プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
ROD MAKING ガイドのフット加工&ラッピング
L1050620.jpg
加工前の状態、この状態だとブランクとフットの段差が大きく巻いた際にスレッドに隙間ができてしまう。強度的には問題ないが非常に見栄えが悪いのでできるだけ段差がなくなるように削る。錆びる材質にメッキ加工のフットの場合、ラッピングされた内部でここだけ錆びてる状態を良く見ることがあるが、チタン製フットなら恐らくそんな心配はないだろう。

L1050623.jpg
削って段差を無くした状態

L1050625.jpg
過去にGTロッド等をかなり作ったのだが、リールシートやワインディングチェック、その他パーツがけっこう在庫としてあったが、GTロッドとフライロッドではあまりにも違いすぎて殆どのパーツは流用できないが、コレだけは問題なく使える(嬉)

L1050626.jpg
数ある中から今回は#50を選択

L1050627.jpg
シルバーに相性の良いコバルトブルーなのだが、今回のブランクはやや青み掛かったメタリック色であり、できるだけシンプルにナイロンの透明でいこうかとも思ったのだが、在庫がすくなく今回はこれにした。この時点ではかなり光沢があり青味が強いが、これにエポキシが染み込むと光沢が落ちて色の濃さが増し、落ち着いた深い海のような色になる。数年ぶりのロッドメイキングだが、老眼の進行には驚いたよ・・・(涙)

スレッドを巻き目から出し、スレッドの隙間にデザインナイフ入れて余分なスレッドの端をカットするのだが、この時にナイフの刃が隙間から0.数ミリでもずれてスレッドに当たってしまうと、そこから切れてしまいパラパラパラ~っと解けてしまい、また最初からやり直し(涙)老眼鏡を掛けても上手くスレッドの隙間に刃が入れられない!見えないよ、6割くらいカンに頼ってやってみて2回失敗・・・。これを10個 ダブルフットが3個あるので、合計13箇所やらなきゃならん・・・ なんか嫌になってきた(泣)
スポンサーサイト

ロッドメイキング | 2010/05/12(水) 10:33 | Trackback:(0) | Comments:(2)

こんにちは~。
コレ、こないだ王子が受け取ってたブランクっすね。
私もスレッドカラーを悩んだ挙句、地味~な薄い青色にしました。
Kガイドはエギング用ロッドで使いましたがPEとの相性はグーでした。
ただ、やはり強風化では完全とはいかないようです。

フライラインが絡むことはないと思いますが、
超軽いので、お考えの通り良く作用するのでは?

完成したらぜひ見せてください~!
2010/05/12 水 18:55:21 | URL | saltwaterなんとか #EBUSheBA編集

swffさんこんにちは。

ブランクの件ですが、そのとおりでございます^^ と言う事は、swffさんもこのブランクでロッド製作中ということですね?以前、王子のロッドをちょっと振らせてもらった時に、キャスティングのフィーリングが実に気持ち良く、60㎝くらいまでを楽しく釣るには最適だな~と思い、一緒に頼んでもらいました。 スパルタンではなく、F.F自体を気持ち良く楽しめるロッドと言う印象ですね。

完成したら皆さんので振り比べましょう^^ 同じブランクでも一味も二味も違うでしょうね^^
2010/05/13 木 09:06:29 | URL | Cooiman! #p5s1lvQw編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック