プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
CF-ミノー
コピー ~ P1150013

gamakatsu B10S #2/0を使用したA氏に頂いたフライを自分で巻いていたモデル
使い勝手も良く、実績も高い、A氏はナイトゲーム用、デイゲーム用に少々変化を加え専用モデルを使用していたが、私はこのモデルを両方に使用してるいるが共に好実績である。欠点は全く無いに等しいのだが、非常に簡単に巻けるパターンではあるが、ややマテリアルを多めに使用してしまうのと、昨今では入手困難な部分もあり、もっと簡易的に巻けないものか? 更に、先日常連さんのゲスト様とフライについて語った時に、トーナメントの勝者コメント等を参考にしてみると、よりナローな方がバイト誘発率が高いのではないか?という意見もあり、そんな理由で少々考えてみた。


L1010655.jpg

gamakatsu S10S-4H #1/0を使用、本来は数回に分けてシャンクの上にCFを乗せていくのだが、ある程度の量を一発乗せただけ、更にシャンクのベリー側にはマイラーチューブを当てるのだが、これも省略してベリー側の見栄えの悪さはギルを長めして隠した。 CFの量を減らした分、マテリアルの節約とナローなシェイプが得られた。 フックは強靭なモデルなので過去の実績から見ても80㎝クラスに対応できるだろう。


L1010654.jpg

こちらは全く同じフックとマテリアル(CFは上のものと色違い)で更に簡易化してみたモデル
ヘッドにドールアイとUVシーラーでコーティングしたものに対し、こちらは最後にレッドのスレッドで仕上げ通常のヘッドセメントで固めた。アイの有無は賛否両論だが、釣果、使うときの楽しさ・・・あえてそのあたりに触れず、タイイングだけの事で言えば、格段に量産するには楽になった。


L1010661.jpg

こちらはTMC 811S #2でフックのサイズダウンとファインワイヤーでフッキングの向上を図ってみたモデル、ここぞ一発のランカー狙いでは使用できないが、最近のスーパーボイルでのアベレージサイズ、40㎝~50㎝の数釣りには非常に使い勝手が良いのでは?ということでバリエーションを増やしてみた。 また、通常のナイトゲームでゾンカーを使用する場面では同じ効果が期待できるであろう。

気になるところはナローシェイプが果たしてそれまでのモデルに対し、何処まで異なる結果を出すかが非常に楽しみである。

とにかく、このところ日中のボイルが凄く、フライを試したりするには好都合、近いうちに試してみよう♪


只今、ボイルのデイゲーム絶好調です!
スポンサーサイト

fly fishing | 2009/06/04(木) 10:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック