック