プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
記憶の確かなうちに・・・
KOMA.NZ ハツカネズミ-B 14.8g

L1070333.jpg

Muscle Bait HOOK SUS! TRIANGLE POINT! #M
HILDEBRANDT #2
外側にひねって幅を広げ、やや内側にネムらせフックの形状を変えてフィッティング


L1070335.jpg

1.スナッグレス性を保てるギリギリまでフックの幅を広げ、ややネムらせた
2.シャンクの長さとボディーの大きさ上、マッチする金属性のアイが見つからずケプラーにした


L1070331.jpg

シンカーの位置等に気をつけて、皮が引っ張られて形状が変わらぬようにした。

さて、如何なものかな?


BOMBER jr version3 25.5g & version3-B 26.5g

L1070338.jpg

Muscle Bait HOOK SUS! TRIANGLE POINT! #L

どこをどのようにねじったり曲げたりしたかは既に解らん(泣) 加工中に3本を折ってしまったし、更に手が滑ってザックリ刺して血だらけになったりと、大変だったけど、ある意味自分の思うところ納得のできる形になったのでは?


L1070337.jpg

1.限界まで広げて可能な限り並行を保った形状
2.フックセット時に上下に皮が引っ張られる分、フックホールの前方を逆Vにカットしてセーブ


L1070340.jpg

フックを横に開いた分セット時のフックポイントの高さは低くなってるが、基本的なゲイプ幅は変わってないので問題ないと思われるが・・・ どうしても改善できなかったのがスナッグレス性の向上、これはやや内側にフックを曲げれば解消できるのたが、その場合上から見た時に2本のフックは平行は保てずハの字になってしまう・・・ しかし、浮き芝を何のストレスも無くスルスルとすり抜けれる状態を100%で考えたなら、75%程度のスナッグレス性は維持してるので、スナッグレス性よりフッキング性を重視した場合はこれで正解なのかな?

バフォ!っと出てフロッグが口の中に入ったのなら、80%は獲りたいねぇ
スポンサーサイト

Cover Game | 2012/09/11(火) 15:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック