プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
2011/05/18~19 阿寒湖
コピー (2) ~ P1080402

今回は天候に恵まれた(雨男M氏が一緒じゃなかったのが最大の原因か?(笑))風は強かったもののオオマガリ~ヤイタイ~オンネナイとあちら側は風の影響も少なくゲームが成立いしないタイミングもあったが、終始ほぼ良いムードであった。個人的感想だが例年よりアメマスのサイズがスリムで小さかった。基本的な回遊ポイントでは定期的に回ってくるものの、1地合で1~3匹のヒット程度でバタバタと釣れる地合は少なかったが1回は良い感じの地合があった。その回遊の合間にもインターミディーでジックリと探りながらのゲームをしっかりやっていればポツポツとヒットはあるものの、けして簡単な釣りではなかった。初日午後からのゲームで5箇所のポイントを渡船と徒歩で回り、16本キャッチ 5箇所中3箇所はノーバイトだった。


コピー ~ P1080374

K-BULLTE SD#10
WET CEL Ttpe1+EX SHOOTING-F45m
PORI LEDRT
GRAND MAX #1(4X)

AXSCO AFB-075 #8 #10


コピー ~ P1080406

友人のタックルもほぼ同じだがロッドが#8でラインはスーパーインターミディー フライは小さめで#12が基本


コピー ~ P1080372

2日目は5:00時より渡船でヤイタイサキに入り、昨日と同様のタックル仕様で3本キャッチ、仲間の釣果を含めると早朝の地合で13~14本(ニジマス、サクラマス含む)であった。その後オンネナイまで歩きここでは友人が2本追加したが私はノーキャッチだった。朝食を摂りに8:00時前ホテルに戻りその後風も強くなってきたので一旦昼寝・・・ 10:00時にチェックアウトを済ませてから風裏の大島裏へ車で赴いた(風の影響でこの時点ではこのポイントしかゲームが出来ない状況だった)1時間半ほど2人で攻めるが全くのノーバイト、風も落ち着いてきた事からヤイタイ方面へ渡船で向かう、このところ2ハンドばかりだったのでここからはシングルに拘ってみた。

WINSTON BORONⅡMX #7
WET CEL tYPEⅡ+EX SHOOTING-F45m
TIMCO 3X 9' TIMCO 4X

AXSCO AFB-075 #8 #10


インターミディーの友人はコンスタントに釣ってるもののTipeⅡの私はなかなか釣れない・・・ 彼のトレースしているレンジをTypeⅡのシンクレートに置き換えてしっかりと時計で時間を測りながらカウントダウンし丁寧に釣っていくと待望のヒット、ココからは数匹を追加できた。しかし、思いの外スローに攻めないとアタるが乗ってこない事が多い・・・しかし有効レンジをTypeⅡでスローに攻めると手前のブレイクで必ず根掛ってしまいます(イライラ・・・)しかし、シングル用のタックルではTypeⅡしか用意がなかったのでこれで通して6本キャッチ、一方友人は15~16本キャッチだった。

時折すれ違うアングラーさんと情報交換をしたが、基本的に釣り辛い状況のようで2~3本キャッチというのが平均的な感じだったようだ。風や湖流で速やかにポイントを変えたり雲などの影響による光量の変化でレンジを変えて攻めるなど、ないかしらの工夫をしていかないと数を伸ばせるゲーム展開ではなかった。しかし、フライパターンに関しては然程偏食は無く、夫々が巻く自らの実績パターンで釣果に大差はなかったようである。


コピー (2) ~ P1080399

今回のキモは、数を釣るなら1箇所より足で稼げ!ということだったが、これも博打性が高く判断を誤れば悲惨なことなる・・・ 確実に釣果をと考えた場合、実績ポイントで回遊を待つというスタイルが鉄板のようだが、今回は1時間に1回の地合で二人でやっててどちらかが1本、場合によっては数回のアタリのみで地合が終わってしまう事も多かった。キャストしてはガンガン引っ張ってガッツーン!と喰ってくる状況であればそんな地合でも数を伸ばす事はできるのだが、今回に至ってなは極めてスローな釣りかたでなければバイトも得られない状況だったので難しかった。反省としては、シングルタックルでもインターミディーを用意しておくべきだった(涙)

しかし、十分満足の行く結果!友人たちに感謝^^

あと、毎年お世話になっていたホテル・エメラルドだが震災の影響で外国人観光客の激減により7月より休館となるそうです。ボイラー室でのウェーダーの保管や、様々な部分でアングラーに快適だったホテルの休館は寂しいばかりでございますが、今後は隣接している系列の『ニュー阿寒湖ホテル』がアングラーを暖かく受け入れてくれるそうです。気になる『ウェーダーとかは?』の質問に『大丈夫!保管場所は作りますよ!』の支配の言葉にホッとした(笑)

スポンサーサイト

fly fishing | 2011/05/20(金) 11:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック