プロフィール

 coolman

Author: coolman

SW FW 共にルアーフライを中心に楽しんでます。

ブログランキング



ご面倒ですが、両方クリックして頂けると幸いです。宜しくお願いします^^

にほんブログ村 釣りブログへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
タイイング

IMG_9754.jpg

定番フライ

IMG_9757.jpg

トラディショナル的にはマテリアルや若干のシェイプの違いはあるが、
基本的にはクレイジー・チャーリーというパターン

IMG_9761.jpg

エビのイミテーション? 何らかの甲殻類? 小魚?


IMG_9760.jpg

正直、個人的にはどれにも見えない?

彼等は何だと思ってコレを食うのか?


IMG_9759.jpg

でも、良く食ってくれるパターン、
奴らは『クレイジー・チャーリー』が好きな事は間違いなさそうだ(笑)


IMG_9758.jpg

状況に応じてウエイトを変えて使う事により、様々なシーンに対応、重い⇒深い だけではなく、 重い⇒早い 
軽い⇒遅い 地合でのパターンを模索して、嵌るとパタパタっと3連荘 ムッ^^ とニヤケる

対象魚によってフックの選択が重要であり、この場合は通常にフライフックとして販売されている物ではなく、バスフィッシングのワームフックとして販売されている物を使用、理想的な形状にワイヤーの太さ、鋭く加工されたトライアングル・ポイント、フックポイントとアイの向きが素晴らしい

年間で数百匹の釣果を目の当たりにして、行き着いた感じがやはりこんなオーソドックスな物であることにフライフィッシングの凄さを感じる・・・ フック、オモリ、マテリアル、スレッド、タイイング・ツール 昔から変わらぬパターンだが、確実に進化している
スポンサーサイト

fly fishing | 2013/03/02(土) 12:33 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック