プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
KING OF SAEBASS FLY
L1050411.jpg

GAMAKATSU SP11-3L3H #1

フックが通常よりもかなり大きめで太軸ゆえに、ナイトゲームでの定番サイズでは弾かれる事も多く正直ノリが悪い。しかし、50㎝を越えたくらいのサイズになるとバイト後の反転時に個体自体の重さの相乗効果でしっかりと乗ってくるものである。

フッキング~キャッチの中でフッキングの事だけを考えればワイヤー自体は細ければ細いほど良いが、ゲイプ幅は魚のサイズによって適切なサイズは変わってくる。 ナイトゲームで初心者が最初の一本をサイズに関わらずキャッチしたいという場合は、TMC811 #1~#2を使用すれば40㎝クラスの自重でもカウンターでいい感じにフッキングしてくれる。しかし、50㎝~60㎝クラスがヒットした場合はそれなりの"いなしファイト"をしなければ、掛かりどころ次第では簡単にバレてしまう・・・。しかし、それこそがゲーム性であり、楽しいむところでもあるのだが、最初から60㎝クラスを対象に考えた場合、ゲーム性よりも確実性を重視するとフライもやや乱暴な形になってしまうのが今回の、このゾンカーなのかもしれない(笑)

今夜、ルアーの世界では少々世間に知られた友人が関西より仕事?遊び?(まぁ、それはさておき)でやってくる。当然、横浜の海をご案内する訳だが、せっかくだからフライも振ってもらおうと思い、彼の為に数パターンのフライを巻いてみた。G.Tフィッシングの合間にセールもF.Fで簡単に獲ってしまうほどの彼だが、60㎝クラスのシーバスを、ヒット後にバスフィッシングのように、強引に引き寄せるダイナミックなゲームを楽しんで頂こうと考えながら巻いたら、こんなフライが出来上がった(笑) けして彼が強引なファイターという訳ではなく、そんな感じが似合う彼、今晩が楽しみだ^^♪
スポンサーサイト

fly fishing | 2010/04/23(金) 11:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック