プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
Ratty Twister DROP
コピー ~ IMG_9691

前回はこのDROP(SF)をメインに使用していたが、数回のバイトと数本のキャッチで部分的に切れてしまったり穴が開いてしまったりと、グロッサシーラーで直してはみたがまた直ぐにダメになってしまいそう・・・。 そんな折に友人がとあるショップに行った際に『今日入荷したらしいよ』とショップから電話をくれた。 そんな訳でついでに買ってきてもらった。


コピー ~ IMG_9689

前の物はブレード使用なので今回はダンゴにしてみたが、16.5gくらいにしようと思ってたのだが仕上げたら15.6gになってしまったが、まぁイイか


コピー ~ IMG_9688

もう一個は新色のパールホワイト(PWH) こちらは一見黄ばんで見えるが太陽に透かすとキレイな薄いブルーに見える ブレード付きで16.7g


しかし、フロッグのカラーって難しい・・・ 何を決め手にその時使用するカラーを選択すれば良いのか? 釣れた後にふと考えるが、もし、今このカラーじゃなかったらコイツは喰ってこなかったのかなぁ? ローライトだからギラギラ系にしてみようとか? 水色が良く透明度が高いから地味なカラーにしてみようとか? かなり濁ってるから見えやすいようにピンクにしてみよう、いや白にしてみようか? しかし、ここでピンクと白の差は雷魚にとってどんな違いがあるのだろう? 自分の中では一番ピンクでキャッチしてる数が多いのだが、これは単にピンクをキャストしてる機会が多いからに過ぎないだろう。 しかし、色の選択で釣果が大きく左右するトラウトのフライフィッシング等と比較して、そんなところにメリハリが無いからこそ、その時の気分やモチベーションを維持する意味でカラーを変えたりできる楽しみもこのゲームにはある。 そんな訳でこのゲームおいてはそんな部分を深く追求せず、カラーと釣果の関係は謎にしておいた方が良いのかなぁ?(笑)
スポンサーサイト

Cover Game | 2012/05/30(水) 06:00 | Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
前回はこのDROP(SF)をメインに使用していたが、数回のバイトと数本のキャッチで部分的に切れてしまったり穴が開いてしまったりと、グロッサシーラーで直してはみたがまた直ぐにダメになってしまいそう・・・。 そんな折に友人がとあるショップに行った際に『今日入荷し...
2012/05/30 Wed 10:48:08 | まとめwoネタ速neo