プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
カバーゲーム 2011/08/02 ③
コピー ~ P1080491

GUN2 ZERO 76HH Weed Slider

今回1本目 抜き上げて丘に上げたらフロッグがポロリ・・・
獲るには獲れたがフッキングはまだまだ不十分だったか?


コピー ~ P1080493

GUN2 ZERO 76HH Weed Slider

30分後くらいに2本キャッチ、今回は完全にフッキングしていた。
今回の為に用意した高価なフック、信頼できそうです。


コピー ~ P1080505

GUN2 ZERO 76HH Weed Slider

3本目もガッチリとフッキングに成功!


コピー ~ P1080507

BLACKLABEL-PF 772XHFB ISUZU 720SSS BRANKA PE#8 KOMA.NZ

4本目は今回初使用のロッドに入魂の1本、リールもISUZU720SSSのためかなり軽量でキャストもアクションも楽チン、7'7"だがグリップが短いため振った感じは8'クラスな感じで良く飛ぶ、まだ使い慣れてないせいもあるが、GUNN2に比較してかなり軽いのでフッキングもなんか調子狂っちゃう感じでなかなか上手く使えなかった。使ってたフロッグのフックが小さかった事も理由の一つかもしれないが、乗せミス、バラシ連発、更に80㎝クラスをヒットさせファイトまでは問題なかったが、最後におとなしくなったところで抜き上げた際に落ちてしまった。これはかなり悔しかった。


コピー ~ P1080513

コピー ~ P1080514

GUN2 ZERO 76HH Weed Slider

5本目もガッチリフッキングで余裕のキャッチ。


コピー ~ P1080523

6本目はフロッグ丸呑み今回最大サイズの82.0㎝±2㎝ 記念すべき80㎝UPキャッチ

コピー ~ P1080526

フッキングの位置もペンチがやっと届くほどの奥だったが、外そうとしてる最中にも飲み込もうと喉が動く度にフロッグがどんどん奥に入っていく・・・ このままでは取り返しの付かないことになってしまうと少々慌てたが、一旦落ち着いてラインを引っ張ってそれ以上飲み込まないようにした。さてどうやって外すか?喉の奥を覗きながら軽くラインを引っ張ると、コイツまたグイグイと飲み込もうとする・・・ すると、少し飲み込んでフロッグがやや後ろに後退した瞬間にフックが外れ微妙なテンションで引っ張るとスポっと取れた(ラッキー!超嬉しかった)大急ぎでリリースするともの凄い勢いで泳いでいった。リリース成功してホントに良かった(嬉)ペンチも通常よりはやや大きい物を用意していたが、もっとロングな物が必要と実感!


コピー ~ P1080531

GUN2 ZERO 82XH Ultimate Shooter

7本目は82XHでキャッチ、60㎝クラスだったが抜いた時に何の不安も無く超安心!しかし、このロッドは使っていてホント疲れる(涙)


コピー ~ P1080534

GUN2 ZERO 82XH Ultimate Shooter

友人が近くでヒットさせ直後にバラした。その一部始終をみながら手はリーリングしていたのだが、バフッとも言わずなんか重たくなったと思ったらコイツがヒットした。ただ巻きで勝手に乗ってきちゃった感じ・・・ フッキング位置も唇の薄いところに絶妙に刺さってたが、こんな事もあるんだな・・・と頭を傾げながら8本目キャッチ。


コピー ~ P1080537

BLACKLABEL-PF 772XHFB ISUZU 720SSS BRANKA PE#8 KOMA.NZ

最後は50㎝クラスをKOMA.NZで気持ち良く乗せて9本キャッチで今回のゲーム終了!

この後も何とか10本キャッチ達成したくて頑張ったけど出るには出たが乗せられず時間となりストップフィッシングとなりました。

今回悔しいのは、フッキングして完全に乗せた後にファイト、足元まで遊動してからそこで一旦落ち着き、ここでこうやって抜こうとイメージをしてから実践、そして抜き上げに入ってから外れて落ちると言うパターンが3~4本あった。乗せミス(フッキングの失敗)もかなりあり、しくじった直後に『あぁ~、なんでこうやってしまったんだよ~』溜めないでそのままアワセちゃった・・・なんてミスも多々あった。朝夕は良かったが14:00時~16:00時頃の暑さのピーク時には36℃とハンパじゃない暑さだったが、そんな中でもバイトしてくる個体も居たので、暑さによるタフコンの限界は一体どのくらいなんだろう? 

まだまだ解らない事だらけだが、少しづつ見えてきたものもあり、前回全くダメだったポイントでも今回獲れた事も嬉しかった。雷魚を釣るということだけではなく、雷魚を通してのカバーゲームの楽しみ方というものが少し解ってきたようだ。
スポンサーサイト

Cover Game | 2011/08/06(土) 09:15 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック